ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴールデンスランバー
無実の男、首相暗殺犯に断定
事件のガギを握るのは、ビートルズの名曲







ゴールデンスランバー(2009)

メディア:映画
上映時間:139分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(東宝)
初公開年月:2010/01/30
ジャンル:サスペンス/ミステリー
映倫:G

圧倒的なリーダビリティと鮮やかすぎる伏線回収で、2008年の“本屋大賞”や“山本周五郎賞”を受賞するなど各方面から絶賛された伊坂幸太郎の傑作ミステリーを映画化。
仙台を舞台に、ある日突然、見えない巨大な力によって首相暗殺の濡れ衣を着せられ追いつめられていく一人の男が、かつての仲間たちをはじめ彼の無実を信じる人々の支えだけを頼りに、懸命の逃亡を繰り広げる姿をスリリングかつ感動的に描き出す。
主演は「南極料理人」の堺雅人、共演に「チーム・バチスタの栄光」の竹内結子。
監督は、これまでにも「アヒルと鴨のコインロッカー」や「フィッシュストーリー」など伊坂幸太郎作品の映画化で実績を残してきた中村義洋。

仙台に暮らすごく平凡な30歳の独身男、青柳雅春。
金田首相が凱旋パレードを行うその日、大学時代の同級生・森田に呼び出された彼は、“お前、オズワルドにされるぞ。とにかく逃げろ”と謎の警告を受ける。
その直後、背後のパレード会場で爆発音がしたかと思うと、なぜか2人の前に警官が現われ、躊躇なく拳銃を向ける。
訳もわからぬまま反射的に逃げ出した青柳は、やがて自分が身に覚えのない証拠によって首相暗殺の犯人に周到に仕立てられていくことを大量のマスコミ報道で知る。
青柳の元恋人で大学時代のサークル仲間でもある樋口晴子は、事件の報道に驚き、かつての仲間たちに連絡を取ろうとするのだが…。(allcinemaより)




ゴールデンスランバー
うち的評価60点





伊坂幸太郎って人気あるのねえ
話題になってたのは知ってるこの作品、やっと観た(遅い)
「アヒルと鴨のコインロッカー」や「フィッシュストーリー」「重力ピエロ」は勿論観てます
どれも独特な展開でとても面白かったので、勿論この作品も面白いのだろうと何も考えず観てみると

ギャグ映画だった

首相暗殺事件の犯人にされて逃亡する話で、勿論冤罪
どちらかというとサスペンス要素よりも、自分を助けてくれる仲間がどれだけいるかを問うような話の展開には意外すぎて驚いた
逃亡者的な映画かと思っていたら永島敏行が登場してショットガン?を住宅街でぶっぱなした所で「これは何なんだ?」とターミネーター的な匂いを感知して映画に不安を覚え、連続通り魔のキルオとの対決で「そうか、ギャグ映画なんだ!」と悟る
ゴールデンスランバー
そこからは小さな違和感も何も気にしない事にして映画を楽に観ることにした
そもそも首相暗殺しておいてあの警備体制はありえない



ゴールデンスランバー
主人公が逃げ切ったのは、主人公の今まで生きてきた「習慣」「繋がり」「信頼関係」に他ならず、そういった思い出のシーン等を伏線として綺麗に回収して楽しむといった作風で、サスペンス映画ではない
首相暗殺の犯人にされてしまった理由も真相も、そしてそれら組織(公安が動いてるのはわかる)も明らかにされないまま放置
しかも結局無実は証明されないというヲチ
どこにでもいる一般人が、いきなり事件の首謀者にされてしまう恐怖があって、放置もなかなか良い味があった
もし自分が主人公なら、誰が出すけてくれるうだろうかと考えると末恐ろしい
誰一人助けてくれない、信じてくれない
きっと親だって
ただただ嘆くだけに違いない



ゴールデンスランバー
で、タイトルの「ゴールデンスランバー」
名曲とのことなんだけど、知らなかったw
(作中のカローラ曲も知らなかったwうちの知ってるのは小沢健二の“カローラに乗って”です)
タイトルになるくらいだから、何か意味があるのかと
ビートルズのゴールデンスランバーを調べてみたら「昔を懐かしむ子守唄」とのことで
なるほど、うちも大学時代によく聴いた曲を聴くと大学生活を懐かしんで「あの頃に戻ってみたい」としんみりする事もたまにあるアレのことかと
わかったようなわからないような
んでもってこの小説のサブタイトル「A MEMORY」なのね
少なくとも主人公のような友人・交友関係をうちは築けていないという事は明らかだ
ははっ
(`ェ´)ピャー



ゴールデンスランバー
アヒルと鴨>フィッシュストーリー>ゴールデンスランバー
でよろしいか



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。