ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さんかく
好きになるのは、カンタン。
好きでいるのは、ムズカシイ。







さんかく(2010)

メディア:映画
上映時間:99分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(日活)
初公開年月:2010/06/26
ジャンル:ドラマ/ロマンス/コメディ
映倫:G

「机のなかみ」「純喫茶磯辺」の吉田恵輔監督が、ひょんなことからそれぞれの想いがすれ違い、愛情の形が歪み始める3人の男女の奇妙な三角関係の行方を描いた恋愛ストーリー。
出演は、中学生の女の子に入れ上げる30歳のダメ男に「ROOKIES -卒業-」の高岡蒼甫、無自覚に姉の同棲相手を翻弄する小悪魔系美少女中学生にAKB48の小野恵令奈、そして恋人の心をつなぎとめようと必死になる29歳の姉に「ハッピーフライト」の田畑智子。

30歳の百瀬と29歳の佳代は同棲して2年のカップル。
百瀬一筋の佳代に対し、2人の関係にマンネリ感を抱き始めていた百瀬。
そんなある日、2人のもとに佳代の妹で中学3年生の桃がやって来て、夏休みのあいだ一緒に暮らすことに。
下着同然の無防備な姿を平気でさらし、かわいい仕草でなれなれしく接してくる桃に、年甲斐もなくのぼせあがってしまう百瀬。
いっぽう佳代は、百瀬の心が自分から離れていくことに不満と不安を募らせていた。
そんな中、夏休みが終わり桃が実家に帰る頃には、彼女への想いが抑えがたくなってしまう百瀬だったが…。(allcinemaより)




さんかく
うち的評価55点


高岡まじうぜーw
もとより高岡の顔があまり好きではないので、ウザさが倍増
宮崎あおいの元旦那で、韓国ディスってほされた俳優
高岡は好きではなかったけど韓国を堂々とディスったのは評価
嫌いな顔だけど応援しております(ホサれて俳優業辞めたようなもんらしいけど)
韓国を否定することはタブーになってるような日本の芸能界、マジ異常

そんなことより映画ね
周囲の人間に白い目で見られているのにも気付かず大物ぶってる高岡のウザさ
田畑智子のすがるような必死さ
独特な無邪気さで男を誘惑する小野恵令奈
お見事としか言いようがない
絶妙な俳優を選んだな
3人ともうぜーったらありゃしないw
キャラの特徴もあっていい3巴になってた


でもさ
結局被害が無かったのは小野恵令奈演じる桃だけ
百田は物損激しいわ、高校男子に投げ飛ばされて弱いわ
佳代は、百田の気持ちが離れていくのを肌で感じて精神不安定になってストーカー染みた事してリスカ行為
だけど桃だけは特になにもなく平然と暮らす
しかもちゃっかり即効高校の彼氏作っちゃってたし
恋多き小悪魔だよホント
あー、ああいう子いたわ…



高岡蒼甫
百田は30過ぎてるのに15歳の少女に舞い上がっちゃった
15歳の少女からしたら働いている人間は全て金持ちに見えるし大人なのに
それをすっかり忘れて、それを尊敬されてるとか憧れちゃってるとか勘違いしちゃって
1度のキスですべてが見えなくなっちゃった
何歳になっても男にはそういう気の迷いというのはあるのだろう
最後の最後まで往生際が悪かったのはこの男
15の少女の実家まで行っちゃう気持ち悪さ
そして高校生にボコられ「子供だもん」「おっさんきめえ」と言われてやっと我にかえる
そして佳代に復縁を求めようとして桃の彼氏(高校生)に威嚇されてタイミングを失う
格好悪すぎて情けないw
南無



田畑智子
一方、30歳目前で捨てられそうになる佳代はそりゃ必死
なんでもすがっちゃうし
誠実に世話して尽くしたら戻ってくるって信じたくて仕方がない
居心地の良さでアプローチ
ストーカーになってしまう
ちょっと不満なことがあったら「別れましょ」
女の悪い癖
そうやって女は男の愛情の度合を計るんだよね
反対する=別れたくない=まだ好き
女って面倒臭いね
リスカなのか自殺未遂なのかわからないけれど
そこで佳代はブレーキが効き、実家に戻って落ち着きを取り戻す
百田が復縁をもちかけようとした際、妹彼氏が百田に威嚇、一瞬驚いたような表情したものの微笑む
この微笑みの意味はなんだろうか
あ、まさかまだ気付いていない…?
そら悪徳商法に抱き込まれるだけある基本脳内お花畑の女

場都が悪そうな顔をしている百田と、微笑む佳代
結局似た者同士だわこの二人
この二人がどうなったかは語られていないけれど
まあ多分、佳代の性格から予想して復縁するのだろうと予想
自分は嫌だけどね!!

小野恵令奈
一方桃は最後まで無邪気のまま
何も被害がないようで
それは柔軟性のある10代だからなんだろう
恋多き桃の演出は妙にエロかった
そして、勉強になると思う

無邪気さや子供を武器にして男を誘う
肌の露出が多い服装でゴロゴロするのは当たり前
髪の毛に焼肉の匂いがついたか確かめるために髪の毛を匂わせようと顔を近付ける
怒る姉に「ヒステリックやだねー」と同調を求めて笑う
狭い家でトイレのおしっこの音を隠さない
そして基本的な事
それは男をたてるという行為
話を聞いてあげる
男の趣味を褒める
百田の悪趣味な車の趣味も、他人に偉そうにする態度や自称武勇伝をニコニコ聞いてあげている桃の姿は素晴らしい
小悪魔はそれなりの理由がある

それが良いか悪いかって事じゃなくて
姉の佳代に「あんな男やめなよ、お姉ちゃんならもっといい男いるよ」と言います
彼氏である高校生にボコられる百田に「弱い人相手にやめなよ、可哀想だよ」と百田侮辱の助け舟を出します
あれだけ俺つええを自称していた百田、情けないったらありゃしない
高校の先輩の、東京来たら声掛けてという表向きの言葉を素直に信じて実行した桃
現実は先輩にドンビキされてたわけだけど、それでもめげない桃
次をみつけたらいいのさ!
思うに、桃は小悪魔的存在だけれども素直な子なんだろう
たとえそれが相手を傷付ける言葉であろうとも
本心がそのまま口に、行動に表れる子なのだろう
映画の桃はどうも憎めない子だった
こんなヤツが実際身近にいたら断固拒絶だけどね


3人のさんかく
なかなか良いキャスティングで楽しめました

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。