ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パプリカ
夢が犯されていく──。







パプリカ(2006)

メディア:映画?Anime
上映時間:90分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月:2006/11/25
ジャンル:SF/ファンタジー/サスペンス

「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」の今敏監督が、筒井康隆の同名小説をアニメ映画化したSFサイコ・サスペンス。他人の夢に侵入できる最新のサイコセラピー機器を悪用して他人の精神を破壊する正体不明の敵に立ち向かう“夢探偵パプリカ”の活躍を、奔放な夢の中のイメージをふんだんに描き出す。
精神医療研究所に勤める美しきサイコ・セラピスト、千葉敦子。
彼女は、開発されたサイコセラピー機器を用いてクライアントの治療を行う極秘のセラピーを行うことがあった。
そんな時、彼女は少女の容貌を持った人格“パプリカ”となって他人の夢に入り込み、心の秘密を探り出していくのだった。
そんなある日、敦子の同僚で天才科学者の時田浩作が開発した画期的サイコセラピー機器“DCミニ”が盗まれる事件が発生する。
それは悪用されれば他人の人格をも破壊する危険があった。
そして、その不安は的中、所内に次々と犠牲者が出始める…。(allcinemaより)




パプリカ
うち的評価75点

千年女優のインパクト超えはなかったけれど
それでもやはり、この今敏監督が得意としている演出だからだろうか
千年女優と同じく、どんどんと絵が変化して視覚を刺激する鮮やかさがあまりに綺麗で楽しかった
今敏監督作品で一番鮮やかで色とりどりな作品ではないでしょうか
アニメだからこそできる演出がふんだんにあって、目で楽しめること間違いなし!




パプリカ
主人公敦子(パプリカ)
リアルはクールな女、そして夢の中ではハツラツ女子パプリカ
ここまで性格変わっちゃうのかってくらい真逆
一種のツンデレ的な要素もってるな敦子!

デブ専ではないはずなんですが
巨漢時田が可愛くてやばかった・・・
そんな時田が実は好きだった主人公敦子、見る目あるでアンタ!!!!


パプリカ
ハゲ上司の扱いがひどく、笑いどころにしていて
これも個人的にツボって大変だった



パプリカ
物語は「インセプション(2010年)」を彷彿とさせました
海外では評価の高い監督との事なので、何かしらの影響は与えているのかもしれません
一方で、黒澤明監督の「夢(1990年)」の印象も受けた
ただこの映画は狂気をひしひしと感じるわけですが
筒井康隆が原作ということなので、そう思うと随分見易く仕上げたなあと感心しました
うちにとって筒井康隆ってブラックってイメージが強かったりするのでw
アニメならではの演出で視聴者に楽しんでもらおうとしている感じがして
とてもエンターテイメント、アタクシこの作品楽しみました
つくづく、若くして亡くなった今敏監督が惜しい
そして映画館で観たかった、と悔みます



“夢か現か幻か”
信長が好きな言葉だったか、なぜかそんな言葉を思い出した映画でした

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





こんにちはー。

これ面白いですよねー。眼鏡の敦子がたまらないしw
原作もおもしろいですよ!
【2014/05/24 08:13】 URL | いち[ 編集]

いちさんお久しぶり~!!
原作読むべきか迷ったんだけど、お勧めなら読もうじゃないか!
図書館予約いれましょう!
今監督の鮮やかな映像がたまらなく好き
パターンはいつも同じなんだけど、流れるような映像はいつ見ても飽きないよ
本当、若くして亡くなって悲しいよ・・・

【2014/05/25 00:13】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。