ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジュピター20XX
帰還せよ。







ジュピター20XX<未>(2012)
THE LAST PUSH
ASTRONAUT: THE LAST PUSH


メディア:映画
上映時間:89分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場未公開
ジャンル:SF/サスペンス/ドラマ

VFX界を牽引するエリック・ヘイデン監督が手がけるSFサスペンス。
木星の衛星“エウロパ”の探査のため、二人の宇宙飛行士が目的地へと飛び立つ。
だが、途中で隕石と衝突し、命を取りとめたものの極限状態下に置かれてしまう。 (ツタヤオンラインより)




ジュピター20XX
うち的評価20点


遠い宇宙の宇宙船でひとりぼっちになってしまった男が地球に帰るべくたった1人で奮闘する話で、「地球、最後の男」を彷彿とさせた
あれにくらべたら捻りもなくスマートな演出とストーリー展開なんで混乱はしないのだけれど、でも「だから何なんだ」という気持ちがつきまとう

ジュピター20XX
宇宙船の小さな空間で、登場人物はほぼ1人
だけど完全に孤独というわけではなく、モニターごしにビデオメールのようなもので
地球にいる同僚と通信を行うことができる
死んだ同僚が持ち込んだ本(シェイクスピア?)など小道具もあるけれど上手く使えてない感、つきまとう「だから何」
こういう密室に閉じ込められているといった設定で観客を楽しませるための小ネタや演出はことごとく失敗しているようで明らかにネタ不足

ジュピター20XX
これでは眠い
理解不能ながらも混乱させてくれた「地球、最後の男」の方がまだ頭を使うので面白かった
ただ、主役の男の顔がどんどんやつれていくさまはリアルで面白かったけどね



宇宙モノは地雷だ

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画





さよならジュピターのハリウッドリメイク版かと思ったら違った!
このテーマなら光瀬龍の『墓碑銘2007年』がすごく良いので機会があったら読んでみて。
【2014/09/07 22:40】 URL | カシマ[ 編集]

さ、さよならジュピターだ、と
いやレイコあんた何歳なんだ
実は50近いんじゃないか!
小松左京って人、本は読んだこと無いんだけど
阪神大震災のときにアホみたいなことやってたのは記憶があるw
兄ちゃんがよくネタにしてたなあw
そんなこんなで何故か日本沈没、さよならジュピターの本が家にあったのでした(うちは読んだことはないけれど)

墓碑銘2007年
図書館にないんだけど!?!?
買えってーの!?
青空ないの青空・・・
【2014/09/08 22:37】 URL | sakur`a`[ 編集]

墓碑銘2007年は短編なので、選集に収録されてるのを探すのが早いぜ。とりあえずは『日本SF短編50 I』を探すんだ。
さよならジュピターはDVDにもなっていて、観た人全員が糞だと言っているのでとても観たいけど近所のレンタルビデオ屋がいつの間にかパン屋になっていたのでまだ観てないんだぜ。小さい頃、新聞にでかい広告が載ってたのをなぜか覚えてるんだぜ。
【2014/09/09 03:56】 URL | カシマ[ 編集]

図書館にありませんでした
マニアックなんだよお!
全員が糞だと言える映画ジュピター借りたくなりました
ツタヤディスカスにはありませんでした
マニアックなんだよお!
さよなら、さよならジュピター!
どこまでも購入しようとしないあたりがうちらしい。

小さい頃に映画の広告みたとか
年バレるバレる!
うちが初めて映画を意識したのはドラえもん日本誕生だったなあ
土偶が怖くて夜寝れなくなったのは覚えてる
あれ、なんか古いドラえもん映画シリーズを見直したくなってきたぞ!
ドラえもん映画ってBD買うのもありだよね、結構名作多いと思うの
え、もちろん旧式ね!のぶ代世代ですから!
探したら売ってなかった件
畜生!
【2014/09/11 00:16】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。