ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


少女は自転車にのって少女は自転車にのって
ワジダ、10歳。明日に向かってペダルをこぐ。








少女は自転車にのって(2012)
WADJDA


メディア:映画
上映時間:97分
製作国:サウジアラビア/ドイツ
公開情報:劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月:2013/12/14
ジャンル:ドラマ
映倫:G

宗教的な理由から西欧諸国に比べて女性の権利や自由が制限されているイスラム国家サウジアラビアで、初の女性映画監督となったハイファ・アル=マンスールによる記念すべき長編デビュー作。
どうしても自転車に乗りたいおてんば少女を主人公に、理不尽な因習に対する彼女なりのしたたかな抵抗の行方を通して、サウジ社会が抱える様々な問題、とりわけ女性たちの生きづらさを浮き彫りにすると共に、未来への確かな希望を力強く描き出す。

厳格なイスラム教が支配する国サウジアラビアの首都リヤド。
10歳のおてんば少女ワジダは、近所の男の子アブダラと自転車競争がしたくてたまらない。
ところがお母さんは、女の子が自転車に乗るなんてもってのほかと、まるで相手にしてくれない。
そこでワジダは、自分でお金を貯めて自転車を買おうと決意する。
しかし、自転車代の800リヤルは、ワジダにとって夢のまた夢。
そんな時、コーランの暗誦コンテストに優勝すると賞金1000リヤルがもらえると知る。
さっそく、それまでほとんど興味のなかったコーランを必死でお勉強するワジダだったが…。(allcinemaより)




少女は自転車にのって少女は自転車にのって
うち的評価70点

こ、これは…
サウジアラビアの、というよりイスラム文化の男尊女卑文化が良くわかる映画でした
お転婆少女ワジダが可愛い、ある程度ほんわかした映画なんです…が、ね
不愉快な表現や演出はほとんどないんだけど、小さな行動だったり台詞だったりに含まれた男尊女卑の世界がじわじわ視聴者にのしかかる感


少女は自転車にのって
熱中症にならないのだろうか・・・

親に認められていないとはいえ、好き同志の恋人が一緒にいたことで罰を受け、女はすぐに嫁に出されてしまったり
家系図は男のみで、主人公の少女ワジダがその家計図に自分の名前を紙ではりつけたら次の日には紙はぐちゃぐちゃにされはがされている
描写はないけれど、はがしたのはワジダの大好きなお父さんだろう…
私たちから見たら男尊女卑でも、この世界が当たり前で生活している人にとっては「男尊女卑」ではない
いや、むしろ男尊女卑の何がオカシイのかもわかっていない
これは「当然のこと」だから
私たちが朝に「おはよう!」って言うのと同じくらい、この環境を「自然なこと」だと思っているから

これを「おかしい」と思う、言えるようになるにはやはり教養が必要なのだと思う
だけど、女性が自由に勉強させてもらえるかといえば、そうではない

少女は自転車にのって
部屋に家族だけの場合、ラフな格好も許され
他人がいる場合は女は同席すらできないようだった


ワジダの同級生の女の子が結婚をしてクラスがキャーキャー
10歳の少女
生理もまだきてないような、胸も真っ平らなあどけない少女
相手は20歳の成人男性だと照れくさそうに言う少女
先生はおめでとうと祝辞を送った


校長先生や母親が「男に声が聞こえる」といって静止する
髪の毛を隠していなかった少女ワジダに、屋根から中年の男が「可愛いね、あがってこいよ」と誘う
男の姿が見えると隠れる
自動車だけでなく自転車も男の乗り物
女の子しか産めなかった母親の待遇の悪さ
夫が嫌がるからと男性がいない職場に3時間かけて通い働く女たち
数え切れないほどの、ありえない小さな演出が視聴者の価値観を揺さぶってきます

常につきまとう「イスラム社会に生まれなくてよかった」という思い

少女は自転車にのって
ただ、ワジダの友達である少年アブドゥラ
惚れた弱みなのか、ワジダの言いなりなところなんか可愛らしい
「結婚しよう」とか言っちゃうおませさん
可愛い小さなカップルだけど、成長すればこの大人たちと同じように男尊女卑に埋もれた人間になるのだと思うと複雑な気分


自転車が欲しくてたまらないワンダ
お金を貯めて、自転車を買って
男の子と同じように、アブドゥラと一緒に自転車で走りたい
ワジダの自転車への思いは、イスラム社会の女性にとっての希望の象徴として描かれているようだった
ラストでワンダが嬉しそうに自転車で疾走するシーンがとても印象的
ワジダが走る先に車がビュンビュン通ってワジダの行き先を遮って、ワジダは立ち止まる
小さな自由を手に入れた女性に待ち受けている数々の困難が見えるようで
でもワンダはそんな未来がまだ予想できず、自転車に乗れた喜びで笑みをこぼしている…
なんとも言えない気持ちになる、そんなラストだった


少女は自転車にのって
監督美人~!

