ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


謝罪の王様
謝るとき、人は誰でも主人公。







謝罪の王様(2013)

メディア:映画
上映時間:128分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(東宝)
初公開年月:2013/09/28
ジャンル:コメディ
映倫:G

 「舞妓 Haaaan!!!」「なくもんか」を手がけた主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎、監督・水田伸生のトリオが再びタッグを組み、架空の職業“謝罪師”を主人公に描く奇想天外ナンセンス・コメディ。
いかなる難題にもありとあらゆる謝罪のテクニックを駆使して解決に導く主人公の活躍を、バラエティに富んだ豪華キャストの共演とともにオムニバス・タッチの構成で描き出す。
共演は井上真央、竹野内豊、高橋克実、松雪泰子。

ヤクザな男の車相手に追突事故を起こしてしまった帰国子女の倉持典子。欧米の習慣が災いして、うまく謝罪できず泥沼に。
そんな彼女が頼ったのは、“謝罪のプロ”を自任する東京謝罪センター所長、黒島譲だった。
そして、黒島の見事な“謝罪”でどうにか窮地を脱した典子は、そのまま黒島のアシスタントとして働くハメに。
やがて2人の前には、一筋縄ではいかない大小様々な難題を抱えた、ひと癖もふた癖もある依頼者たちが次々と現われるのだったが…。(allcinemaより)




謝罪の王様
うち的評価55点

わき毛ぼーぼー 自由の女神!

竹野内豊の娘役に井上真央てw
竹野内てそんな歳だっけ!?

ストーリーは小分けで6つ
その5つの話が上手く絡んでるあたりが、無意味に凝ってたりするw

1つ目は帰国子女役の井上真央がヤクザの車ボコして謝罪
2つ目はセクハラ岡田将生と被害者尾野真千子
3つ目は芸能人元夫婦(高橋克実と松雪泰子)の息子が一般人に暴行してどうこう
4つ目は国際弁護士竹野内豊が幼いころの娘井上真央をひっぱたいた事を謝罪したい話
5つ目はマンタン王国の話、文化の違いを面白おかしく
6つ目は主役演じる阿部サダヲの謝罪師になるまでの歴史


謝罪の王様
デリヘル読んじゃう岡田将生とか想像したらご褒美すぎてたまらんのだが!

いやあ、くだらないw
最大級の謝罪の表現が土下座
だけど、土下座が文化的に失礼に当たる、通用しない相手だったら?
「わき毛ぼーぼー自由の女神!」

謝罪の王様
いやあもう、何が言いたいのかサッパリわからない
妙に納得されてる自分がいたりして
明らかに映画に踊らされている
謝罪文化ニッポンを面白おかしくしちゃいました的な感じかと思ったらそうでもないw
こんな内容で映画化とかすごいなあと
しかも脚本はさすがクドカンって感じで上手いのがね
でも主演阿部サダヲの演技が無かったら見れたもんじゃないなという気もする
それにしても相変わらずキャストの豪華なこと!

謝罪の王様
エリカ様の「別に」騒動なんかは
あらゆる所でネタにされているのがすごいなあと
エリカ様ある意味美味しい

年々面白味が無くなってきてるというか
あまり期待することは無くなったクドカン映画
だけどやっぱりついつい観てしまう
どうこうやっぱ好きなんだろうなあと自覚してます
個人的に一番好きなのは「舞妓Haaaan!!!」
最新作の「土竜の唄」は原作とクドカンのイメージが繋がらないんだけど大丈夫・・・?

謝罪の王様
井上真央のパッツンは老けすぎ
化粧も悪いんだろうけど、無理矢理若く見せてる三十路の女に見えるw

ダンス
それにしても、ラストのダンスは何だろうか…プロモーション??
スポンサーのためとはいえ、あれはどうなんだろうか、、
ボリウッド(トインド)映画みたいじゃないかw
日本もこうやって曲を売る形になってきてんのか

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。