ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハッシュ!ハッシュ!
21世紀的、子作り宣言。







ハッシュ!(2001)
HUSH!


メディア:映画
上映時間:135分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(シグロ)
初公開年月:2002/04/27
ジャンル:ドラマ

「二十才の微熱」「渚のシンドバッド」で若者の微妙で複雑な心理を繊細かつヴィヴィッドに描いてきた橋口亮輔監督が、30代のゲイカップルとひとりの女性が子作りを巡って繰り広げる紆余曲折を描く異色ドラマ。
“孤独”を自らの宿命と半ば諦めてしまった3人の主人公が再び勇気をもって一歩を踏み出すさまをユーモアを織り交ぜ描く。

ペットショップで働く直也。
気ままなゲイライフを送りながらも充足感を得られずにいる。
土木研究所で働く勝裕。
ゲイであることを隠し、自分の気持ちをストレートにうち明けられない優柔不断さにうんざりしている。
歯科技工士の朝子。
傷つくことを怖れ、人生を諦めたような生活を送っていた。
やがて、付き合い始めた直也と勝裕。
平穏な時が流れようとしていたある日、二人は朝子との偶然の出会いから、その関係が揺らぎ始める。
朝子は勝裕がゲイであることを承知の上で、「結婚も、お付き合いもいらない、ただ子どもが欲しい」とうち明ける。(allcinemaより)




ハッシュ!
うち的評価60点






アリだと思う
ストーリーはこの際上記を読んで頂いて
映画の中のゲイ役の人の台詞に「自分の子孫が残る事は想像できない」というものがあった
ドキッとした
同性愛者にとってはそういうことだという事に気付かなかった(当然のことなのに不思議だ)
そういえば、何かのアメドラでレズカップルが男友達の精子を貰おうと計画する話があったのを思い出した
Gleeの歌姫の設定はゲイカップル夫婦に育てられた子供だったはず
外国では同性愛者が子供をもつことは珍しくはないのかもしれない
でも日本では?



ハッシュ!
同性愛者の夫婦に育てられた子供がどう成長するかはわからないけれど
異性夫婦に育てられたからと言ってまっとうに育つという保証なんかは全くないわけで
きょうび、デキ婚などが当たり前になっている中
同性愛者夫婦の場合は「子供を作ろう」と決心しなくては作れないのだから、「子供を作る」という事に安易な気持ちはない
むしろ、異性夫婦の方が子作りに関しては何も考えてない場合が大部分なわけです
気付いたら妊娠していたが大半
一緒に子育てをして一緒に親として成長していくのが自然なんだろう
そう考えると、子育てというのはやはり夫婦次第
性別なんか関係ない



ハッシュ!
だけどその一方で
秋野暢子が演じた兄嫁の意見も賛同はしないけれど理解は出来る
○○家を汚す気か、育てられるわけわけがない
子供は神様から授かるものだ
この、「神様から授かるもの」という考えはかなりストレートだと思う
ゲイカップルには子供ができないのは自然的に当然・・・つまりそれら遺伝子は自然に沙汰されてしまうわけです
残せない遺伝子は自然世界では不要なものなんです
もちろん、子供ができない異性夫婦も同じです
きつい考えなのは理解してますが、そういう意味もこもってる深い台詞なんだよね

ISP細胞で同性愛者同志でも子供が・・・って話
ここまでくるとクローンみたいで個人的には嫌なんです
これも台詞の1つ「神様が・・・」ってやつと同じ感覚なんだろうね
神の領域だって反対する理由と同じ
難しい問題だけど、でもISPで生命を誕生させるとかは自然じゃないと思う



さて映画に戻りまして
世間の目
「馬鹿じゃね?」と思う人もいるかもしれないけれど、そういった世間の目は少なくないと思われ
同性愛者はその道を選んだ、すでに「大人」なのでまだしも
同性愛者に育てられている「子供」にとっては親を選べないこともあり、辛い目に遭うかもしれない
秋野暢子のようなタイプの人間に対抗する術を子供は当然持っていないし
ましてや相手が子供だった場合、子供はストレートな分大人よりキツい場合もある
そういった遠慮ない偏見や差別の目が襲いかかる
それでも同性愛者の勝手で子供が不幸になってもいいの?

秋野暢子の演技がまた上手い
いやらしい皮肉まじりの関西弁、そして攻撃的な口調
自分は嫁に入り、男の子を産めなかったことで姑になじられ、我慢に我慢を重ねた夫婦生活・家族生活を送ってきた
なのにこのゲイカップルの子供を産もうとしている女は、「明日が楽しみになりたい」と夢を語る
家とか血とか、全く考えていない
自分の送ってきた夫婦生活や家族や子育てとは全く違っている
ゲイの子供を産むことを、しがらみと思っていない
相当ムカついたはず
自分には兄嫁の姿が、「幸せになられてたまるか」と
世間を持ち出して阻止しようと攻撃しているかのように見えた



個人的には先ほども述べたように、ゲイが子供をもつことを悪いこととは思わない
愛し合ってれば子供も欲しいでしょうし
ただ、仮にこういったケースが増えだしたとして
何かしらの法律を変えようなどと思わないで頂きたいワケです
安易に考えられるのは、同性婚と戸籍
あくまでも超少数派なのであり、その超少数派のために全体に影響出るのは大間違い
それで法律に穴が生まれ、悪用されてはたまったものじゃない


