ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランケンウィニーフランケンウィニー
「ずっと君と一緒だよ」












フランケンウィニー(2012)
FRANKENWEENIE


メディア:映画Anime
上映時間:87分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ディズニー)
初公開年月:2012/12/15
ジャンル:ファンタジー
映倫:G

ティム・バートン監督が自身の少年時代の思い出から紡ぎ出した84年の同名短編フィルムをストップモーション・アニメで長編化した白黒3Dのファンタジー・コメディ。
孤独な少年が愛犬の死を受け入れられず、その亡骸を禁断の実験で甦らせてしまったばかりに、やがて町中を巻き込む大騒動に発展してしまうさまを、グロテスクでありながら愛嬌あふれるキャラクターにブラックな笑いとピュアで切ないストーリーを織り交ぜて描き出す。
小さな街に暮らすヴィクターは友達のいない孤独な少年。
科学が大好きな彼は屋根裏で発明や映画作りに熱中する日々。
しかし、そんな彼の隣には、片時も離れない最高の相棒がいた。
それが愛犬のスパーキーだった。
ところがある日スパーキーは事故に遭い、命を落としてしまう。
その事実を受け入れることができないヴィクター。
彼は科学の授業をヒントにスパーキーを生き返らせる実験を思いつき、嵐の夜、ついにそれは成功し、継ぎはぎだらけのスパーキーと感動の再会を果たすのだったが…。(allcinemaより)




フランケンウィニー
うち的評価60点






ティムバートンのキモカワ絵の世界観は好き
ストップモーションアニメってすごく手間暇がかかるんだよね、友達が大学で製作していたのを見たことがあるけどハンパなかった
だからなのか、すごく味わいがある動きがたまらない



フランケンウィニー
物語は、唯一の友達だった犬スパーキーを事故で失った主人公が蘇生に成功する話
ティムバートンにしてはブラックさがあまり感じられない作品で意外だった
相変わらずキャラたちはキモカワなんだけれど
その代り、あらゆるモンスターたちが登場するのでまあ楽しい
フランケンシュタイン、オオカミ男、ドラキュラ、シーモンキー、そんでもって何故ガメラ
そういえば登場人物の子供たちの中に「トシアキ」という日本名の子供がw

科学に善悪はないのだと
無知だとか無教養だとかっていうのは、不必要に恐れを抱いてしまう原因になる
無知のせいで科学を恐れ、その恐れが出来事への理解を妨げる
何気にあのキモい、あきらかに怪しい雰囲気を漂わせた先生良いこと言ってる
だけど、街の大人たちは先生を追い出してしまった


フランケンウィニー
残ったのは科学を勉強していた子供たち
主人公ヴィクターは雷を利用して愛犬スパーキーを蘇生することに成功してしまうわけだけれど
子供ゆえにその一大事を盗み見る子供が登場する
ついに他の子供たちも様々なものを雷のパワーで変化させてしまい、町は大混乱に陥る

結局、化け物たちは始末され
スパーキーも再び死んでしまった
悲しいけれど、これで元に戻ったのだと視聴者は思ったことだろう

ところがヴィクターの活躍を見た町の大人たちが
スパーキーの蘇生を手伝うという大暴挙
見事スパーキーは蘇り、ヴィクターは喜びましたとさ
ちゃんちゃん

馬鹿野郎!!!w

先生の台詞がまた思い浮かぶ
無知は愚かだと

これで蘇生できると知った無知な大人たちが、他の物(人間)を蘇生する未来が…
ブラックな未来が簡単に想像できるんだが!!w
なんて愚かな大人たちだろう

なるほど、ティムバートンはこれをヲチにしたかったのか
ブラックをここで出したのか


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。