ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャリーキャリー
最も恐ろしく、切ない青春。







キャリー(2013)
CARRIE


メディア:映画
上映時間:100分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月:2013/11/08
ジャンル:ホラー/学園
映倫:PG12

スティーヴン・キングの同名小説を基に、一人の少女が引き起こす惨劇を描いたブライアン・デ・パルマ監督による76年の傑作学園ホラーを、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ主演で完全リメイク。
共演は「キッズ・オールライト」のジュリアン・ムーア。
監督は「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアース。
極端に信心深い母親のいびつな愛ゆえに学園で孤立を深めていくヒロインが、凄惨なイジメの末に辿る戦慄の顛末を、女性監督ならではの繊細な感情描写と迫力のバイオレンス演出で描き出す。

高校に通う内気な少女キャリー。
狂信的な信仰に囚われた母親の過度な束縛によって、まともな友だち付き合いもできずに陰湿なイジメに晒される辛く孤独な日々を送っていた。
そんなある日、キャリーに対するクラスメイトのイジメが一線を越え、関わった女生徒が学校から処分を受ける事態に発展する。
これを不服に思った主犯格のクリスはキャリーへの憎しみを募らせる。
一方いじめを反省したスーは、せめてもの償いにと、キャリーをプロムに誘ってあげてと自分の恋人を説得する。
そんな中、念じるだけで物を動かす不思議な能力に目覚めていくキャリーだったが…。(allcinemaより)




キャリーキャリー
うち的評価40点




クロエちゃん可愛いー
ムチムチしてやわらかそー
前作のキャリー演じた子の悲壮感ハンパねぇー



キャリー
クロエちゃんが可愛くてイジメられてもさほど同情しないというか
プラスいじめ演出もぬるいってのはあるんだけど
前作のキャリー演じてた子は、細くて貧層でいじめも笑えない感がすごくって
だからこそ「くる」ものがあるわけで
だから前作知っている身としては、クロエちゃんだと生ぬるい感がどうしても
しかも前作とほとんど同じ展開
そりゃ比べちゃうわ



キャリー
左:前作キャリー 右:クロエちゃんのキャリー

クロエちゃんは可愛いかったけど、ごめんこれは駄作かもしれない
母親役のジュリアンムーアは良かったんだけど、やっぱりジュリアンムーアも美人なんだよね
ゆえに母親も前作の方がより怖かった
これはミスキャストすぎる



キャリー
せめて
キャリーがシャワー室で生理になってパニックになり周囲の女性とからいじめられるシーンでおっぱい出してたら違ったかもしれん
前作キャリーの貧相な体と貧相なおっぱいが痛々しいあの有名なシーンです



キャリー
なんというか
「ぼくのエリ」「キャリー」とリメイク続きのクロエちゃん
ぼくのエリでは去勢の傷跡のシーンはない、キャリーではおっぱい出さない
それではいけないと思うのよ!
名作と呼ばれる映画には、やはりそういった衝撃的なシーンがあるわけで
それもしないで、ただ名作映画のリメイク出てヒット祈願では世の中そんなに甘くない

クロエちゃんは好きだけど
仕事の方向性間違ってんじゃないのかなって思ってしまうな



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。