ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MIDNIGHT IN PARISMIDNIGHT IN PARIS
真夜中のパリに
魔法がかかる








ミッドナイト・イン・パリ(2011)
MIDNIGHT IN PARIS


メディア:映画
上映時間:94分
製作国:スペイン/アメリカ
公開情報:劇場公開(ロングライド)
初公開年月:2012/05/26
ジャンル:コメディ/ファンタジー/ロマンス
映倫:G

本国アメリカではウディ・アレン監督作としては最大ヒットとなったチャーミングなファンタジー・コメディ。
作家志望のアメリカ人男性が、ひょんなことからヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソといった伝説の作家や芸術家たちが集う憧れの1920年代パリに迷い込み、幻想的で魅惑的な時間を過ごすさまを、ノスタルジックかつロマンティックに綴る。
主演は「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のオーウェン・ウィルソン。
共演にレイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、キャシー・ベイツ。
また、フランス大統領夫人カーラ・ブルーニの出演も話題に。
アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされ、みごとオリジナル脚本賞を受賞。

ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギル。
しかし、脚本の仕事はお金にはなるが満足感は得られず、早く本格的な小説家に転身したいと処女小説の執筆に悪戦苦闘中。
そんな彼は、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗して憧れの地パリを訪れ、胸躍らせる。
ところが、スノッブで何かと鼻につくイネズの男友達ポールの出現に興をそがれ、ひとり真夜中のパリを彷徨うことに。
するとそこに一台のクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに乗り込むギル。
そして辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい社交クラブ。
彼はそこでフィッツジェラルド夫妻やジャン・コクトー、ヘミングウェイといった今は亡き偉人たちを紹介され、自分が1920年代のパリに迷い込んでしまったことを知るのだった。
やがてはピカソの愛人アドリアナと出逢い、惹かれ合っていくギルだが…。(allcinemaより)




MIDNIGHT IN PARISMIDNIGHT IN PARIS
うち的評価80点

ウディ作品にしてはなんてわかりやすい映画だろう
しかもちょっと素敵なファンタジー仕様
ウディ作品の「カイロの紫のバラ」という映画は好きだったんですが
それに雰囲気が似ている気がした
もともとウディ作品はちょっと苦手なんですけれども、これはスキ


MIDNIGHT IN PARIS
モネの睡蓮で有名な場所をバックにしてたりと目でも楽しめます

わかりやすい
つまり物語は普通で目新しいものはないですが
舞台はパリ
ロマンチックな建築物やら美術品やら町並みやらをそれは魅力的に映像にしております
パリって素敵~ってなります
まあ、実際行くと汚いわ治安悪いわでゲンナリするんですけれども
さすがウディの手腕といったところで
美化フィルターがかかっていて、それはもう素敵だわパリ!!!って感じ
京都を舞台にしたサスペンスドラマもそうですが
観た目の良い場所だけを映すので、ここからここは距離的に不可能だろって地元民は思うんですが
パリっ子もそうなのかな


MIDNIGHT IN PARIS
華麗なるギャッツビー」の著者F・スコット・フィッツジェラルド
その妻「ワルツは私と」のゼルダ・セイヤー

そして芸術の都・華のパリ
有名人オンパレードで興奮しちゃった
とはいえ、本当に有名な人しか一瞬でわからなかったんで
名前が出るたびWikiって調べるわけです
するとやっぱり有名人で「ああ、この作品の人か!」と興奮するんですよ
名前は知らないけど見たことある的なテンコモリ
こんな大物たちが同時代にパリにいたのかとマジ驚愕よ?
とんでもない時代なんだな1920年代のパリってのは!
ムーランルージュ!!


MIDNIGHT IN PARIS
ダリ!!

だけれどもこの映画が言いたいのは黄金時代万歳ではなくて
過去に生きていた巨匠たちも愚痴るんです
今はつまらないと
そして彼らが思う、さらに過去の黄金時代を羨むんです
現代2010年代に生きる主人公の黄金時代は、ピカソやらヘミングウェイが生きる1920年代
1920年代にいきるアドリアナが羨む黄金時代は、ベルエポック1890年代
1890年代に生きる巨匠が羨む時代はルネサンス時代
「昔は良かった」ってやつですね
でも、主人公は気付いてしまった
無い物ねだりなんだって
昔がどんなに憧れても、それはそれで不便なんだって
麻酔はないし、抗生物質だってない
昔に憧れる程度でちょうどいいのだと
そして現代に戻った主人公は、今夜は1920年代に行かず
婚約者とも別れて現代のパリで生活することを決心する
趣味の合いそうなパリジェンヌと知り合ったしね
でTHE END
アッサリ風味ですが素敵なラストだと思います
いつ死んでもおかしくない年齢のじーちゃんウディ監督
未だにこんなに素敵な映画が撮れるとかすげー感性

MIDNIGHT IN PARIS
ヘミングウェイ!!

そしてウディ映画のウリでもある皮肉も健在
シッタカインテリ男はわかりやすい皮肉だけど
なにげ主人公の婚約者もうちのもってるアメリカ女像だったので笑ってしまった
知人に誘われたらそれにのらないと失礼だとか、めんどくせーったらありゃしないw
恋人が楽しみにしていたパリ旅行で、知人とばかりつるんでどうすんだ
恋人が二人で過ごしたい事を匂わせ断ろうとすると、あんな失礼な態度と怒り出すあたりが
映画やアメドラでよく見るシチュエーション
アメリカなんぞ人生で1度しか行ったことはないけれど、これがうちのアメリカ女像

MIDNIGHT IN PARIS
サルコジ・フランス大統領夫人カーラ・ブルーニさんも出演

最後に
うちの黄金時代っていつだろう
世間的には「3丁目の夕日」がヒットしたし昭和初期が黄金時代なのかな
でもあまりピンとこないんだよね
うちは京都人なんですが、犬の散歩でフラフラ壬生あたりを歩いてると
ふと思うんですよね
つい150年前、この道を侍やら浪人やらが歩いてたんだな
当時の京都って有名人とかウジャウジャいたんだよなって
でもその時代に行きたいかと言われたら御免だわw
大正ロマン時代とか
あとは北斎が活躍した1800年代もいいなあ
当時活躍した画家の絵をいっぱい見たい

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。