色々考えさせられたなあ



スポイトで精子注入ってネタかと思ったけど、実際あるらしいw

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画





「外国では同性愛者が子供をもつことは珍しくはないのかもしれない」

結構多いらしいよ。

アジアの某リゾートホテルで、
いかにもそれ系のカップル(白人男性x2)が
赤ん坊をあやしてるのを見た。

驚いたのは、男の母親と思しき女性が、
嬉しそうに赤ん坊を抱いていたこと。
孫はやはり可愛いのだろう。

ただ、本国に帰ったらどうなのかな?
【2014/10/08 10:46】 URL | 佐渡[ 編集]

多いからドラマでも映画でも必ず同性愛者が登場するんだよね
日本じゃあまり見ないけど・・・少なくともうちの周囲はw
友達にいたら理解が深まるんだろうけど


自分の息子・娘が同性愛者だったらどうする?
意外と女親は「あ、そう」ってなる気がする
だからきっと孫も可愛い
素敵な家族を観たんだねえ!
でも男親はどうなんだろう
ドラマとかだといつも男親が「勘当だ!」とかになってるよね
先生ならどうですか!
【2014/10/09 22:16】 URL | sakur`a`[ 編集]

学生の頃にレズビアンの友達がいたのですが、両親には言えないって言ってましたね。お姉さんには話していたみたいだけど。

彼女は男性と付き合ったこともあるけど、人間として好きにはなっても、愛とは違ったと言ってました。
その彼女が、自分のパートナーが子供が欲しいから男性と結婚する、と自分から離れるのは辛いと言っていたのは印象に残っています。

とりあえず、彼女と友達付き合いをして感じたのは、異性愛者も同性愛者も別に何も変わらないってことでしたね。
普通に生活して普通に恋愛して、たまには彼氏や彼女と喧嘩してと。
好きになった相手がたまたま同性だったってだけの話なのかなーと。
地球にこんなにたくさん人がいるんだから、恋愛の形なんて無数にあって当然じゃんwと今は思っています。
仮に自分に子供がいて同性愛者だったとしても、ああそうだったんだ、今度連れて来いよ。くらいで終わるんじゃないかなーw

まあ、宗教が絡んでくると、またややこしくなってしまんでしょうけどね。
これに関してはジョーイ・バートンというサッカー選手が、ヒツルスペルガーという選手が同性愛をカミングアウトしたときに出したコメントが非常に的を射ているなと思っています。
お暇なときにでもググってみてくださいw
バートンはサッカー界では超が付く問題児ですけど、何か嫌いになれないのはこういうところかなw

何か凄い長文すみません('A`)
【2014/10/10 04:17】 URL | いち[ 編集]

自分はノンケだからなぁw

子供の幸せを思う気持ちと
親としての世間体とか、人間としての違和感とか、
いろいろ悩みそうな気がする。

知人、同僚なら構わんよ。
ってか、居た事あるし。
【2014/10/10 09:49】 URL | 佐渡[ 編集]

>いちさん
子供がほしいから男性と結婚するのかあ
わかるようなわからないような
米青 子簡単に貰えるものでもないし、色々難しいよね
女友達に、初めての恋人がストーカーになっちゃって男性恐怖症になっちゃった人がいてね
一生男の人はこりごりだ、結婚はしないって言ってる人がいて
でも子供は欲しいと真剣に考えてる人はいる
外国で才能のある米青 子が売買されてるとかって聞くけど、それだとべらぼうに高そうだしって話を1度したことがあるよ
米青 子なら何でもいいってワケじゃないのよね、子供を産んで育てるなら
美男子じゃなくても最低限の容姿とか、人格とか、犯罪歴は勿論ナシでとか人として合格点じゃないと嫌だって本気で語り合ったw

子供が欲しくて男性と結婚したその恋人は、上手くいってるんだろうか
バイなんだろうけど、少し気になるw


ヒツルスペルガーのカミングアウト、話題になってたよね読んでたよ!
擁護コメは記憶になかったんだけど、今読むとすごいね
同性愛者に厳しいのは宗教上の基盤があるから、ってのはうちには全くピンとこなくて衝撃
アダムとイブとか信じてるの?w
宗教の教えが絶対的なの?w
うっそだーって半笑いの自分が…
でも「宗教に洗脳」ってジョーイ・バートンが言ってることから、少なからず居るんだろうし
日本生まれの日本育ちの日本人としかつるんでない自分には異世界すぎ

そういえばアメリカなんかは宗教が影響して進化論に否定的ってニュースを読んだし
「ゲイの治療」とかって言ってたキリスト教団体あったよね
もしかしてキリスト教って馬鹿になる第一歩なんじゃないかと疑いたくなるw

仏教って基本「他人に迷惑かけないよう好きにしろ」って教えだから同性愛にも寛容(のはず)
なんというか
お盆・正月・クリスマスと節操なしに楽しめる仏教徒最高


>佐渡先生
みんな同性愛者の人と友達だったり知り合いだったりしてるんだね
うちも知らないだけで居るのかな
「知人・同僚なら構わない」という言葉もなかなか重いw
でも例えば子供ってつまり代々家を継ぐってことにも繋がるから
それが途絶えてしまうのはなかなか重大
今どき家を継ぐって…とか思われがちだけど、そうやって今の自分がいるわけだから否定できない
つくづく、秋野暢子が演じた兄嫁の台詞は全てが重いと思うのでした
ただの五月蝿いBBAじゃないッ!


よかったら是非観て下さいw
秋野暢子イチオシ!
【2014/10/14 22:15】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。