ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パーフェクト ブルーパーフェクト ブルー
もう自分のことがわからない。
1秒前の私と今の私、どうして同じだとわかるの?







PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998)
Perfect Blue


メディア:映画Anime
上映時間:81分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(レックスエンタテインメント)
初公開年月:1998/02/28
ジャンル:サスペンス
映倫:R

キャラクター原案に江口寿史、大友克洋が企画に参加したサスペンス・アニメ。
謎の人物のストーキングに怯えるアイドルの恐怖を描く。
アニメで本格的な現代サスペンスに挑んだ意欲作であり、リアルな作画や狙われるアイドルの心理描写、そして画ではなく物語から恐怖を語った演出は目を見張るものがある。
声の出演に岩男潤子、松本梨香。
人気絶頂期にアイドル・グループから脱退し、女優に転身を図った美少女・未麻。
ある日、彼女のもとに熱狂的ファンらしい人物から脅迫めいたFAXが届く。
やがてその行為はエスカレートし、未麻は次第に身の危険を感じるが…。(allcinemaより)




パーフェクト ブルーパーフェクト ブルー
うち的評価80点

おそらく随分前に観ていた事に観ていて思い出した
どういうめぐりあわせで鑑賞したのか全く記憶がないのだけれど
映画館で「ブラック・スワン」を観た時
どこかで観たような内容だなあと思ったので家に帰ってネットで調べると
アニメがヒットした
その時は、そのアニメを自分が観ているとは思いもよらず
そのままスルーしてしまった
そして数年がたった今
この2つの記憶が合致した!ドーン!!

ブラックスワン、レクイエム・フォー・ドリーム(同監督)がこの映画とかぶるって話はもう有名すぎるね



パーフェクト ブルー
それにしても
アニメで本格的なサイコサスペンスとかスゴイ
アニメならではの演出もふんだんにあって
かつ今敏監督の得意技なんだろう、現実と幻想がどんどん入れ替わる演出はこの作品にもたっぷり



パーフェクト ブルー
アイドルが女優へ転向していくさまが何とも過激
ドラマの撮影でレイプシーン
アイドルのような格好をした主人公が、観客に集団レイプされる
相手役がミスして再度取り直し
過激に腰が動く表現が異様に長く、生々しい
泣き叫ぶ演技をする主人公は、ついに生気を無くし無反応となる
マネージャーのルミちゃんがボロボロ泣いた
アイドルが汚れ、死んでしまったとでも言いたいかのようなシーンだった

そして次はヘアヌード撮影へ
そこまでしないと注目浴びられない程度の認知度だったのか?
必死すぎないかと違和感
でも、よくよく考えるとこの1998年ってヘアヌード出すのは珍しくない時代?
アイドル絶頂期だった宮沢りえがヘアヌード写真集を出したのが1991年
そこから沢山の人がヘアヌード写真集を発売し、1997年に菅野美穂までヘアヌード写真集を発売した
アイドルがヘアを出す時代だったんですね
なんだか懐かしい

懐かしいといえば、Win95とかホームページ作成とか
時代を感じる小道具がチラホラ
なのに、全く古臭く感じないクオリティはスゴイ
これ、逆に実写化なんかしたらゴミるんだろうなと笑ってしまった


パーフェクト ブルー
やけに赤がポイントにされていたのが妙に気になって不安になった
扉が赤だったり
冷蔵庫が赤だったり
床が赤だったり
脚本が赤だったり
そしてマネージャールミちゃんの唇の赤
伏線、ですね
脚本・演出・そして絵
細部まで考えられているんだなあと驚くことばかり

ドラマの役と、実際の主人公の立場が同じでリンクしあって
現実なのか、夢なのか、それとも役なのか
混乱していくさまが秀逸

過激なシーンが比較的多いので
BD欲しいとはなかなか思えないのが申し訳ないw



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。