ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


瞳の奥の秘密瞳の奥の秘密
ブエノスアイレスを震撼させた殺人事件から25年──
未解決の謎を小説にする男に、封印された愛が甦る。







瞳の奥の秘密(2009)
EL SECRETO DE SUS OJOS
THE SECRET IN THEIR EYES


メディア:映画
上映時間:129分
製作国:スペイン/アルゼンチン
公開情報:劇場公開(ロングライド)
初公開年月:2010/08/14
ジャンル:ドラマ/犯罪/サスペンス
映倫:PG12

2009年に本国アルゼンチンで公開されるや歴史的な大ヒットとなり、みごとアカデミー外国語映画賞にも輝いたサスペンス・ドラマ。
25年前の未解決殺人事件を題材に小説を書き始めた孤独な主人公が、
葬られた事件の真相と改めて対峙していくなかで、次第に封印していたはずの愛も甦らせていくさまを巧みな脚本と演出で描き出していく。
主演はリカルド・ダリン、共演にソレダ・ビジャミル。
監督は人気TVシリーズの演出などでハリウッドでも活躍するアルゼンチンの俊英フアン・ホセ・カンパネラ。

刑事裁判所を定年退職したベンハミンは、有り余る時間を使って、彼の人生で未だ忘れることの出来ないある殺人事件を小説にしようと決意する。
そしてかつての職場を訪ね、当時の彼の上司で、今では検事に昇格している女性イレーネと再会を果たす。
2人が関わった事件が起きたのは、25年も前の1974年。
銀行員の夫リカルドの最愛の妻が自宅で暴行殺害された事件。
やがて捜査は暗礁に乗り上げ、そのまま1年が経った頃、ベンハミンは駅で容疑者発見に執念を燃やすリカルドを偶然目にする。
その姿に触発され、イレーネとともに捜査を再開したベンハミンは、ついに事件の核心へと迫るのだったが…。(allcinemaより)




瞳の奥の秘密瞳の奥の秘密
うち的評価70点



死刑制度には賛成ですか?
反対ですか?



恋人が強姦され殺された
犯人は恋人の昔の知人
行方をくらまし、残された恋人は駅で何年も犯人を探し続ける
主人公は刑事で、ついに犯人をようやく逮捕、終身刑のはずだった
アルゼンチンは死刑制度はない
しかし上層部が勝手に別の事件の協力をするかわりに犯人を釈放させた
日本では考えられない仕組みだ
結局釈放された犯人は、姿をくらまし
主人公の刑事宅にて、酔っぱらった友人を寝かせ外出している隙に
自分の身代りに何者かに殺されてしまった
おそらく、自分の顔を知らない者
殺人を依頼された・・・?
結局友人を殺した犯人は誰なのか、黒幕は誰なのか
真相が語られることはなかった


瞳の奥の秘密
しかし
それから月日が流れ
刑事が定年退職したのち、あの時の事件を小説にしようと試みる
そして残された恋人の家を訪ねた
残された彼は、静かに平穏に生活をしていた
元刑事の勘だろうか
帰宅の途中、もう1度家を訪ねる
その時見た光景は
強姦魔を自宅の牢屋に閉じ込めた、残された恋人の姿
自作の終身刑

理不尽な司法に対し
自ら罰を執行する恋人の気持ちが痛々しい
殺すには勿体ない
死とは贅沢なものなのだと思い知らせてやる
後悔させ続け、苦痛で、牢屋に閉じ込めるだけの無の人生を送らせることが犯人への復讐
ただしそれは
自分の人生をも犠牲にした行為
本来ならば、司法がすべきことなのに
犯人が1度捕まった際
司法が正常にまわっていれば、こんなことにはならなかったのかもしれない
新しい人生を再び歩めたかもしれない
釈放されたことで、残された恋人の何かが壊れてしまった
主人公の男は
彼の復讐行為に対し、何も言わず
その場を去った
平静を装った、彼の瞳の奥の秘密

25年経とうとも
被害者の思いは消えず、今も続く


瞳の奥の秘密
死刑制度は必要だと思っている
冤罪の危険はあるが
確定している凶悪犯罪に関しては即刻死刑にすべきだ
生きることで苦しませるなんて戯言だ
終身刑なんて生ぬるい
住めば都という言葉が通用するレベルの、衣食住が整った今の刑務所で苦しむとは到底思えない
刑務所の中という邦画に印象的な台詞がある

しかしまあ
毎日毎日忘れもせず飯をくれるもんだよなぁ、まったく
悪事を働いたのに
こんなイイ生活していいのかなぁ
こんなんで
張り合いがありゃしねぇ


終身刑を食らった犯罪者どもの反省度合は低いと何かの記事で読んだことがある
刑務所で暮らすことで償ったと開き直っているのだと言う

死刑反対している人の考えが全く理解できない
家族や恋人がむごい殺され方をしても死刑反対の立場は揺るがないのだろうか?
死刑制度が必要だという考えを理解してほしいとは思わないが
一方的に死刑は野蛮だと非難し、死刑廃止を強要しようとするのはやめてほしいものだ(特にEU)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。