ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


47RONIN47RONIN
参戦せよ。






47RONIN(2013)
47 RONIN


メディア:映画
上映時間:121分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(東宝東和)
初公開年月:2013/12/06
ジャンル:アクション/ファンタジー/時代劇
映倫:G

ハリウッドが日本の古典復讐譚“忠臣蔵”をモチーフに、日米の豪華キャストの共演で描く異色の3Dアクション・ファンタジー・エンタテインメント大作。
主演に「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーヴス、共演に真田広之、浅野忠信、柴咲コウ、菊池凛子、赤西仁。
監督はCM業界で活躍し、本作が記念すべき長編デビューとなる新鋭カール・リンシュ。

将軍・徳川綱吉が治める鎖国時代の日本。
かつて赤穂藩藩主・浅野内匠頭に命を救われた混血の異人カイ。
浅野の娘ミカと心を通わつつも、浅野への忠義を誓い、領地の片隅で一人静かに暮らしていた。
そんな中、赤穂藩の追い落としを目論む隣国の藩主・吉良上野介は、謎の妖術使いミヅキと共に奸計を巡らせ、浅野に刃傷沙汰を起こさせてまんまとお家取り潰しに追い込むことに成功。
さらに浅野の忠臣・大石内蔵助はじめ家臣たちは浪人となり、四散してしまう。
一年後、大石は出島でオランダ人の奴隷となっていたカイを助け出すと、復讐への助太刀を要請する。
こうして大石率いるわずか47人の赤穂浪士は、ついに吉良への仇討ちへと立ち上がるのだったが…。(allcinemaより)




47RONIN
うち的評価60点

普通に面白かった
47roninではあっても忠臣蔵ではない…かなあ
忠臣蔵をモチーフにした別の世界の話みたいな感じ
開幕にある、森でつっぱしるデカイ獣を狩るシーンなんかは「もののけ姫か!」と思ったし
外国人が集まる出島はジョニデが今にも出てきそうなパイレーツだし
広大な土地を駆け巡り、背景に巨大な仏像があって中国チックな西遊記
天狗は山伏ではなく坊主だし
その天狗の棲む森は妖怪というより妖精が出てきそうなロードオブザリング
武士たちがまとう鎧は革のようで、中国かモンゴルか映画敦煌で見たようなデザインをしていた

まあ、なんでしょう
お堅い伝統的な忠臣蔵しか許さない人が観ると怒りがこみ上げるかもしれないけども、ファンタジー忠臣蔵だと思えば結構面白い出来だと思うの、決してゴミ映画ではない
テンポもいいし、戦闘シーンも見ごたえあります

47RONIN
特に真田広之
日本人のひいき目かもしれませんがぶっちゃけ主役キアヌより目立ってました
殺陣とか舞踊とかをしっかりやってる人だからなのかな
何やってもさまになっててカッコイイ
JAC出身ということもあって歳とった今でもキビキビ動くし無敵すぎる
キアヌが野性的なアクションだとすれば、真田広之は“さま”になるアクション
真田広之おいしすぎやろ~!



その他の共演者では
47RONIN
アメドラ「リベンジ」のタケダ役初代の真田広之(大石)と2代目ケイリー=ヒロユキ・タガワが共演してて吹いた
この顔よく見るよね


47RONIN
謎の妖術使いミヅキは菊地凛子
ノリノリで悪役を演じていてちょっとウケる
手の動きとかがギコチナイし雑なので、やっぱりダンスなり舞踊なりって必要だわって思った


47RONIN
赤西仁はほとんど台詞がないからか演技が「見れた」のは皮肉?
いやなんかこの人の演技ってチャラいというか軽いというか、時代劇できるのかって疑問だったのよね

共演者はこれくらいかな、気になったのは
ストーリーの方が気になることがイッパイw
天狗から手に入れた刀の特徴がよくわからんのだけれど、もしかしてただの刀?w
天狗、ありがたくねぇぇー



まあ、なんにせよ
城に侵入するシーンは結構面白かったので
観て損はしない作品だと思います

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。