ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コララインとボタンの魔女コララインとボタンの魔女
扉のむこうは理想の世界。
でも気をつけて。かなえてはいけない願い事がある。








コララインとボタンの魔女 3D(2009)
CORALINE


メディア:映画Anime
上映時間:100分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(ギャガ)
初公開年月:2010/02/19
ジャンル:ファンタジー/ファミリー/ホラー
映倫:G

人気作家ニール・ゲイマンのヒューゴー賞受賞のベストセラー児童文学を、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督が全編3Dで映画化したストップ・モーション・アニメ。
現状に不満を持つ一人の少女が、偶然見つけた“もう一つの世界”に夢中になり、やがて恐ろしい事態に直面するさまを、かわいさの中にも不気味でグロテスクなタッチを織り交ぜつつ描き出す。

ピンク色の古いアパートに引っ越してきたばかりの少女コラライン。
まだ友だちも出来ず、忙しい両親はまったく構ってくれない。
すっかり退屈していたコララインは、ある日家の中で不思議な扉を発見する。
そして、その扉を通り抜けた先でコララインが目にしたのは、今までと変わらない家の中。
しかし、何かが少しずつ違う。
しかも、そのどれもが現実の世界よりも素晴らしくなっていた。
優しいママとパパの目がボタンで出来ている以外は。
すっかりこの不思議な世界に魅了されてしまうコララインだったが…。(allcinemaより)




コララインとボタンの魔女
うち的評価60点

個人的に好きです
ナイトメア…の監督の作品ということで観たんですが、なんかテリーギリアム監督作品っぽかった
ギリアム作品で記憶に新しいのは「Drパルナサスの鏡」だったりしますが
他にも「ブラザーズグリム」「バロン」といったファンタジー系を想像してもらえれば、ギリアム監督っぽいという感想に共感してもらいやすいかも
とくにサーカスのシーンやネズミのシーンが怪しげかつ不気味で必見


コララインとボタンの魔女
こういう薄気味悪い童話ファンタジーとストップ・モーション・アニメって相性抜群だね
気持ちの悪いキャラクターたちなのに微妙に可愛く見えたり見えなかったり
この微妙さがたまらない
ティムバートンの作る世界も同じだけど、彼の場合はグッズが欲しくなる一方
コラライングッズは欲しくない…
やはりティムバートンは魅力的なキャラを作る才能があるんだろうとなあと思うのと同時に、こういったブラックな部分はセリック監督の方が強いのかもしれないと思った


コララインとボタンの魔女
ストーリーはとにかく不気味
田舎に引っ越してきたものの、友達はいない・全く構ってくれない両親
ふてくされた主人公の少女コラライン
不思議な扉を見つけて、そこへ行くと理想の環境がそこにはあった
自分にかまてくれるみんな・愛してくれる両親
ただ、目がボタンということだけ
目がボタンのせいで、視聴者的には表情が読み取れず更に不気味さが増す効果にw
味方してくれるのか
それとも魔女の使いなのか
そういった判断を鈍らせてくるという憎い効果も!


コララインとボタンの魔女
それにしてもよくわからない箇所が、、
開始早々、コララインが井戸を探しているんだけど意味が分からない
普通の女の子の遊びじゃないw
ラストに魔女を閉じ込めるために井戸が使われるのだけれど、その流れは偶然なの?
引っ越し先の家にあった鍵のかかった扉は何故残してあったの?
扉を開けても壁なんだから扉を撤去しても良かったのにどうして残しての?
しかもしっかりカギまでかけて、カギはしっかり保管してある律義っぷり
そして、魔女はどうしてあそこまでしてコララインを狙ったんだろう
久しぶりの餌(子供)だからって理由なら、わざわざ子供を楽しませて「この世界にいたい」と思わせなくても、やってきた時点で捕まえてボタンの目にしてしまえばいい
人間の子供といる生活を、魔女は楽しみたかったんだろうか
そんな謎は解明されることなく放置されて映画は終わるんだけど
そういうところ気になるわ

コララインとボタンの魔女
主役のコララインの声担当したのはダコタちゃん!
日本語吹き替えは榮倉奈々です
結構よかったよ!


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。