ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


早熟のアイオワ
少女は大人になる








早熟のアイオワ(2008)
THE POKER HOUSE


メディア:映画
上映時間:93分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(アット エンタテインメント)
初公開年月:2014/02/22
ジャンル:ドラマ
映倫:R15+

「ハートブルー」「プリティ・リーグ」などで知られる女優ロリ・ペティが自らメガフォンをとり、自身の過酷な少女時代を映画化した2008年製作のドラマ。
後に大ブレイクした若手女優ジェニファー・ローレンスとクロエ・グレース・モレッツがそれぞれ14歳のヒロインとその妹役で共演している。
日本では2014年2月に劇場公開が実現。1976年、アイオワ州の田舎町に暮らす14歳の少女アグネスは、三姉妹の長女。
母親はドラッグ中毒の売春婦で、家には賭博や売春目的の男たちが出入りしていた。
アグネスは幼い妹たちを守るために自らが盾となり、危険な日常を必死にサバイブしていくが…。(allcinemaより)




早熟のアイオワ
うち的評価55点


ジェニファー・ローレンス一本!

ドラッグ中毒で売春婦の母親をもつ3姉妹
家には買いに来る男どもが出入りするというひどい環境
自らを盾にして妹をそんな環境から守るために生活する長女アグネス(ジェニファー・ローレンス)

そんなアグネスの1日に起きた出来事を映画にしている



早熟のアイオワ
このアグネスが健気なんだよね
勉強してオールAの成績
頭の回転も良くてバイト先のみんなにも慕われてる素敵な女の子
なのに現実は過酷で
母親に売春するように言われちゃう
「タダ飯は食わせない」とか言われてさ
この母親がなかなかのクズで見ていて不愉快
こんな環境で大人になるまで我慢なんかするより
施設なり逃げ込んだほうがマシなんじゃないのかと思うくらい酷い


ひどい環境なのはわかった
ジェニファー・ローレンスの熱演もある
だけどストーリーに中身は無い
母親の無駄に長い話、何言ってるのか意味がわからないw
あのシーン必要だったのか?



早熟のアイオワ
子供は真っ白だから染まっちゃうのよね
染まっていきそうになる少女アグネスが見ていて危なっかしくて痛々しい
すぐに染まらないのはきっと妹たちの存在があるからなんじゃないか
それくらい妹たちの無邪気さは可愛いし
あの無邪気さを残しているのは、長女アグネスが妹達を守ってきた証なんだろうなって思ったり

母親を殴り、売春した金を奪いっている黒人男
そいつとのキスに夢中な処女アグネス
自分には優しいこの黒人男に、どこか許していた
信用していた・・・?
だけど勿論それは裏切られ、レイプされる
妹達を守っている長女として、自分はもう立派にやっていけてる大人だと思っていたんだろうか
男を理解していなかった
まだ14歳、子供だった
「見た目で信用してはいけない」と自ら言ってたのに

妹達の行末もきっと同じ
誰かこのこたちを救ってあげて
いつこの姉妹もレイプされてしまってもおかしくない

黒人男を殺そうとしたら、母親は黒人男を守ろうとした
「そいつからレイプされた!」と泣いて訴えても母親はスルー
「この人がいないと生きていけないの」とまで言っちゃう馬鹿母
しまいには包丁取り出して「出て行け」とまで言われちゃう




早熟のアイオワ
成績はオールA
みんなからは慕われていて
バスケットボールはエース
才能豊かなこの少女の本当の姿を知ってる人はいないのか
手を差し伸べてくれる大人がいないのが辛いなあ
序盤に「町の人は知らん顔だ」って言ってたのは
そういう事なんだろう

救いはないんだろうか
女優ロリ・ペティの自叙伝ってことなんで、女優になったって意味では救われたってことでいいのかな
ラスト3姉妹で「Ain't no mountain high enough」を歌うシーンが良かった
高すぎる山なんてない、低すぎる谷なんてない、広すぎる川なんてない
うーむ、天使にラブソングを2でも歌われてたあの名曲がこの映画でも聴けるなんてね



なんというか
ジェニファー・ローレンスの演技には観る価値はありますが
映画的にはあまり…かな
ただ、たまに報道される若者たちの事件だったり
大人が子供を使って売春させてた事件だったりが頭をよぎった
悲しいかな、日本でも珍しくない話です



それにしてもアメリカの新聞配達のやり方って
映画とかドラマでもいつも同じだから、あれが普通なんだろうけど雑すぎでしょ!
玄関先に置きにいくと撃たれるのか?w
あとバスケ試合に遅れたアグネス、試合中のコート横切ってベンチに座ったんだけど・・・?w
うちが気にし過ぎなのか
アメリカがアバウトすぎるのかw



ジェニファー・ローレンスとクロエ・モレッツが注目を浴びる前の作品なんだそうで、二人共初々しいです
ジェニファーは14歳役で、実際は17歳だったらしく
まあ、正直14歳には全く見えない
けどとても自然で、これから大物になる感じはすでに出てる
クロエちゃんもカワイイ!!!
キックアス前で更にちっちゃなクロエちゃんです


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画





55点と低評価なのに、見たくなる不思議なレビュー
【2014/12/30 13:18】 URL | k[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。