ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


武士の献立
家族の歴史は、
毎日の献立とともにあった――








武士の献立(2013)

メディア:映画
上映時間:121分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(松竹)
初公開年月:2013/12/14
ジャンル:時代劇/ドラマ
映倫:G

江戸時代の加賀藩に実在した、主君家族の食事をまかなう“包丁侍”とその妻が夫婦愛と家族の絆を深めていく姿を描く、ユーモアあふれるヒューマンドラマ。
江戸時代の武家や庶民が実際に食べていた料理を忠実に再現し、伝統的な和食の魅力を堪能できる。
出演は上戸彩、高良健吾。監督・脚本は「サラリーマン専科」「釣りバカ日誌」の朝原雄三。

加賀藩の料理方である舟木伝内が息子の嫁にと連れてきたのは、確かな料理の腕を持ちながら、気の強さから一年で離縁された春だった。
伝内に懇願されて二度目の結婚を決意した春だったが、伝内の跡取りで夫となる安信は無気力で料理が大の苦手。
年上の春は必死になって夫に料理を教えるのだが…。(allcinemaより)




武士の献立
うち的評価55点


○○の料理人シリーズって流行ってるのかしら
映画では大統領の、とか最近ありましたよね(まだ観てませんが)
邦画だと南極料理人とか良かったなぁ
漫画とかだと、大使閣下の料理人、信長のシェフ
まあなんだ
料理って平和の象徴だったりしません?



武士の献立
そんなわけで武士の献立
料理映画といえど、料理だけではないです
料理の力で、外交がうんぬんといった、他の作品にもあるような展開はありません
個人的にはそっちのほうが好みなんですがw
どちらかというと、包丁侍を恥じてお役目にやる気のない男の成長記録
妻に包丁勝負に負けて、指南を受ける姿がなかなか可愛い
鶏を触るのが苦手で、妻に「捕まえてッ!」と喝を入れられ苦い顔したり
微笑ましい夫婦の姿がいい感じです

その中で、ポツポツと良い台詞がありドキッとします
「つまらないお役目だと思っているから、つまらない料理しか作れないのではありませんか」
いやあ、これはドキッとしたね


武士の献立
しかし、そんなほんわかした話は前半まで
後半からは、加賀騒動に巻き込まれていく夫の姿
刀をもつ武士魂を捨てられきれなかったわけです
料理とかけ離れていく展開
このままではお家取り潰しだ、という所で
妻が懸命に夫を阻止するのでした
剣を持ってして血を流すことが武士の大事ではないと父親に諭され
ついに宴は大成功し有能な包丁侍として認められるのでした

いやあ、何膳あるんだよってくらい料理が出てくる出てくる
腹いっぱいにもほどがある
どれもこれも美味しそう、器も綺麗



武士の献立
なんて言うか
上戸彩が最近可愛くて仕方がない
あんまり興味がなかった女優さんなんですが、ここずっと女優業頑張ってるからか目に入る事が多くなった
今回は時代劇もの
着物なので、小さな仕草や着こなし、姿勢が問われる難易度の高い役柄
ところが、どれも様になっていて綺麗
着物をすっと整える仕草とか慣れてた
見ていて、丁寧に生活するということがどれだけ綺麗なのかハッとさせられました

たとえば、会社に来た業者さん
ぺこりと頭を下げるだけじゃなくて
体をきっちりその人に向けて、立って挨拶したほうが綺麗だよね
気付いてはいるのだけれど
お客様にはしていても、業者さんだとついつい手を抜いてしまう・・・w
そんなことじゃ駄目だなあと
ふと、この映画を観て思うのでした


それにしてもエンディングの曲はどうなの
CHARAの声がミスマッチすぎてびっくりしたんだが!

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画





ちゃらと聞いて。

面白そうだな!!
【2014/08/27 20:16】 URL | CHARA[ 編集]

ちゃらお!
久々にCharaの曲を聴いたけど
懐かしすぎて当時を思い出したりして泣きそうになった
映画は
普通ですが上戸彩が可愛い
【2014/08/27 21:44】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。