ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


凶悪凶悪
知るべき闇は、
真実の先にある。








凶悪(2013)

メディア:映画
上映時間:128分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(日活)
初公開年月:2013/09/21
ジャンル:サスペンス/犯罪/ドラマ
映倫:R15+

死刑囚の告発をもとに、警察さえ把握していない殺人事件を掘り起こし、司直の手を逃れていた首謀者を追い詰めていった新潮45編集部の取材記録を綴ったベストセラー・ノンフィクション『凶悪 ある死刑囚の告発』を基に、事件を追う一人の雑誌記者の執念と驚愕の真相を描くクライム・サスペンス。
主演は「鴨川ホルモー」の山田孝之。
共演にピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴。監督は「ロストパラダイス・イン・トーキョー」の白石和彌。

ある日、スクープ雑誌『明潮24』に死刑囚の須藤純次から手紙が届く。
それは、判決を受けた事件の他に、彼が関わった誰も知らない3つの殺人事件について告白するものだった。
須藤曰く、彼が“先生”と呼ぶ首謀者の男が娑婆でのうのうと生きていることが許せず、雑誌で取り上げて追い詰めてほしいというのだった。
最初は半信半疑だった記者の藤井修一。
しかし取材を進めていく中で、次第に須藤の告発は本物に違いないとの確信が深まっていく藤井だったが…。(allcinemaより)




凶悪
うち的評価60点

尼崎の事件もこんな感じなんだろうかと体がすくむ
実際にあった事件をベースにした物語で、老人をカモにして財産を奪うという卑劣な内容
凶悪
怖いのは、「先生」と呼ばれる男(リリー・フランキー)は一見人の良いオッサンで、影では老人をいたぶって無邪気にはしゃぐ異常者
その相方にヤクザの男(ピエール瀧)がいて殺しやレイプを楽しむ演出は無いものの、どんな事もすべて無表情にこなす
この事件を追う記者山田孝之は微妙


凶悪
この映画をひっぱっているのは、明らかにこの凶悪な2人で
特に「先生」演じるリリーフランキーの気持ち悪さは、「冷たい熱帯魚」のでんでんの演技を思い出します
表面上はニコニコいい人面をしているけれど、最初から最後まで卑劣な男で、死刑ではなく無期懲役になったことですら誇らしげだった
「寿命をまっとうしますわ、へへへ」といった感じなのか
観ていて腹が立つというより気持ちが悪い



凶悪
ピエール瀧演じるヤクザ者は、なんでも平気にこなす凶悪な男ではあるけれど、ラストで一番の子弟に裏切られたと思った時に初めて観せた怒り・悲しみ
静かに1人線香をたむける後姿
死刑判決を食らい、「先生」も巻き添えにするため事件の内容を告発するが
本当の狙いは裁判を起こすことで刑期を伸ばし、ギリギリまで生きること
キリスト教に入信してみたり、ペン習字や短歌をたしなみ
自分の命が他人に預けられている状態の刑務所の中で「生きる」ことを楽しんでいる
なんてあつかましいんだと、気持ちが悪い

死刑犯や無期懲役犯というのは救いようのないほど気持ちが悪いのだと言っているように感じる
こういう輩は決して反省などしないのだと
死刑は必要なのだと



凶悪
白川和子の存在感、さすが団地妻シリーズの女

これは他人ごとではないと、思わずにはいられない
尼崎事件でも思ったのだけれど、こういう輩に少しでも関わってしまったら終わりなのだ
目をつけられてしまったら、よっぽどの度胸と知識がなくては逃げることはできない
それはもう、運としか言いようがない

そして今日も、リサイクルショップの経営者夫婦が、10年前にアルバイト店員の青年を殺したとして逮捕され、周囲で行方不明者が続出しており余罪を云々というニュースが流れた
【福岡】リサイクル店経営の夫婦、従業員殺害事件 「日常的に暴行した」供述
ぞっとした
凶悪犯は案外身近にいる




凶悪
そう
凶悪な人間は身近にもいる
認知症の母親を妻(池脇千鶴)に任せ、凶悪事件を調べる正義心を貫く記者(山田孝之)
妻は何度も何度も助けを求めているにも関わらず、逃げては見て見ぬふりをする
ついに妻は告白する
「義母さんを殴っても罪悪感を感じなくなった」
まともな人間も環境によってモンスターになってしまう
凶悪なのは、見て見ぬふりをする夫
凶悪になりかかっているのが妻

自分のモンスター化を自覚していた妻は離婚を言い渡す
夫はついに母親をホームに入れることにする
「先生」が老人を油田だと例え、あししげく通っていた老人ホーム
自分の母親をホームに入れる罪悪感と
犯罪者の手のひらに母を差し出すような気分を味わいつつ物語は終わる

自分は大丈夫
そうは言い切れない
こういった小さな隙間からやつらは狙ってくる



目の保養に
凶悪
ジョゼでは残念おっぱいだった池脇千鶴でしたが
このショットは吾輩の中で池脇最高萌えなのであります
なんかエロくね!?



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画





三大がっかりの一人、池脇千鶴といえば
昨年、激太り、劣化とか、
画像も出ていましたが、
むしろ私好みになって(*´д`*)ハァハァ
した覚えがあります
最近は、元にもどったようで、
それはそれでがっかりです
【2014/07/23 23:54】 URL | 素浪人[ 編集]

がっかりおぱお!
激太りが話題になったのがこの凶悪のお披露目の際やったような?w
うちもあれくらいなら余裕です
でぶっても可愛いすぎる
30歳過ぎて体重を戻せるとはさすが女優
ワイまじ痩せないんだけど辛い
【2014/07/25 00:10】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。