ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HITCHCOCKHITCHCOCK
神と呼ばれた男、神を創った女。








ヒッチコック(2012)
HITCHCOCK


メディア:映画
上映時間:99分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(FOX)
初公開年月:2013/04/05
ジャンル:ドラマ/伝記
映倫:G

巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔「サイコ」の波乱に富んだ誕生秘話を名優アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンの共演で再現した伝記ドラマ。
困難を極めた製作の舞台裏を、監督である夫を影で叱咤し支え続けた妻アルマとの知られざる夫婦の愛憎物語を軸に描き出す。
原作はスティーヴン・レベロの『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』。
共演はスカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ジェシカ・ビール、ジェームズ・ダーシー。
監督はドキュメンタリー「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」のサーシャ・ガヴァシ。
劇映画はこれが初めてとなる。

1959年。
新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。
やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化を決意する。
しかし、優秀な映画編集者にして脚本家でもある妻アルマはこの企画に懐疑的。
案の定、その陰惨な内容に映画会社は二の足を踏み、出資を拒否する。
それでも諦めないヒッチコックは、ついに自宅を担保に自己資金での製作に乗り出す。
そんな夫の熱意の前に、アルマもこれまで同様のサポートをしていくが…。(allcinemaより)




HITCHCOCKHITCHCOCK
うち的評価70点


ヒッチコックファンの自分にとっては興味深々だった
サイコの裏話
最高の環境で作られた作品じゃなかったんだね
自分の財産をかけて作った
だからこそ
映画を作り始めた当初を思い出す環境
低予算で
アイデアを絞りだす
ドキドキする
60を過ぎたヒッチコックが輝いている
そんなヒッチの裏には妻の支えがあったからこそだった
妻が違う方向に向いた途端
ヒッチは不安定になる
足元が揺らぐ

天才が天才として世間に認められるには
天才を支える周囲の人間がいてからこそなんだね

スカーレット・ヨハンソン
シャワーシーンだけど
本物サイコよりドキドキしたぜ…!
スカーレットの豊満なおっぱいが見えないかとガン見だぜ…!!
サイコ
☆(ゝω・)vキャピ




スカーレット・ヨハンソン
それにしたってスカーレット・ヨハンソン
60年代のブロンド女優の貫禄がちょっと足りない
上品さ、というかなんというか
あの時代の女優って神々しい美しさがあるよね

それにしても女性脇役陣たち
秘書役といい豪華だなあw



この映画の魅力は
サイコの裏話もそうなんだけど
個人的にはヒッチの萌え要素がイチオシ

観客の反応が知りたくてそわそわしているヒッチコックが萌えすぎる
サイコの名シーン
シャワーシーンとあの独特な音楽にあわせて観客が叫ぶ
観客の叫び声が嬉しいのか、ヒッチは指揮者のように腕を振り回す動作が可愛すぎる


特殊メイク
ヒッチコックを演じたアンソニー・ホプキンスには驚いた
以前見た、恋のロンドン狂騒曲で見たアンソニーはおじいちゃんのくせに筋肉ムキムキだったんだが!?
特殊メイクとはいえ驚いた
体型だけじゃない
つったってるだけのあの姿、歩き方、仕草、そしてあのへの字のしかめっ面
あーそんなんだったそんなんだった!



個人的にはサイコの次の作品である鳥のほうが好き
あとは裏窓
グレースケリーのハンパない美しさがやばい
あとはレベッカ
メイドが怖いったらありゃしない
畜生、ヒッチコック作品が観たくなるなあ!


別作品に、ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女 がある
それはヒッチが映画鳥の主演に抜擢した女優に執着しすぎて崩壊していく様を描いた映画なんだけれど
この映画ヒッチコックが「妻と共に」といった前向きなハッピーエンドで〆てあるだけに
少し悲しくなったのはうちだけじゃあるまい
DVD鳥にはメイキングもついてるんだけど、確かになんか異様に感じたのを覚えている
ヒッチの金髪女優への異常な執着心は有名ですね


そんなヒッチの異常性は、この映画でもやんわり演出されてました
観察力が鋭いということが同時に表現されてますが
それゆえに
観察されている女性からすれば恐怖

ヒッチに気に入られていた女優の1人ヴェラ・マイルズ(ジェシカ・ビール)
衣裳から、下着までヒッチが用意していることにうんざりしているシーン
華やかな女優の道ではなく、主婦の道へ行くことを選ぶ彼女は
サイコの主演を演じることになったジャネット・リー(スカーレット・ヨハンソン)に警告する…
天才となんとかは紙一重ってやつか


愛らしい
ラストの音楽がサイコではなくて
ヒッチコック劇場をつかったところもまた良かった
ヒッチコックのあの横姿萌え~



オスカーがナンボのもんじゃーい!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。