ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


源氏物語 千年の謎源氏物語 千年の謎
千年の時を越え、今、
「源氏物語」誕生の秘密が明かされる――






源氏物語 千年の謎(2011)

メディア:映画
上映時間:136分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(東宝)
初公開年月:2011/12/10
ジャンル:時代劇/ロマンス/ファンタジー
映倫:G



日本最古の恋愛小説『源氏物語』を題材に、その華麗な物語世界と謎に満ちた紫式部自身にまつわる物語を並行して描き出す絢爛豪華な歴史絵巻。
主演は光源氏に生田斗真、紫式部に中谷美紀、共演に窪塚洋介、東山紀之。監督は「愛の流刑地」の鶴橋康夫。

平安時代。
時の権力者・藤原道長は、娘・彰子に帝の心を向けさせるため、紫式部に物語を書くよう命じる。
その物語の主人公・光源氏は、宮中の女性たちの憧れの的。
しかし義理の母・藤壺への想いを断ち切れぬまま、奔放な愛を重ねることに。
そんな『源氏物語』はたちまち帝を魅了し、彰子は帝の息子を生むことに成功する。
無事役目を終えたはずの紫式部だったが、なおも『源氏物語』を書き続けていく。
そんな紫式部に、道長の友人で陰陽師の安倍晴明は不穏な気配を感じ始めるが…。(allcinemaより)




源氏物語 千年の謎
うち的評価30点

結構ひどかったと思うんだが!
豪華絢爛で衣装も小物や風景(セット・CG)も金かかってる感はあるんだけど
何故か映像に魅力がない
「あー綺麗ね」で終わってる自分がいる
ただ、その綺麗にされた風景を映しているだけで面白味がない
エンドクレジットで一番に出てきた角川歴彦の文字を見た瞬間、納得してしまった
「でた!角川の金持ち道楽!!」




源氏物語 千年の謎
藤原道長役の東山紀之
紫式部役の中谷美紀


物語は、紫式部が藤原道長に青姦・レイプされる所から突然始まる
「何をやっても許される身なのだ」
でたwwwww
何wwをwやっwwwてwwもwwww
許wwさwれwwwるww
身wwwww
漫画「あさきゆめみし」だったか
この台詞を見たときの衝撃を受けた中学生のあたくしを思い出したのであります


源氏物語 千年の謎
光源氏役の生田斗真
なかなか似合っておりました


後ろから紫式部を抱きしめ、左手で式部を捕え右手で式部のどこかをゴソゴソ
式部が「ああ」と言いながら抵抗から観念、快感へと変わっていく
何このB級ポルノ小説みたいなあたいの文章
要するに道長手マンやったってこった!
あー、まさか東山紀之と中谷美紀の青姦を見ることになろうとはw

なんにせよ、ヒガシはやはり美しい
平安時代の和服すらとってもありえないくらいに御似合いです
10年前なら光源氏はヒガシ以外にありえない!(実際光源氏演じてるようです)
多少歳とった感があるとはいえ、今でもあんたは光源氏だわ
一番妖艶だったわ!


源氏物語 千年の謎
六条御息所役の田中麗奈
えらい若い六条御息所ですが、なかなか良かった、おいしい役です


さて物語は
冒頭で書いたとおり、道長と式部がセフレ関係でありつつ
式部の描く源氏物語に登場するキャラと自分たちを被らせて展開していきます
光源氏は当然、道長がモデル
そして式部はというと、六条御息所(田中麗奈)ということになってました
六条御息所は旦那(東宮)に先立たれ、ひっそり屋敷で趣味の書などをたしなみ暮らす知的美人なアラフォー女子(年齢設定には諸説があるけど30~40歳とされる)
光源氏が初期に手をだした女なんだけど、これがいわゆる嫉妬の代表で
生霊になって光源氏が手をだした女たちを呪い殺そうとするトンデモ女として描かれています


源氏物語 千年の謎
葵の上/彰子役の多部未華子
多部ちゃん好きだけど、なんかちんちくりんに見えてしまうんだが!w


なんで式部が六条御息所なのかというと
それは式部の文才を利用して物語を描くように命令した道長の狙いにあった

道長の娘彰子(多部未華子)が帝の子供を身ごもり、そしてそれが皇子であるならば、天皇家に藤原の血が混じることになる
そのためにも、帝が娘に夢中になってもらわなくてはならない
そこで、式部の物語を利用する
毎夜、帝が彰子のもとを通って源氏物語を共に読んでくれたら…クフフ

式部は道長の事が好きなのに、道長は式部の事を政治の道具としてしか見ていない…
式部は物語を描くにつれ、憎悪が出始める
それが六条御息所に反映されていった
それにいち早く気づいたのが、陰陽師・安倍晴明(窪塚洋介)だった


源氏物語 千年の謎
安倍晴明役の窪塚洋介
チャラい安倍晴明だったなあw


まあ、なんでしょう
物語の展開は斬新で面白かったし
あの膨大な物語を136分でまとめたのはスゴイと思う
ただ、個人的に映画の見所って半分は映像だと思っているので
その映像が単調で目で楽しめないなら映画である必要はない
役者も、衣装もセットもCGも何もかも金かけて豪華絢爛ではあるのだけれど、カメラワークが楽しめない時点で宝の持ち腐れ、平凡作品になる
しかも角川が絡んでるんだから作品が良くなる要素は無い
そう思うと頑張った方なのかもしれん


光源氏(18)「紫の上ちゃん(10)可愛いンゴww」
何故だろう
こういうの読むと源氏物語って面白いんじゃないのかって惑わされる
彼らの才能に乾杯


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。