ちなみに、サウジアラビアでは映画館は法律で禁止されているそうです
そんな環境の中で誕生した、サウジアラビアで初めての女性監督作品
少しずつイスラム社会も変わってきてはいるのだろうけれど、それは微々たるもので
文化の違いだと、簡単に言うことなんてできない
まずはそんな世界もあるんだと私たちが「知る」という事が大切なのだと思う
そういう意味で、この女性監督がこの映画を作り世界に公開したことは大きな一歩
観やすい映画なので、是非観てほしい1本でした




テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画





以前職場にいたウズベキスタン人の男性もムスリムでしたが、男尊女卑的な考え方は全くと言っていいほど持っていませんでしたし、本当に国によって違うんでしょうね。
ウズベキスタンはそんなに厳しくないとも言ってました。

そういった国と違って、女性に厳しいサウジという国の女性が映画監督になろうとするには、かなりの勇気が必要だったんじゃないかと想像できます。

まあでも、性別の違いで差別されることがおかしいですし、理解できないところですね。

とりあえず映画見てみます!
【2014/07/28 23:19】 URL | いち[ 編集]

少女は自転車にのって、、、

sakur`a`さんのことかと思ったら映画でした(´∀`*)ウフフ
【2014/07/29 00:12】 URL | 素浪人[ 編集]

>いちさん
ウズベキスタン人が職場にいる環境って!
豚肉食べる・酒は飲むってイスラム教の人も外国には沢山いるんだとかw
やっぱり国出ちゃうとアバウトになるのかなあ?w
イスラム教の人とは1度も会ったことはないので偏見なんだろうけれど
例えば欧州でイスラム教人口が急激に増えてるってニュースも読んだこともあるだけに、なんか怖いものがある
宗教は洗脳の道具であり、大義名分として利用できる道具であり、ゆえに歴史的にみて戦争が起きる原因ナンバー1

初の映画監督作品なのにとても可愛らしい映画でした
衝撃的な内容でインパクトを強調させようとするようなプロパガンダな印象をうける映画ではなく
本当に日常にある台詞や環境をサラッと見せてくれているので
一見ただの少女自転車奮闘記映画
そういうところも個人的には高評価です
結婚した10歳少女の初夜逸話なんかあったら発狂する所だった(無かったし、むしろ少女は恥ずかしそうに照れてた)
そういえば、恋も知らないまま結婚させられるってポスター何かで見たなあ…

うん、是非観て欲しい映画です!


>素浪人さん
sakur`a`さん10歳の頃自転車乗って校区外出て冒険してたな!
校区外って今でもあんのかな
学校で定められた区内でしか遊んではいけないってきまりがあったんだよね
校区外は見たことのない町並みとかお店があって
わくわくしたものだよ
遠い古き良き時代の想い出(´;ω;`)ウッ…
【2014/07/29 23:46】 URL | sakur`a`[ 編集]

>sakur`a`さん
ウズベキスタン人の彼は彫の深いイケメンで、礼儀正しく仕事熱心な上に、ウズベク語にロシア語、英語と日本語を話し、日本語はきっちり敬語も使いこなしていました。
彼から直接聞いたわけではないのですが、会話の断片からウズベキスタンでは結構エリートだったんだろうなと推察できました。

そんな彼も日本では喫煙スペースでたばこを吸いながらパートのおばちゃん達と談笑し、飲み会に参加して酒を飲み、家庭では日本人の奥さんが作って食卓に並べる豚肉料理食べてます、豚肉美味しいですよね、なんて言ってましたw

彼自身はムスリムとしてはダメなんだろうけど、みんなに慕われていましたし、ムスリムと言っても色々な人がいるのだなと実感しました。

まあでも、彼みたいな人間は少数派だと思いますし、スウェーデンのようになっても困るんで移民は絶対反対ですけども。
【2014/07/30 22:29】 URL | いち[ 編集]

イケメンかよおおお
嫁うらやましす!!
エリートなのに何故日本に来たのだろうw
選択肢間違ってないか、ウズベキイケメン(´Д⊂
そしてやっぱり酒・煙草・豚肉手足しちゃってたか!
そういう「豚肉美味しいですよね」とか言えちゃう余裕のあるイケメンに萌える
マジ嫁裏山!!

取引先の会社に中国人ならいるなあ
日本語ペラペラで感心するよ
中国が嫌いで国を出たそうで、日本大好き・いつかアメリカで暮らすのが夢なんだそうですw
もちろん、母国語・日本語・英語って喋れるというエリートっぷり
アニメが大好きでまずは日本に来たんだって!
外見は正直恵まれていないので独身・彼女いない歴=年齢じゃないだろうかと予想
奥手な感じがします、ええ

個人個人は良い人でも
それが集団になると、その国に馴染もうとせず
自分の育った国の常識や価値観で生活していき、挙句の果てには押し付けようとする
自分も勿論移民は大反対
よその国で生きていくのなら、郷に従うべきなんだよ
出産率上げたかったらマジ給料上げてよ(´Д⊂グスン
給料上げるのが難しいなら、待機児童や学費・給食費を全て免除(ただし当然公立のみ・私立は甘えるな)にするくらいじゃないと
子供はポンポコ産めない
出産率が下がってるのは、責任感があるからも理由だと思うんだ
こんな経済状況では子供は1人までがせいぜいだって思っちゃうんだよね
自分もそうだもの
無計画にぽんぽこ子供なんて作れないわ

移民に頼るような政策はやめて欲しいんだけどなぁ
【2014/08/01 00:28】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。