ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゼロ・グラビティゼロ・グラビティ
宇宙の
暗闇を
生き抜け








ゼロ・グラビティ(2013)
GRAVITY


メディア:映画
上映時間:91分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ワーナー)
初公開年月:2013/12/13
ジャンル:サスペンス/SF
映倫:G

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「トゥモロー・ワールド」のアルフォンソ・キュアロン監督が無重力(ゼロ・グラビティ)の宇宙空間を舞台に贈るSFサスペンス。
スペースシャトルで船外活動中に予期せぬ事故で宇宙空間へ放り出され、救助も期待できない絶望的状況で漂い続ける2人の宇宙飛行士の運命を、無重力の世界を圧倒的な臨場感で再現した3D映像でスリリングに描く。
出演はサンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー。

地上600kmの上空で地球を周回しているスペースシャトル。
今回が初めてのミッションとなる女性エンジニアのストーン博士は、ベテラン宇宙飛行士コワルスキーのサポートを受けながら船外での修理作業に当たっていた。
その時、ロシアが自国の衛星を爆破したことが原因で大量の破片が軌道上に散乱し、猛烈なスピードでスペースシャトルを襲う。
衝撃で漆黒の宇宙へと放り出された2人は互いを繋ぐ1本のロープを頼りに、絶望的な状況の中、奇跡の帰還を信じて決死のサバイバルを繰り広げるが…。(allcinemaより)




ゼロ・グラビティゼロ・グラビティ
うち的評価60点

出演者はほぼ2人(サンドラブロック・ジョージクルーニー)だけど
ほぼサンドラブロックの一人芝居で、宇宙空間という死の世界で繰り広げられるパニック映画
登場人物がほぼ1人で、しかも勿論エリートではあるけど宇宙初体験で素人、すぐにパニックになるようなキャラ設定でここまで話を広げられたなあと逆に感心した
最近の映画は無意味に長いのがよろしくない中、90分におさめたのはかなりプラス


ゼロ・グラビティ
そして、お金のかかりっぷりはケタ違いとはいえど、宇宙が絡むとどうも哲学的になる傾向があるこのジャンル(「2001年宇宙の旅」「地球、最後の男」「ジュピター20XX」)
正直、うちの脳みそでは理解できないことだらけなので観ようか迷ったんだけど
話題になっていたのでとりあえず観ることにした
金のかかりようがハンパないからか映像美がすごい
小さなもの…涙だったり塵だったり、そして火の子だったりまで鮮明に映していて3Dを意識しているのがわかる
映画館(3D)で観たらどんなにすごいだろうと思う
惜しい事をした
家でBDで観ていても十分に美しさは伝わるのだけれど、慣れてしまうんだよね、画面も小さいし
人間ってわがまま


ゼロ・グラビティ
さてストーリーはというと、とってもシンプル
アニメ(漫画)「プラネテス」を彷彿とさせる展開で、宇宙ゴミが宇宙飛行士を襲う
ロシアが不要になった衛星を破壊>ルート的には安全だったが、散った欠片が他の物体に衝突>大規模になり有人宇宙船に衝突
ロシアってところがなんか…意図を感じるんだけど、、w


ゼロ・グラビティ
さて宇宙空間
宇宙空間がどれほどのものかはなんとなくでしか理解していないのだけれど
とりあえずパッと浮かぶものといえば、無重力・空気が無い・そして太陽が当たらなければ極寒・暗闇、そして強烈な紫外線
よくアニメなんかで表現されるような、平泳ぎで前に進むなんてことは不可能
そして、「宇宙兄弟」によるとISSのある場所はとんでもない早さで地球を回っている
そんな中で人が宇宙空間に出て宇宙船を修理・調整するのだから宇宙飛行士ってとんでもないスーパーマンといえる
そんな空間で、宇宙ゴミが襲ってくる
これは恐怖
サンドラブロックどんくさいなあ、なんて思ってはいけない
そして空気の残量が無くなっていく
ほんの些細な事であっても、死が襲いかかる宇宙空間で次々にハプニング
なかなかハラハラする展開ばかりで面白かった


ゼロ・グラビティ
胎児を表現してんのかな?

燃料もなく、どうしようもなくなった主人公はついに死を覚悟する
地球のどこか民間と電波が繋がる
相手は、まさか宇宙から交信されているとは思わず暢気に歌を歌っている
犬の鳴き声に主人公は地球を感じ涙する
そこから宇宙の彼方へ消えた相方ジョージクルーニーが登場し、諦めないようアドバイスする
勿論妄想なのだけれど
そしてまさか漫画のような展開
消化器使って宇宙空間を移動するという偉業を成し遂げる
宇宙の事はわからないんだけど、アリなんですかね?w
アリなのか?と思った点はもう1つ
無重力空間でどれだけの間生活したのかは不明だけれど、地球へ無事脱出した主人公は湖の底へ落ち、泳いで脱出するシーン
泳げるのか…?w
筋力はどうなっているんだろう…
この前若田さんが6カ月ぶりにISSから地球へ戻ってきたとき、立てなくて運んでもらってた映像観たんだが!?



まあ、なんにせよ
ジョージクルーニーが自分がいたら2人とも死ぬと判断して自ら手綱を離した時の台詞
「諦めることも学べ」
幼い娘を亡くしてなんとなく生きる主人公
「諦めることを学べ」
「自分のせいじゃない」
そんな台詞とともに主人公が懸命に生還しようと頑張る姿
地球に生還し、重力を感じ、笑いながら立ち上がるラスト
そうか、これは主人公の再生物語なんだね


原題「gravity」(重力・威厳)
なんで邦題は「ゼロ」を付けちゃったんだろう・・・無い方が良くないか?

ちょっと面白かったw



映画『ゼロ・グラビティ』驚きのメイキング映像


アンジェリーナジョリー主演だったものがスケジュールが合わずに他の女優へとトントン渡り、スカーレットヨハンソン、ナタリーポートマンとつたって結果サンドラブロック
うーむ
サンドラブロックで良かったかもしれないねw
感心したのは、体をかなり鍛えているようで筋肉がしっかりしていて美しかった
見直したわ!



過剰評価だと評判の映画ですが、うちは面白かったと思うよ!

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。