ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロックミーハムレット
オレノチ・ンコシャブルカ





ロック・ミー・ハムレット!(2008)
HAMLET 2


メディア:映画
上映時間:92分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場未公開
ジャンル:コメディ

アリゾナ州ツーソン。
俳優として一向に芽が出ないダナは、妻ブリーと冴えない生活を送っていた。
それでも演技への情熱を断ち切れない彼は、地元の高校で演劇を教えている。
しかし、上演する芝居はいずれも不評に終わる始末。
さらには高校の予算削減の煽りで、演劇クラスも他のクラス同様、存続の危機に。
そこでダナは演劇クラスの起死回生を図り、ハムレットの続編となるオリジナル脚本“ハムレット2”を書き上げ、上演を決定するのだった。
ところが、そのミュージカル仕立ての喜劇が宗教を冒涜するなど過激な内容であるため、学校側や父兄の圧力で上演禁止に追い込まれてしまう。
そんな周囲が騒然とする中、ダナは生徒や人権団体、メディアを味方につけ、何とか上演の運びとなるのだが…。(allcinemaより)




ロックミーハムレット
うち的評価50点


登場人物キャラがほとんど死んでしまうあのシェークスピアのハムレット
ハムレットを読んだり観たりした人なら誰もが思ったことだろう
「死にすぎ」

そんな作品にメスを入れてしまえ!
救っちゃえ!!
どう考えても死にすぎじゃん!?
神様登場させて
時空を旅させてハムレットを変えちゃうぜ!!
もちろん、演劇でね

それなのに周囲からはヒステリックに猛反対を食らう
言論・表現の自由だと主張する者
シェークスピア及び神への冒涜だと批判する者


ロックミーハムレット
日本人のうちの目には
ホント、キリスト教にしろイスラム教にしろ
宗教に敏感でヒステリック
気持ちが悪い
文化遺産的に、そして壮大な物語として宗教を楽しめないものかと不思議でならん
人間の道徳とかって宗教で培われるものじゃなく、教育次第だと思うわけ
過去の戦争の原因ってほとんどが宗教なんだぜ!
特にキリスト教とイスラム教
君らの歴史バイオレンスすぎやで
それに比べて無いわけじゃないけど仏教ってかなり平和だなって思ったり


ロックミーハムレット
あ、映画ね映画
なんかよくわからん、グダグダ
教師が演劇を使って生徒を導いていく教育映画…とは言えんw
主役の教師はそれを理想としていたみたいで教育を主とした名作映画を羅列して講義していたけど
生徒はスルーして感心がない
明らかに相手にされていないダメダメ教師
ダメダメ教師はキャラが濃い変態風しかも種無し嫁逃亡、でも無駄に筋肉質のいい身体
生徒もなかなか個性的なんだけど生かされていない
エリザベス・シューが本人役で出てたのは声だして驚いた
バック・トゥ・ザ・フューチャー!
いやあ、綺麗に歳を重ねてるやないのお!

なにより、アメリカではハムレットなど含む古典は誰もが勉強するものなのかもしれませんが
日本人にとってはタイトルだけは有名であっても中身は知らないって人が大半なわけで
それゆえに演劇の魅力がイマイチ伝わらない
うちなんかは、ケネス・ブラナーの映画くらいしか知識がない
泥沼昼ドラ劇
ゆえに、理解が深まらずつまらないという印象に…
アメリカのハムレットの認知って、日本で言うと竹取物語みたいな認知度なのかな?



ただ、あのロックミーロックミーって曲は異様に頭に残るw

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。