ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リアル・スティールリアル・スティール
「リアル・スティール」――。
それは、親子の絆が生み出す、“本当の強さ”。












リアル・スティール(2011)
REAL STEEL


メディア:映画
上映時間:128分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ディズニー)
初公開年月:2011/12/09
ジャンル:ドラマ/アクション/ファミリー
映倫:G

人間に代わってロボット同士が死闘を繰り広げるロボット格闘技の世界を舞台に、全てを失ったひとりの男が最愛の息子との絆を取り戻していく姿を描く感動エンタテインメント・ストーリー。
主演は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のヒュー・ジャックマン、共演にダコタ・ゴヨ、エヴァンジェリン・リリー。
監督は「ナイト ミュージアム」のショーン・レヴィ。

人間に代わって高性能のロボットたちが死闘を繰り広げるロボット格闘技の時代が到来。
ボクシングに全てを捧げてきた男チャーリー・ケントンは、ついに戦う場所を奪われ、プライドも生きる目的も失ってしまう。
そんな人生のどん底であえぐ彼の前にある日、11歳の息子マックスが現われる。
別れた妻が急死し、赤ん坊の時以来会っていなかったマックスの面倒を見るハメになってしまったのだ。
困惑するチャーリーにマックスも心を閉ざしたまま。
そんなある日、マックスがゴミ置き場でスクラップ同然の旧式ロボット“ATOM”を発見する。
小さくてオンボロのATOMだったが、彼には特別な能力が備わっていた。
やがてチャーリーとマックスは、ATOMを鍛えてロボット格闘技に挑むのだが…。(allcinemaより)




リアル・スティールリアル・スティール
うち的評価70点

ロッキー風ロボットボクシング!



リアル・スティール
人間がするボクシングが衰退し、ロボットボクシングが大盛況になった時代
そもそも、アメリカに限らず欧米の場合、そんな設定ものには必ず軍事介入していて
ある意味リアリティを追及しているものですが
この世界ではロボットボクシングのみに娯楽を見出してるという、ありえない設定でまず驚いた
最低限パトレイバー的なものくらいはありそうなもの
なのに警備員や強盗は人間オンリーで、ロボットはあくまでボクシング・・・
ロボットに限らず、何か秀でたものの存在をあくまで娯楽として活用する発想は日本的なんじゃないか
ポケモンにしろ、働く車(トランスフォーマー)にしろ
そんなスゲー存在
普通軍事利用しますよね、遺伝子操作とかしちゃうよね
でも日本はしないよねw
そして随所ちりばめられた日本的なもの、そしてATOMという名前
ああ、この作品は日本のロボットアニメを確実にリスペクトしている



リアル・スティール
作品的にはべたなんだけど
さすが定評のある監督陣
「ナイト ミュージアム」のショーン・レヴィ監督
「トランスフォーマー」のドン・マーフィ監督と、そして誰もが知ってるスピルバーグまで製作陣に参加
これで面白くないわけがなくね!?
たとえストーリー展開がべただろうが魅せてくるにきまっちょる!




リアル・スティール
時代に取り残された者が頂点に挑む
それはかつて人間版時代にボクサーやってた父と、旧式のボロロボットを重ねて
時代の寵児に挑戦するわけ!
ボッコボコにされながらも耐えて耐えてブオオオオオ!!
人間じゃなくてロボットだから血生臭くないので痛々しくもなく
そしてロボットだから迫力も満点
日本人大好き努力と下剋上
感動しないわけがないw

日本人好みの展開と日本を漂わせる小物と設定
はたしてこれは本場ハリウッドではどうだったんだろう?w







リアル・スティール
ヒュー・ジャックマンの筋肉すごいよね、早死にするんじゃないかと心配
息子役のダコタ・ゴヨ可愛すぎぺろぺろ

リアル・スティール
LOSTのヒロイン役で一躍有名人になったエヴァンジェリー・リリー




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。