ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダラス・バイヤーズクラブダラス・バイヤーズクラブ
「くたばれ!」と社会は言った。
「くたばるか!」と男はたった一人で戦いを挑んだ。









ダラス・バイヤーズクラブ(2013)
DALLAS BUYERS CLUB


メディア:映画
上映時間:117分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ファインフィルムズ)
初公開年月:2014/02/22
ジャンル:ドラマ
映倫:R15+

「キラー・スナイパー」「マジック・マイク」のマシュー・マコノヒーが、実在した不屈のエイズ患者を体当たりで熱演し絶賛されたヒューマン・ドラマ。
エイズに対する偏見が強かった80年代のアメリカを舞台に、エイズ治療に無策な政府や製薬会社に公然と反旗を翻し、国内未承認でも有効な治療薬の販売ルート確立に尽力したカウボーイ、ロン・ウッドルーフの戦いの軌跡を描く。
共演はジェニファー・ガーナー、ジャレッド・レトー。
監督は「ヴィクトリア女王 世紀の愛」のジャン=マルク・ヴァレ。

1985年、テキサス州ダラス。
酒と女に明け暮れ、放蕩三昧の日々を送るマッチョなロディオ・カウボーイ、ロン・ウッドルーフ。
ある日、体調を崩した彼は、突然医者からHIVの陽性で余命30日と宣告される。
ほかの多くの人同様、エイズは同性愛者がかかる病気と信じていたロンにとって、それはあまりにも受け入れがたい事実だった。
それでも生きるため、エイズについて猛勉強するロン。
やがて、アメリカでは認可された治療薬が少ないことを知り、有効な未承認薬を求めてメキシコへと向かう。
そして、トランスジェンダーのエイズ患者レイヨンの協力を得て、大量の代替治療薬を国内のエイズ患者にさばくための仕組み“ダラス・バイヤーズクラブ”を立ち上げるロンだったが…。(allcinemaより)




ダラス・バイヤーズクラブダラス・バイヤーズクラブ
うち的評価70点

序盤にある男たちの会話
「ロック・ハドソンって誰だ」
「“北北西に進路を取れ”を観てないのか?」
AIDSであることを公表した俳優ロック・ハドソンはゲイだった
この当時AIDSへの理解が乏しく、AIDSはゲイがかかる病気であると思われていた傾向が強かったようで
カウボーイやロデオで有名なテキサスでは男は男らしいことが大前提みたいで、皆ゲイを軽蔑・馬鹿にしているようだった
もちろん、主人公であるロン(マシュー・マコノヒー)も同じだった



ダラス・バイヤーズクラブ
そんなロンが女と生乱交した際にAIDSをうつされ、余命1ヶ月を宣告
簡単に死んでたまるかと図書館で猛勉強し、認可されていないAIDSの薬も試したいと生きることに必死
だけれども、認可されていない薬の売買はアメリカでは違法という法規制がロンに立ちはだかる
1人では何もできない、味方が必要
同じAIDS患者なら協力してくれる
だけどAIDS患者の多くは自分が大嫌いなゲイ
そこで出会ったAIDS患者のゲイ、レイヨン(ジャレッド・レト)と次第に絆を深めるようになる



ダラス・バイヤーズクラブ
そもそも、ロンは自分勝手な男
賭け金をふんだくるゴミっぷりが序盤から演出されている
AIDSになったのも女と乱交したからだし、てか乱交後すぐにAIDSになるわけじゃないんだから、ロンも誰かにうつしてる可能性は高い
AIDSを宣告されて、AIDS薬が少ないこと・AIDS患者が大勢いることから「非認可薬は儲かる!」とひらめく
もちろん、自分もAIDS患者だから自分のための薬も確保できるという1粒で2度美味しい
ロンは即座に月500ドルの会員制クラブ“ダラス・バイヤーズクラブ”をたちあげ、その会員は薬を試し放題という特典でAIDS患者が殺到した
月500ドルというと今でいうと1ドル100円計算で5万円だけど、1985年当時は1ドル約250円なので月12万5000円の会員費ということになる
当然、お金がないと相談に来るAIDS患者はいたけれど、ロンは慈善事業じゃないと門前払い


