ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンナカレーニナ
時代を駆け抜けた、
美しくも激しい運命の愛が、
現代によみがえる――。





アンナ・カレーニナ(2012)
ANNA KARENINA


メディア:映画
上映時間:130分
製作国:イギリス
公開情報:劇場公開(ギャガ)
初公開年月:2013/03/29
ジャンル:ロマンス/文芸
映倫:G


ロシアの文豪トルストイの同名小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督&キーラ・ナイトレイ主演コンビで映画化した文芸ラブ・ロマンス。
全てを捨てて真実の愛に生きる道を選んだヒロイン、アンナ・カレーニナが辿る悲痛な運命を、舞台劇を取り込んだ大胆な演出を織り交ぜ、絢爛豪華に描き出す。
共演はジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル。

19世紀後半のロシア。アンナ・カレーニナは社交界の華と謳われる美貌の持ち主。
しかし、夫である政府高官カレーニンとの間に愛を感じられず、満たされぬ日々を送っていた。
そんなある日、兄夫婦のもとを訪れた彼女は、若き将校ヴロンスキーと出会い、一目で恋に落ちてしまう。
許されぬ恋に必死に心を鎮めるアンナだったが、舞踏会で再会した2人にもはや燃え上がる情熱を抑える術はなかった。
一方、アンナの兄嫁の妹でヴロンスキーに想いを寄せるキティ。
彼女は、田舎の地主で純朴な好青年リョーヴィンからの求婚も断り、ヴロンスキーとの結婚を信じて待ち続けていたのだが…。(allcinemaより)




アンナカレーニナ
うち的評価60点



9月9日はトルストイの誕生日なんだそうです
最新版のアンナカレーニナを観ちゃいましょう



映像が凝ってた!
まるで劇場で見ているようにストーリーが展開されていきます
役者が移動しながら、舞台の小道具や風景が移動して
別の場面となる
舞台の屋根裏も、活用されています
そんな見せ方
いや、魅せ方と言ったほうがいいね

一応昔からある手法だし
劇場では当たり前の手法だけれど
こんなに本格的に使われた映画を観たのは初めて

とにかく映像が面白くてこんな表現があったのかと驚き、新鮮だった

衣裳も、風景も、小道具も
金かけてんなーってくらい豪華絢爛
目で楽しめた




アンナカレーニナ
ただ
脚本はというと、1997年のアンナカレーニナの方が好み
1997年の方は、より悲壮感があったんだよね
アンナが壊れていくさまとか


まあ2012年版は映像で楽しめたので、総合的には2012年のこちらのアンナカレーニナの方を評価的には高くしました
社交界でハブられていく様子などはとてもわかりやすい
ただ
豪華絢爛、そして凝った遊びココロのある映像、美男美女…
そんなわけで、全体的に「軽い」です
ソフィーマルソーのアンナカレーニナよりも更に「軽い」です
お陰でアンナが壊れていく様も「軽い」ので、アンナが自殺を測った時「あっそ」って感じw
泥沼不倫劇になってねぇ!!
うーむ、これでいいのかアンナカレーニナ…





アンナカレーニナ
若き将校ヴロンスキー役をしていたアーロン・テイラー=ジョンソン
青い大きな目が印象的な、情熱的な男前を演じていました
キックアス
だけどこの男前、まさかのキックアスのあのヲタ主役なんだぜ…!
こんなにも色気のある大人になっていたなんて!




残念といえば
ジュードロウ
アンナの旦那役をしていたジュードロウ



ジュードロウ
俺様の知ってるジュードロウ



アンナカレーニナ
アンナの旦那役をしていたジュードロウ


Oh...
ハゲでも男前ですけどね




てか
キーラ・ナイトレイ痩せすぎてて背中ヤバくね?w

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。