ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


fishstoryfishstory
きっと、つながる







フィッシュストーリー(2009)

メディア:映画
上映時間:112分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(ショウゲート)
初公開年月:2009/03/20
ジャンル:ドラマ

人気作家・伊坂幸太郎の同名短編を、
「アヒルと鴨のコインロッカー」に続いて中村義洋監督が映画化した爽快ファンタジック・ヒューマン・ストーリー。
発売当時誰にも見向きもされなかった1つの曲が、巡り巡って地球滅亡の危機を救う、という奇想天外な物語を、一見関連のなさそうな複数のエピソードで紡いでいくひねりの利いた構成で鮮やかに描き出す。(allcinemaより)

2012年。
彗星の衝突まであと5時間と迫った地球。
世界の終わりを目前に、いつもと変わらぬ様子のレコード店。
そこに流れていた曲は『FISH STORY』。
それは、1975年、あまりにも早すぎたばかりに全く売れぬまま姿を消していったパンクバンド“逆鱗”がレコーディングした最後の1曲だったのだが…。(allcinemaより)




fishstory
うち的評価65点

因果ってこんな感じなのかな
時代が違う4つの物語が、1つに繋がる
①イギリスのバンド、セックス・ピストルズが誕生する前の世代、まだ世間には知られていないパンクバンドというジャンルで頑張るバンド「逆鱗」の話
②それから数年後、ロックバンド「逆鱗」の曲はよく聴くと…といったオカルト的噂話となった世代、大学のコンパで「正義の味方」と予言される話
③さらに数年後、「正義の味方になれ」と父親に育てられた青年が、ハイジャックに遭遇し撃退する話
④そして現代、彗星衝突寸前にインドの宇宙飛行士が最後のチャンスに賭けて…


fishstory
予算が少なかったんだろうかw
なんとなくテンポが悪いような、でも面白いような
長々映像を観せてくるなと思っていたらヲチなしとかチョットチョット!?
あのコンパシーンと、ラブホで2次会シーンは短くできたんじゃなかろうか
バンドの苦悩シーンも省略できたんじゃなかろうか
ちょっとグダってしまっていたような感じ

多部ちゃんの小動物的可愛いさがあるから許すわ!
fishstory
何この顔!


fishstory
それにしたって、森山未来
羽が生えてるのかってくらい軽やかにアクションしてました
もともとダンスをやってた方らしいんだけども、それが逆にダメだったのかもしれない
アクションというより、ミュージカル上のバトルを観てるような、華麗なダンスアクションだった
あれはアクションとは言わない気がする・・・w
いやすごいんだけどね!


まあでも
俳優がみんな凄い
今ではもう有名になってる俳優たちがわんさか
今で言うと、半沢直樹の友人役近藤をやっていた滝藤賢一
②世代で、強姦魔役でチョイ出演してたw
本当にチョイ役、時間的には多分3分もない上にほとんど後姿
一瞬顔が映る
近藤
強姦魔 振り向いてみれば 近藤さん
牛乳吹くわw


伊坂幸太郎作品っていつも話題になるよね
本は読んだことないんだけど
映画は何本か見た
アヒルと鴨のコインロッカー
重力ピエロ
ゴールデンスランバー
映像化率めちゃ高いよね
そんなに面白い作品ばかり書いてるのか
読んでみるかしらw



フィッシュストーリー=ホラ話
釣り師の話は大袈裟ってことが由来なんだとか?
a piece of cake=楽勝ってやつと同じ系なんかな

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





あれ、週末のフールが混じってるのか。
今だと、グラスホッパー→マリアビートルがお奨めです。
【2013/10/02 02:22】 URL | 乙[ 編集]

今悪霊読んでるんだよフスキー
難解な説明に頭が痛い
面白いんだけどね
訳がまずかった模様
本が選べないのが図書館の運命だな

伊坂幸太郎
図書館サイトで予約取ろうと思ったら
案の定ほとんどが貸出中
萎えるうw
【2013/10/02 23:29】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。