ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真夏の方程式
解いてはいけない、
愛が閉じ込めた謎。







真夏の方程式(2013)

メディア:映画
上映時間:129分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(東宝)
初公開年月:2013/06/29
ジャンル:ミステリー/サスペンス
映倫:G

変わり者の天才物理学者・湯川学が難事件を解決する東野圭吾の人気ミステリー・シリーズを福山雅治主演でTVドラマ化した「ガリレオ」シリーズの「容疑者Xの献身」に続く劇場版第2弾。
開発計画に揺れる小さな海辺の町を舞台に、湯川が挑む殺人事件に隠された悲しい秘密と切ない人間模様をエモーショナルに綴る。
共演は吉高由里子、北村一輝のテレビ版第2シーズンのレギュラー組に加え、杏、山崎光、風吹ジュン、前田吟。
監督は「容疑者Xの献身」「アンダルシア 女神の報復」の西谷弘。

風光明媚で普段は静かな海辺の町、玻璃ヶ浦。
しかし今は、海底鉱物資源の開発を巡り、賛成派と反対派が激しい対立を繰り広げていた。
湯川はそんな玻璃ヶ浦で開かれる地元説明会にアドバイザーとして招かれ、川畑夫妻とその一人娘、成実が営む小さな旅館“緑岩荘”に滞在することに。
彼はそこで、親の都合で夏休みの間だけ親戚の川畑家に預けられていた少年、恭平と出会う。
子ども嫌いの湯川だったが、恭平とは不器用ながらも心を通わせていく。
そんな中、緑岩荘の宿泊客で、16年前にこの町で起きた殺人事件の捜査を担当した元警視庁の刑事、塚原の変死体が海岸で発見される。
連絡を受け現地に入った捜査一課の岸谷美砂は、運良く居合わせた湯川にダメもとで協力を依頼するが…。(allcinemaより)




真夏の方程式
うち的評価60点


個人的には気楽でネタ風味のドラマ版が好きなんですが
映画版は大真面目
変人湯川教授はいない
前作の「容疑者Xの献身」は脇役が際立っていて湯川教授こそが脇役になっていた映画でしたが
今回の「真夏の方程式」は湯川教授が主役
謎解きもさほど複雑といった感じでもなく
俳優陣もさほど名演技というわけでもなく
地味といった印象が強い
だけれども
話の流れがスムーズで、大真面目なサスペンスでしかも2時間超えの作品なのに観ていて苦を感じなかった
こういうのを力量って言うんだろうなと
回想シーンの多さ・長さには多少ゲンナリしますがw


子供
子供嫌いの湯川教授が
子供に付き合って科学の魅力を教えるシーンは心がほっこりします
こんな風とまではいかなくても
楽しいんだよ、と魅力を教えてくれる先生に出会えたなら…と大人ながらに思った

まあ
うちはやっぱりTV版ガリレオのような
変人湯川教授が好きなので、アホっぽいノリで気楽に観たいかな
映画的には前作が好き



福山はやっぱりカッコイイなあ
スタイルもいい
長身で顔が整っててスタイルもいいとか…


杏ちゃん
杏ちゃんが役通りに日焼けしていたのは女優魂を感じて好感度アップ!







テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。