ダラス・バイヤーズクラブ
病院でロンの担当者だった女性医師に好意を持ちつつもAIDS患者の彼は彼女に手がだせない
そんな欲求を、同じAIDS患者の会員女性とSEXしたり
壁に飾ってある女のエロ写真でオナニーしたりで発散させるロン
ゲイのレイヨンがそのエロ写真の中に色男の写真も混ぜていて、オナニー中のロンがそれ見て萎えるシーンには糞笑った



ダラス・バイヤーズクラブ
お金がっぽがっぽの起業家になったロンは、世界各国に飛んでAIDSに効果があると言われる非認可の薬を買い求めるのだけれど
それが面白くないのは、薬を独占している製薬会社・それと連携している病院
医者は法律違反を密告し、クラブは窮地に追いやられていく
それでもAIDS患者は薬を求め、ロンは必死に抵抗するのだけれど
やはり法で定められている以上、存続は難しい
だけれども、薬を自由に試せないということはAIDS患者にとって生きる希望を失うということにも繋がる



ダラス・バイヤーズクラブダラス・バイヤーズクラブ
初めは自分の私利私欲のためだけに行動していたロンだったけれど
自由に治療薬が試せない、という理不尽さと
今もなお薬を求めるAIDS患者たち
そして相棒のレイヨンがついに死んでしまったこと
利権がはびこるこの仕組に立ち上がるべく
彼はついに法廷で製薬会社と争うことになる

余命1ヶ月を宣告されたロンは7年生きた
様々な薬を試した事が良かったのか
クラブを存続させることに一所懸命だったからなのか
アメリカの社会問題がいくつか見えてくる映画でした

ラスト、彼がロデオに挑戦する姿で映画は終わった
あんな細い体で暴れ牛に乗るロン
たった8秒乗れたら勝ち
必死に落ちてたまるかと耐えるロンの姿に、彼の人生が重なった





さてこの映画
90年代初めにダラスモーニングニュースの記事に取り上げられていたロン・ウッドルーフ氏の実話がベースになっているそうです
実際はどういった人なのかは映画だけで判断しちゃダメよーん



ダラス・バイヤーズクラブ
ロン演じたのはマシュー・マコノヒー
今、出る映画がどれもこれもヒットしているノリにのりまくった男
昔はふざけた役が多かったのにすごいもんだ
そしてついにこの作品で主演男優賞に輝いた
ロンを演じるために20kg以上も体重を落としたという役者魂
筋肉質でナイスボディだったマコノヒーが、ガリガリになってるんだもの驚いたわ


ダラス・バイヤーズクラブダラス・バイヤーズクラブ
レイヨン演じたジャレッド・レト
彼も約18kgの減量をして挑んでいる
(彼も役ごとに体重の増減を激しく行う役者の1人で体が心配です)
そして今回、なんか可愛いおかまちゃんを演じて助演男優賞を受賞しています
いつか彼は受賞するだろうなあと思っていたので嬉しい

主演・助演両方受賞したのは納得です
だけど、アメリカン・ハッスルもそうだけど
実話を映画化にした作品がノミネート・受賞する傾向が高い気がして難癖つけたくなる


最後に製薬会社の利権問題
これって馬鹿はやっぱり馬鹿を見るんだよなーと思ったり
きっと今も、わからないだけで蔓延っているんだろうなー

たとえばSTAP細胞の小保方さんとかさ
真相はきっと不明のままなんだろうし、彼女も悪い所は大いにあったのだろうけれど
理研の大きな力にのまれた被害者でもあるのだろうと思ってる
実際理研の対応はありえないものだったしね

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。