ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月とキャベツ
どれ程の痛みなら、もう一度あなたに逢えるの。







月とキャベツ(1996)

メディア:映画
上映時間:100分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(エース ピクチャーズ=シネセゾン)
初公開年月:1996/12/21
ジャンル:ロマンス/ドラマ

個性派ミュージシャン山崎まさよしが映画初主演した異色ラブ・ストーリー。
なぜか曲が書けなくなり隠遁生活を送るミュージシャンが、突然押しかけてきたひとりの少女との共同生活を通して新たな曲を生み出すまでをファンタジックに描く。
監督は「草の上の仕事」の篠原哲雄。

バンドを解散し独立したとたん、歌が作れなくなったミュージシャン花火。
いまは、人里離れた田舎でキャベツ栽培に明け暮れていた。
そんなある日、彼のもとにヒバナと名乗る少女が現われ、そのまま居ついてしまうのだった。
ダンサー志望のヒバナは花火の曲で踊りたいと言い出す。
はじめは戸惑うばかりの花火だったが、いつしか天真爛漫なヒバナの存在に刺激を受け、ついに曲作りを再開するのだった。(allcinemaより)




月とキャベツ
うち的評価55点

One more time,One more chanceといえば、うちにとっては秒速なんですが
それにしても山崎まさよしって色気あるのね!
迫力のある歌声なのに曲はなんとも切なくて
演技力はおいといて、むしろ彼の色気が勝って気にならない


月とキャベツ
でも、映画としてはどうなんだろう
ありきたりっちゃありきたり
あまりにも花火(山崎まさよし)のファンすぎて化けて出てきたって話なんだけど
それくらいで化けてでてこれちゃうようなら
そこらじゅうお化けだらけの世界じゃないのかと思ったりして
それにしたってなんでキャベツ作ってんのか
てかキャベツオンリーなの?w
キャベツならミュージシャン上がりの素人でも簡単に作れるから?w(作ったこと無いけど)
いやまあでも
キャベツは美味しいけどね


月とキャベツ
ヒロインの少女がまだあどけないんだよね
細いから尚更少女ってかんじ
だからラストのキスシーンにはおぞましく感じた(すまん)
今では山崎まさよしは40過ぎたオッサンだけど
この映画当時はまだ24歳、ヒロインは18歳
全然余裕なんだよね
でも山崎まさよしって恐ろしいわ
今と当時とほとんど変わってないんだもの!
だからこそおぞましく感じてしまった
今と変わらないものだから、40過ぎたオッサンにしか見えずw
まさよし、恐ろしい子…!





そういえば山崎まさよしが9条について意味不明な発言してたな(山崎まさよし、憲法9条を歌う
何度読んでも何言ってんのかわからなかったw
ミュージシャンは政治について語っちゃいけない気ガスw

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。