ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖☆おにいさん聖☆おにいさん
神も仏も、ここにいる。









聖☆おにいさん(2013)

メディア:映画Anime
上映時間:90分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(東宝映像事業部)
初公開年月:2013/05/10
ジャンル:コメディ
映倫:G

『荒川アンダー ザ ブリッジ』でも知られる人気ギャグ漫画家・中村光が、東京の立川でなぜか2人一緒にバカンスを過ごす“聖人”コンビ、イエスとブッダを主人公に、彼らが下界で繰り広げる生活感あふれる日常の日々を究極のカルチャー・ギャップとそれぞれの宗教や逸話にまつわる小ネタギャグを織り交ぜ、ほのぼのとしたタッチで綴った同名大ヒット・コミックスをアニメ映画化。
声の出演はイエス役に「モテキ」の森山未來、ブッダ役にミュージシャンとしても活躍する星野源。
監督はTVアニメ「THE IDOLM@STER アイドルマスター」でシリーズ演出を務めた高雄統子。

お笑い好きで無計画な浪費家のイエスとお金に厳しく慎重派のブッダ。
世紀末を無事に超えた2人は、立川のアパートをシェアして下界のバカンスを満喫中。
地元商店街の人々との交流を通じて様々な風習や文化に触れ、庶民の生活と日本の四季を堪能していた。
しかし、お忍びで下界に来ている2人は、大家の松田さんにニート疑惑を持たれたり、油断しているとすぐに奇跡を起こしてしまったりと、そのほのぼのライフにはスリルとワンダーが詰まっていた。(allcinemaより)




聖☆おにいさん
うち的評価60点

シュワキマセリ~
シュワキマッセリ~♪



聖☆おにいさん
やっと借りられた
原作ファンには厳しい評価のようです
うちも全部ではないですが原作読んでる
うちはなかなか面白く観れました
漫画同様に、二人の聖人ブッダとイエスのほのぼのした展開にふふっとニッコリ
原作に結構忠実なんじゃないかなって思います
雰囲気も、世界観も、キャラも
そのため、映画にするほどの迫力も展開も無く不満が残る人もいそうだなと

聖☆おにいさん
それにしても本当によく勉強してるなあと関心させられる作品です
自分は仏教美術が好きで仏教を多少大学で勉強した身なので多少元ネタがわかる
そのたびに「うまいなあ」と関心します
映画にはなかったんですが、原作で天上天下唯我独尊のネタが一番唸ったのを一番覚えてます
みんな尊い(平等)って意味なんだよね、とイエスが言うんですが
そのままの意味なんだよ、あの時は中二病で…とブッダ
そうなんだよね、あれってそのまんま「おれがこの世で一番スゲイ!」の意味
シルクロードを通って日本についたころには解釈が「平等」に変わっちゃった
それを「中二病」で落すやり方に感心したなあ

キリスト教の事はほとんどわからないので
笑える小ネタをスルーしちゃって損しているんだろうなと・・・
でもしょっぱなあるジョニデに似てるって言われてはしゃぐイエスに鼻出た(キリスト教関係ない)



聖☆おにいさん
さて原作話はおいといて
映画です
映画の小ネタは代表的な元ネタばかりをピックアップしてあって、大体みんな理解できる仕上がり
そして主演声優の森山未來と星野源が思いのほか良かった!
まあでも映画館で観なくてもいい作品でもあるw
まったりしたいとき
やさぐれてるときに観ると丁度いいかも
映画じゃなくて15分の短編でいいからアニメ放送でやって欲しかったな



ああ、あのTシャツが欲しい

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。