ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


陽気なギャングが地球を回す
ウソ発見器+体内時計+スリ+演説=犯罪ドリームチーム








陽気なギャングが地球を回す(2006)

メディア:映画
上映時間:92分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(松竹)
初公開年月:2006/05/13
ジャンル:コメディ/犯罪/ロマンス

ヒット作を連発している人気若手ミステリー作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラーを映画化したクライム・コメディ。
銀行強盗を確実に成功させてきた4人組の強盗チームの前に謎の敵が出現、強奪した金をめぐって壮絶な頭脳戦が繰り広げられるさまをテンポよく綴る。監督は「パコダテ人」の前田哲。

銀行での爆弾騒動の現場に偶然居合わせた4人の男女。なぜか他人の嘘を確実に見破ってしまう男・成瀬、どこまでも正確な時を刻む体内時計を持つ女・雪子、生まれついてのスリの天才・久遠、ヘ理屈を駆使する演説の達人・響野。
風変わりな才能を持った彼らは、成り行きから爆弾事件を阻止したことで、図らずも4人が組めば自分たちの特異な才能が活かせることに気づく。
かくして4人は銀行強盗チームを結成、抜群のコンビネーションで次々と成功を収めていくのだったが…。(allcinemaより)




陽気なギャングが地球を回す
うち的評価55点



こんなにキャスト豪華だったのかw

陽気なギャングが地球を回す
メインから脇役まで超豪華
いい味出してる
特に!!
鈴木京香がエロい
あーやっぱいい女だなーって思いながら観てしまう
佐藤浩市の喋りも良いよね
演説という能力は、銀行強盗では一番ゴミみたいな能力なのに輝いてるんだものw




陽気なギャングが地球を回す
ルパンというより安っぽい「オーシャンズシリーズ」って感じも逆になんか好き
ネタバレ演出は「木更津キャッツアイ」だなあ(どっちが先かは調べるのだるい)
CG満開な映像もいい味
奇抜なファッションもなんか好きw
スタイリッシュにしようとしてるのはわかるけどやっぱり日本的に落ち着いてしまう感!
そういうの含めてこの安っぽさがこの映画の売り何だと思うのよね
「くっだらねぇぇぇぇw」って思いながら観る楽しさよ!

原作ファンには非常に評判が悪いこの作品
そもそも、他の映画も大概評判良くないんだけどw
映画だけを観てる身としては「そんなに悪くもないんじゃない?」と優しい気持ち

ただ、これが伊坂作品第一弾だからなのか、キャラ・小道具の回収がぬるいのだけれど
ここからすごい勢いで映画化されまくる伊坂作品と思うと思うものがあるよ
個人的には、そうだな
重力ピエロよりは好きだな
アヒルと鴨>フィッシュストーリーゴールデンスランバー>陽気>重力ピエロ
さて次の伊坂映画は何にしようか


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。