ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじまりのみち
人生に立ち止まった時、ひとは、愛を知る







はじまりのみち(2013)

メディア:映画
上映時間:96分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(松竹)
初公開年月:2013/06/01
ジャンル:ドラマ/伝記
映倫:G

大ヒット・アニメ「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」の原恵一監督が、「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」などで知られる日本映画史を代表する名匠・木下惠介監督の若き日の感動秘話を基に、自身初の実写作品に挑戦したヒューマン・ドラマ。
木下惠介生誕100年記念映画。
戦時中、軍部に睨まれ松竹を一時離れるきっかけとなった「陸軍」を巡る製作秘話を背景に、病に倒れた母を疎開させようとリヤカーに乗せて山越えに挑む過酷な道行きを、母と子の絆を軸に感動的に描き出す。
主演は「それでもボクはやってない」「アウトレイジ」の加瀬亮、共演に田中裕子、ユースケ・サンタマリア、濱田岳。

太平洋戦争下の日本。
血気盛んな青年監督木下惠介が身を置く映画界では、政府から戦意高揚の国策映画の製作が求められていた。
そんな中、彼が1944年に監督した「陸軍」は、内容が女々しいと当局の不興を買い、以後の映画製作が出来なくなってしまう。
夢破れた惠介は松竹に辞表を提出し、失意のうちに郷里の浜松へと戻る。
最愛の母は病気で倒れ、療養を続けていた。
しかし戦局が悪化する中、惠介は母をより安全な山間の村へと疎開させることを決意する。
彼は病身の母と身の回りの品を2台のリヤカーに乗せると、兄と雇った“便利屋さん”と3人で力を合わせ、過酷な山越えに向かって歩みを進めるのだったが…。(allcinemaより)




はじまりのみち
うち的評価55点

辛気臭い映画かと思ったら
意外とほっこり人情映画だった
木下惠介監督の作品を1つも観ていないので新鮮だった
24の瞳の監督なんだね
こっそり宮崎あおいちゃんが通りすがりの先生役やってて気付いたよ
観てないんだよなあ

そうなんです
本軸の物語から、通りすがりだったり風景だったり
そこから木下監督の作品をひっぱりだしてくる手法です
木下監督のライブラリー劇場って感じ?


主人公である木下恵介と、その兄ちゃん、気の合わない便利屋と、母ちゃんの4人で峠を越える過程
長い道のりで次第に深まる仲
便利屋の兄ちゃんは、唯一の部外者
だからこそ、一般人の目線を持っていて
戦争で諦めた夢や熱意に火を付けてくれた
救ってくれた
そして家族はずっと応援してくれていたことを素直に認めた
家族だからこそ、素直に聞けないこともある
「夢を叶えたんじゃないか」
「この日本に夢なんかない」
部外者の、名前すら出てこない「便利屋」の存在がなんて大きい
濱田岳め、おいしい役をゲットしおってからに!


はじまりのみち
木下監督の実際の映画を途中途中に出して
ストーリーが進むんだけれど、それが上手いんだよね
てかむしろ
木下監督の映画のほうがもっとみたいな、という気分になった
とくに「陸軍」
観てみたくなったよ


戦争のドキュメントとか本とか
よくお母さんに宛てた手紙や
「おかーさーん!」と叫びながら突撃するシーンがありますよね
いつもお母さん(お父さん涙目)
この映画も、母は特別な存在として演出されています
じーんとくるんだけど
だけどどこか
くれよんしんちゃん映画版にある雰囲気が漂ってて
実写でもやっぱり出るんだなーと、ふふっとしてしまったw
しんちゃんおそるべし…!



自分の息子に「立派に死んでこい」なんて言う母親なんかいない

中国と韓国、両国と仲がよろしくない今日この頃
戦争は起きないだろうとは思ってるけど
まあ、何が起きるかはわかりませんものね
ただ言えることは
韓国も中国も大っ嫌いだー!(台無し)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。