ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
国家を揺るがす、許されざる愛――。









ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮(2012)
EN KONGELIG AFFAERE
A ROYAL AFFAIR


メディア:映画
上映時間:137分
製作国:デンマーク
公開情報:劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月:2013/04/27
ジャンル:ドラマ/ロマンス/歴史劇
映倫:PG12

デンマークでは王室史上最大のスキャンダルとして誰もが知る18世紀後半の実話を、「007/カジノ・ロワイヤル」「偽りなき者」の名優マッツ・ミケルセン主演で映画化した歴史エンタテインメント。
精神を病んだ国王の侍医となった野心家のドイツ人医師が、自らの立場を活かして啓蒙主義を理想とする改革を断行していくさまと、孤独な王妃との間に芽生えた禁断の愛の行方をミステリアスにして重厚な筆致で描き出す。
共演はスウェーデン出身の新星アリシア・ヴィキャンデルとデンマーク期待の若手ミケル・ボー・フォルスゴー。
監督は「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」の脚本で知られるデンマークの俊英、ニコライ・アーセル。

18世紀後半。
英国王ジョージ3世の妹カロリーネは15歳でデンマーク王クリスチャン7世と結婚する。
しかし精神を病んでいた王との結婚はすぐに絶望へと変わり、世継ぎが誕生して以降は王宮で完全に孤立してしまう。
そんな中、外遊先のドイツで症状を悪化させた王は、医師のストルーエンセを侍医として採用、自国へ連れ帰る。
ストルーエンセは王と友情を築き、徐々に信頼を獲得していく。
その一方でストルーエンセが信奉する啓蒙思想は孤独な王妃カロリーネの心を捉え、2人は急速に接近していく。
やがてカロリーネの進言を受けたストルーエンセは王を巧みに操り、事実上の摂政として次々と改革を実行していくのだったが…。(allcinemaより)




ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
うち的評価55点



王室ドロドロ系好き?
うちはスキスキチャイコフスキードフトエフスキー!

さてデンマーク王室のお話です
デンマークってどこやねん、北欧ぽいよね!から入り地図を確かめる
デンマークの人も「日本ってアジアにある小さな島国だろ、ンー?」と思っているでしょうからかまへんかまへん!




ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
デンマークでは有名な王室スキャンダルだそうです
ドイツ人医師がデンマーク王室コントロールして実権を握っちゃう話
とはいっても、このドイツ人医師は「我が王国!」といった感じに乗っ取っちゃうわけじゃありません
当時のフランスなどで流行りの啓蒙思想の持主で、民衆のために改革を進めていました
予防接種をしたり、検閲を解放したり…
民衆のための政治を行ってはいたのですが、貴族を筆頭とする保守派からすれば「フザケルナ!」


ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
最終的にドイツ人医師は保守派の謀略に堕ち、処刑されます
その時の処刑台のシーンが印象的なんだよね
民衆から罵詈雑言
民衆のためにしていたのに何故?
ドイツ人医師が叫びます
「俺も民衆の1人なんだ!」
たとえ、どんなに素晴らしい制度であっても急すぎる改革はその分反発も大きいってことなんだろうか
改革に賛成する貴族だっているわけで、でもしがらみ等で動くに動けない
どっちにもいい顔して、ゆっくりと少しずつでも貴族を味方につけていったならまた違った未来があったのかもしれない
むやみに敵を作って改革を急いだ結果がこれなのだろうな、と




ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
貴族を筆頭とした保守派だけじゃない
民衆に理解させる努力も必要なのだとこの映画は語っていた
たとえ民衆がつらい状況に追いやられていたとしても
学がないので、今の状況が改善される要望も希望もない
今の状態が彼らにとって普通だから
馬鹿は搾取されるしかない
ゆっくり時間をかけて民衆に理解してもらわなければならなかった
いい例えとして魔女裁判が例に出されますね
宗教による理不尽な裁判で、無実の女性たち(男性もいました)が多く処刑された暗黒時代
そんな時代が長く続いたのは、それが当たり前
彼らにとっては真実だったから
知識が乏しいので「おかしいだろ!」と反論できなかった




ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
デンマーク王妃との不倫劇も織り交ぜたストーリー展開でしたが
あまり不倫劇ドロドロといった感じではありませんでした
イギリスから嫁に来た王妃
幼く無垢な少女の旦那・国王は精神が病んだ男で
初夜はいきなり手コキさせるというド変態
そら志のあるドイツ人医師に揺れるわなw





ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
国王も国王で
馬鹿を演じてた方が楽だから
妻に拒絶されて強がって売春婦遊びに精を出す

そしてますます国王王妃の間に溝ができる
唯一、二人をつなぎ止めているのは
息子の存在と、改革
皮肉にも、国王・王妃夫婦が信頼を寄せるのが
不倫相手のドイツ人医師だった





ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
そんな夫婦ともども手中におさめたドイツ人医師、相当な野心家やでえ
でも恋は魔物とは良く言ったもので
野心家といえど所詮人間
魔物に勝てるわけもなく
不倫劇が保守派に利用され国中スキャンダル報道
王妃への恋愛感情が狂わせたのか、スキャンダル報道をやめさせるため、検閲を復活させた
あとは転落していくのみ
転落して窮地に陥る姿ですら何かフェロモン出てて色っぽいんですが何者だよチクショウ!
演じるマッツ・ミルケセンが妙にエロいんですよ、オッサンのくせに!
偽りなき者」で覚えました



そんなデンマークで有名な歴史スキャンダル
親の意思を引き継いで、子供が改革に成功するという後書き
なかなか面白かったです


ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
そのほか、王妃役
母親役は「愛さえあれば」の主演女優トリーヌ・ディルホム





テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。