ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エクスマキナエクスマキナ
戦う遺伝子が、愛を選ぶ――。











エクスマキナ(2007)
EX MACHINA
APPLESEED SAGA: EX MACHINA


メディア:映画 Anime
上映時間:105分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(東映)
初公開年月:2007/10/20
ジャンル:アクション/SF

斬新な世界観と緻密な設定で描かれた士郎正宗作による人気コミック『アップルシード』を基に、荒牧伸志監督が2004年の「アップルシード」に続き再び長編アニメ化したSFアクション。
プロデューサーを務めたジョン・ウーをはじめ、各分野の世界的クリエイターがぜいたくに集結、原作の世界観を壮大なスケールで映像化していく。

西暦2138年、人類は非核大戦によって半数が死滅、争いと混沌が世界を覆っていた。
停戦と共に誕生した中立都市(オリュンポス)には、人間とサイボーグ、そして人間の遺伝子でつくられ、怒りや憎しみを制御された種族“バイオロイド”が共存していた。
オリュンポスの特殊部隊ES.W.A.T.に所属するデュナンとブリアレオスは、戦闘時のパートナーであると共に恋人同士でもあった。
過去の戦いで負傷したブリアレオスの肉体がサイボーグとなった今も、デュナンの愛が変わることはなかった。
しかしある日、作戦行動中にブリアレオスは瀕死の重傷を負い、回復の兆しが見えないまま昏睡状態が続いてしまう。
そんな中、デュナンの新しいパートナーとして配属されたのは、ブリアレオスの遺伝子でつくられ、サイボーグ化する前の彼の顔と肉体を持つバイオロイド、テレウスだった。
一方その頃、各地でサイボーグが暴走するテロ事件が多発、最高レベルの警戒が続くオリュンポスだったが…。(allcinemaより)





エクスマキナエクスマキナ
うち的評価60点





前作APPLESEEDより表情が豊かだし仕草や動きが随分と人間らしくなってて期待以上の出来だった!
前作から3年後に今作品が公開されたことになりますが、色々と随分パワーアップしていて成長が見えてとても嬉しくなった
OPいきなり「ジョン・ウー」の名前がどーんと出てきて「ジョン・ウーなんや~!」と驚いた瞬間白鳩飛ばしてて笑った
よく見たら監督じゃなくてプロデュースなのね
しかも原作者より先に名前出してるわで、なんか変な気分




エクスマキナ
開幕早々、2人のアツアツっぷりを見せられて御馳走様と思いきや
スピード感のある超かっちょいいアクションと2人の息の合った戦闘が始まって掴みはオッケー、ワイがっしり掴まれた!
攻殻機動隊的であったり、リベリオン的(ガンカタ!)であったり
ああ、好き好きそういうの好きー!




ところがそれは最初だけ
映像はかなり良いのだけれど、映像に重点が置かれすぎたのかストーリーが陳腐な感じ
サイボーグ×人間の恋愛の行方と、優秀すぎたバイオロイドが暴走してサイバーテロしちゃう話なんだけど
恋愛模様はサブストーリーなんでおいおいても
サイバーテロの方は色々とツッコミ所満載
なんで政府気付かなかったよとw




エクスマキナ
サイボーグ姿になったかつての恋人を変わらず愛する主人公の前に
恋人の遺伝子を引き継いで同じ姿形をしたバイオロイドが登場
サイボーグ×人間×バイオロイドの3角関係、ヤヤコシイすなあ!
ヒロインは揺れちゃうのかい!?と思いきや
ヒロインブレませんでした
どんな姿になろうとも彼は彼、バイオロイドはバイオロイド
サイボーグでも気にしないヒロインですので、バイオロイドだから恋愛対象にならないというわけではなく
「自分は死んでもすぐ作れる」というバイオロイドの言葉に「貴方は貴方ひとり」と言っちゃえる
こんなヒロイン、惚れてまうやろ~~!



