ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒執事黒執事
全能の執事vs禁断の怪事件(ミステリー)
この執事、性格以外は完全無欠(パーフェクト)。








黒執事(2014)

メディア:映画
上映時間:119分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2014/01/18
ジャンル:アクション/サスペンス/ファンタジー
映倫:G

枢やなの同名大ヒット・コミックスを「BECK」の水嶋ヒロと「ガッチャマン」の剛力彩芽主演で実写映画化したアクション・ファンタジー。
舞台を19世紀のイギリスから近未来のアジアへと移し、主要登場人物もセバスチャン以外を一新した完全オリジナルストーリーで、性格以外は完全無欠の執事セバスチャンの活躍を描く。
監督は「NANA」シリーズの大谷健太郎とアニメ「TIGER & BUNNY」のさとうけいいち。

世界が西側勢力と東側勢力に二分された近未来。
執事のセバスチャンが仕える主人は、東側の幻蜂伯爵家4代目当主にして巨大企業ファントム社の若き総帥、幻蜂清玄伯爵。
しかし本当の名は、汐璃。両親の死後、男として生きる道を選んだ男装の令嬢だった。
その幻蜂家には、世界統一を目論む西の女王の密命を帯びて暗躍する“女王の番犬”という裏の顔があった。
そんな2人は女王からの指令に従い、大使館員ばかりが狙われた“連続ミイラ化怪死事件”の解決に乗り出すが…。(allcinemaより)




黒執事
うち的評価40点

何で観た。
おっと落ち着けワイ

水嶋ヒロが執事役と聞いて観ないわけがない
水嶋ヒロの「めいちゃんの執事」の執事役が格好良すぎたのだ
ならば黒執事も観なくてはなるまい

何で観た!!!
いやもう、漫画は読んでませんが
なんとうか観ちゃいけないものを観たような
ゾワッとしたよ、ゾワッと
「めいちゃんの執事」も相当な乙女脳で出来たストーリーでゾワッとくる執事設定ではあるのですが
黒執事はなんというか、中二病的要素がプラスされたような
そしてなにより
水嶋ヒロ、劣化・・・ッ
これが痛い


黒執事
このポスターはフォトショ駆使してるのか美しい出来ですが
映画の水嶋ヒロはなかなかの劣化っぷりです
何が悪いって眉毛が良くない
短すぎる
そしてヘアスタイルもきもい
反省していただきたい!



黒執事
ストーリーはなんか、よくわからない
女であることを隠して男として家督を継いで
復讐するために悪魔と契約したってことかしら
あ、そう
でも、そんなに悪くはなかったと思う
やすっぽいセットとかベタな展開とか気にはなるけど普通に楽しめた
アクションも結構頑張ってた
ザックザック殺すし
なかなか問答無用です



黒執事
いやあ剛力彩芽
やっぱり不細工だなあとしみじみ
劣化した水嶋ヒロより不細工って一体
愛嬌はあるのでいいですけども、それにしたって清須会議でもガッチャマンでもそうだったけど
剛力彩芽っていつまでたっても大根女優
これだけゴリ推しされて映画出演しまくってるのに成長が見られないのは致命的じゃないのかw

黒執事
思いの外優香が熱演してた
あの高笑いは素晴らしい


続編があるような終わり方だった
確かにまあまあ面白くはあったけど、2があるとは思えないな



あくまで執事です
悪魔で執事です・・・

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。