ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
世界は<ギリシャ神話>に飲み込まれる










パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海(2013)
PERCY JACKSON: SEA OF MONSTERS


メディア:映画
上映時間:106分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(FOX)
初公開年月:2013/11/01
ジャンル:アドベンチャー/ファンタジー
映倫:G

ギリシャ神話の“海の神”ポセイドンと人間との間に生まれた半神半人(ハーフゴッド)の少年パーシー・ジャクソンが、現代のアメリカとギリシャ神話の世界を股にかけて活躍するリック・リオーダンのベストセラー・ファンタジー・シリーズの実写映画化第2弾。
主演は引き続きローガン・ラーマン。
共演にアレクサンドラ・ダダリオ、ブランドン・T・ジャクソン。
監督は「グレッグのダメ日記」のトール・フロイデンタール。

ポセイドンと人間のハーフゴッドであるパーシーは、他のハーフゴッドの仲間たちと修行に励む日々。
そんなある日、ハーフ訓練所を結界で守っていた大木が枯れ始め、ハーフゴッドたちに危機が迫る。
木を再生し結界を修復するためには、“黄金の毛皮”が必要だった。
そこで、仲間たちとともに黄金の毛皮を求めて危険な“魔の海”へと旅立つパーシーだったが…。(allcinemaより)




パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
うち的評価50点

ふなっしーの声優演技見たさについ
ふなっしーはふなっしーでした
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
なっしー!




さて作品
これって続編なんですね
初見でした
初見で知識ゼロでしたが普通に観れました

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
子供向き映画のようで、とても優しい仕上がり
子供たちは大満足の映画ではないだろうか
結構派手だしCGもふんだんに使われていて迫力もある
メッセージ性もわかりやすい
一つ目キクロプスとポセイドンのハーフゴッド少年タイソンが切ない
見た目がみんなと違うことで、恐れられて逃げられていつもひとりぼっち
もともと1つ目は強暴なキクロプスだからってのもあるようで
よくもまあ、タイソン性格歪まなかったねと逆に褒めてやりたいわ
おまけ映像にあったタイソン物語アニメ版もよかった
しかし
うちも含めてゴッド(神様)ってのはストライクゾーン広いんだなあと思った人もいるでしょう
だけど見た目で判断するな、ってこの映画は言ってるんです
神様は見た目で判断せずキクロプスのお嬢さんと子作りしたよってことね
神様はやっぱりスゴイ!


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海
アナベスの顔どこかで観たと思って調べたらホワイトカラーの主役の彼女役してた
飛行機で爆破して行方不明(死んだかも不明)の方の
となると結構歳食ってるぞ
若く見えるテクと女優魂に拍手

子供向きのファンタジー映画だと
ナルニア、ライラあたりが好き
(ハリポタってなにげ大人向きだよね)


それにしても
この程度の映画に宣伝費おもいっきり使ってたみたいだけど
効果はあったんだろうかw
宣伝費の割に内容つまらないと思うんだけど…まだ続く気みたいだよね

ダレン・シャン映画作りなおしてくれないかなあ
あれ小説はまじ面白いんだよね
ハリポタに並ぶ人気小説
だけど映画はひどかった…




梨汁ブシャァァ!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。