エクスマキナ
でも、結構2人のラブラブっぷりの演出が多くて「誰狙いなの?」と思ったり
開幕のお揃いアナログ時計は可愛いよ!
病院でのやりとりもまあ許す
ヒトミのバースデー&ブリ復帰パーティーで着飾ったデュナンにうっとりシーンでありきたりなヤッスイ少女漫画見せられた感がしてそろそろ鳥肌気味(ブリのタキシード姿は妙に可愛いかった)
トドメは
後半の戦闘中にブリが意識を奪われ錯乱して正気に戻そうとしたデュナンの行為
パワードスーツの扉開けて自分の顔みせて「正気に戻って!」
卒倒するわ!白目むくわ!!




メインストーリーは勿論、バイオロイドのサイバーテロ
感情を抑制して、秀でた部分を増幅させて誕生するバイオロイド
ブリのような戦闘能力に秀でたDNAを引き継いだ者の登場なんかは1つの伏線
科学の面も同じで、優秀なバイオロイドが難病なんかを治療しちゃうものだから、まるで神様のように崇められて変な思想を持ち始める
そしてそんなカリスマが突然の事故死(殺人?)
優秀な脳が死んだ>そうだ1つにしちゃえばそんなことも無くなる
簡単に言うと「同化」
残ったバイオロイドがそんな思いつきで暴走


脳波と同調する通信端末(今で言うと超上位スマホ)を使って、人間・バイオロイド・サイボーグ全種の意識を乗っ取って世界中が大混乱
通信端末を利用してない者は乗っ取られないわけだが
乗っ取られた人々がゾンビみたいなのは何故?w
あと義経君なにげMVP取れるくらい超活躍してるのに目立たない件
ワイが慰めてあげたい(真剣)



ガンカタアクションで魅せてくれたのに後半は前作と同じでパワードスーツ着用のロボ戦闘
戦闘能力が秀でてるのはわかるけど、肉体戦だけでなくロボ戦も秀でてるとか万能杉よアナタ達
ロボもカッコいいけど、どっちかにしてw



エクスマキナ
ラスボスはFFに出てくるようなデザインでもうゲームにしか思えなかった
触手仕様なのがHENTAIニッポン
俺様の脳内エロ展開に見えかかってやばかったぜ…
とにかく肉体戦で掴みはオッケーだったのにどんどん残念な展開になっていくのが悲しい

「どこかにまだ人の心が残ってるはず!」
「心は自分だけのもの」
「人として死ねる・・・ありがとう・・・」
おいちゃんこの安っぽい展開に泣けちゃったよおw




エクスマキナ
サイボーグなのに服着ちゃうブリのケツが妙にエロいと思う俺変態か

そうそうFFっぽいこともう1つ
美男美女ばっかりで面白味が無い
FFも美男美女ばかりが登場するから消化不良起してやらなくなった
この作品もどいつもこいつも美男美女
上層部仕切ってるお偉いさんが女ばかりでスタイル抜群の美女づくしというのも鼻水が出る
脇役のマッチョなオッサンだけですよ、特徴キャラ仕様なのは
男女問わず、ゴツいキャラや不細工オカマやら、目が細いとかデブキャラ、当然ヨボヨボなお年寄りでも構わない
そういった特徴のあるキャラデザインをお願いしたい
容姿端麗キャラは多くて2キャラまでにすべき


そういえば衣装が随分スタイリッシュになってた
前作はFFでよく見るような酷いファッションセンスを披露していましたが
今回はなんか御洒落で素敵な感じ
なんとデザインはプラダですってよ!!
お金かけてますね
音楽も著名な人たちがズラリ





まあ、なんにせよ
2人は相も変わらずラブラブでハッピーエンドだったし
(この2人のセックスはどうしてんだと不思議に思うワイはエロ外道で構わない)
前作よりレベルアップした素晴らしいCGとアクションで、満足いく仕上がりであることは間違いない




3作目がやっと今年披露されたとかで、今度は7年ぶりになります
公開されたショートを見た所、FFとは全く違う、むしろFPSゲーのよう!
容姿はアメリカ的でより人間に近くリアリティがありました
7年の月日でどんな成長を魅せてくれるのか、これから楽しみであります

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。