ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月光の囁き
愛を、ありがとう







月光の囁き(1999)

メディア:映画
上映時間:100分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(ピターズ・エンド)
初公開年月:1999/10/23
ジャンル:ロマンス/ドラマ/青春
映倫:R-15

人気ギャグ漫画家・喜国雅彦の初のシリアス漫画『月光の囁き』を映画化。
同じ剣道部に籍を置く高校生の日高拓也と北原紗月。
それまで、互いに好意を持ちつつ仲の良い友だちとして振舞っていたふたりだったが、ふとしたきっかけでようやく恋人に発展。
自転車二人乗りでの登校、図書室でのデートといった交際に喜びを感じていた紗月に対し、拓也はそうした普通の恋愛では満たされない想いがあった……。
マゾ的嗜好を持つ男とそれに嫌悪しつつも離れられない女の異色の青春ラブ・ストーリー。(allcinemaより)




月光の囁き
うち的評価55点

つぐみいいよねつぐみ
なんでMUTEKIっちゃったんだよお

さてこの映画
変態純愛映画でございました
なんで観たんだ、って問われると
とある雑誌でとある芸能人がこの作品の話をしていたわけです
つぐみの相手役がうらやましかったと
ならば観てみようじゃないかという次第


月光の囁き
すると変態映画ではないか
アンアンするつぐみの声がなんともわざとらしいのが萌える
付き合って間もなくしてすぐにセックスしちゃおうとする発情高校生
「自分で脱ぐ」といって全裸になったつぐみの横乳がたまらんったらありゃしない
相手役うらやまけしからん!!!
しょっぱなこんな素晴らしい横乳が拝められたものだから
これはこれはとおっぱい期待したものの
それ以降はおっぱい全くなく
下半身だけギシギシ動いてるだけという…
おっぱいの1つくらい出せやと叱りたくなった
いや叱った!!
乳首だせこの野郎!!

そんなあたいの怒りの感想はおいといて
映画的には確かに変態ではあった
少年日高(水橋研二)は普通の恋愛では満足しないど変態
北原(つぐみ)との初体験はそれほど興奮するものではなく
むしろ北原の小便する音を録音して聞く方がイク
そんな男だった

そしてその秘密はすぐに北原にばれてしまい
北原は怒り、先輩と接近してみたものの
ヤキモチ焼かないと言っちゃう日高に激おこし、ついには先輩とのセックスを日高に見せるプレイで悲しませようと策略する
ところが日高
「自分以外の人間に見せる顔も知りたい」と清々しい堂々たる変態っぷりを披露
それくらい君を愛している、ということか
なんて歪んだ変態の純愛なんだろう
バレてしまったら仕方がない、もう隠しませんよといった堂々さが素晴らしい
北原は北原で、そんな日高と絶縁するわけでもない
日高を従順な犬のように扱ってまるで女王様のよう

そしてラスト
先輩と普通の恋愛がしたいのに
日高の変態的なものに惹かれる自分もいて葛藤する北原は
「お前が死ねばいいんだ」と日高に崖から落ちるように命令
日高はそれに従い、崖から落ちた

日高が目を覚ましたのは病院のベッドで、左足にギブス、左目に包帯を巻いていた
「またきてくれたんだ」と日高が言った相手は北原で、何故か右目に眼帯をしていた
2人で1つの世界を一緒に見るかのように
「ギブスがとれたら海にいこう」2人は寄り添って景色を眺めた
谷崎潤一郎の痴人の愛
ナオミに溺れていく主人公が頭をよぎる、そんな話だった

変態だけれども純愛だ
そんな気がする


さて
エンディングはスピッツの「運命の人」
そういえば運命の人の歌詞って結構キテたよね
バスの揺れ方で人生の意味がわかった日曜日とか
愛はコンビニでも買えるとか
なんかこの歌詞好きだった
映画のこの二人と意外とぴったりな歌詞かも?w


てか
井上晴美おっぱい出せや
おっぱいに始まりおっぱいに終わる感想でございました


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。