ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ももへの手紙ももへの手紙
気がつけば、
私、ひとりじゃなかった。





ももへの手紙(2012)

メディア:映画 Anime
上映時間:120分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(角川映画)
初公開年月:2012/04/21
ジャンル:ドラマ/ファミリー/ファンタジー
映倫:G

「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之監督、Production I.Gのアニメーション制作で贈るハートフル・ファンタジー・アニメ。
父を亡くし、母とともに瀬戸内の小さな島に越してきた少女が、そこで出会った心優しい妖怪たちとの奇妙な交流を通して成長していく姿をハートウォーミングに綴る。
声の出演は美山加恋、優香、西田敏行。

小学6年生の内気な女の子ももは、母に連れられ、瀬戸内の島に移り住む。
彼女は、仲直りしないまま亡くなってしまった父が遺した“ももへ”とだけ記された書きかけの手紙のことが頭から離れず、父が何を伝えたかったのかを考えてばかりの日々。
一方しっかり者の母は、いつも明るく元気に忙しい毎日を送っていた。
そんなある日、彼女は不思議な妖怪3人組イワ、カワ、マメと出会う。
食いしん坊でわがままな彼らに振り回されながらも、次第に打ち解けていくももだったが…。(allcinemaより)




ももへの手紙
うち的評価65点

妖怪もの大好きですんで自分!
ほっこりさせて頂きました
声優さんも全く違和感なくとても楽しめたのも良いね
西田敏行の声そのままやん!!w
加恋ちゃんも似合ってました
優香は全然わからなかったww
山ちゃんはサスガ!


それにしても絵がすごく綺麗
表情がすごく豊かで、動きもなめらかで魅了されちゃった!!
島の生活、島の子供たち
田舎のイキイキしてる感じが伝わってきていい感じ
そこに妖怪まで登場するもんだから
わくわくが止まらない!

ふぉぉぉぉい!
主人公ももが、都会から島に引っ越してきた時の愛想の無さとか
子供たちの輪に入りにくそうにしてる姿とか
輪に入れるように影で努力する姿なんかすごく微笑ましい
そして島の素朴な町並みを背景にして妖怪と触れ合う姿もまた素敵

妖怪のお食事事情とか
まあ、なかなか楽しめたんだけど
全体的にシナリオの強弱があまりなかった気がする
妖怪好きの自分としては
妖怪を登場した以上、妖怪がどのようにして人間と共存しているかをもうすこし詳しく魅せて欲しかった

脇毛
脇毛が立派


それにしたって母親を助けるために台風の中橋を渡るって無理矢理すぎやね
妖怪たちに助けてもらって行くって事で盛り上げてるわけだけど
理由があまりにも不自然すぎてシラケてる自分が…
だって行きは無理できても、帰りどうしたんだと!w
医者捕まえられたとしても、あの台風の中
見ず知らずの患者のために向かうとは思えないわw
そんな不自然さをカバーできなかったのか
台風のシーンが終わった次には、病院のベッドで寝てる母親の姿になっていたw
当然医者を連れてくるシーンを見せる必要は全くない
でも、明らかに「帰りどうすんだこれ」という疑問を抱える視聴者はかなり多かったと思う
ゆえにあのクライマックスは、ドラマ的に盛り上げさせるために作った設定感がぷんぷんしてしまう結果に…

しかも台風の中の百鬼夜行
どこかで観た気がしてならない
千と千尋?ポニョ?
でもでも絵がすごく綺麗だからそれでカバーされて最後まで楽しく観れた
ほっこりさせてくれてありがとう!
うーむ、やっぱり妖怪ものは良いなあ!


ちなみに
個人的に好きな妖怪アニメは
*夏目友人帳
*モノノ怪
*蟲師(妖怪か微妙だけど)
*墓場鬼太郎
すべて王道ですが、もし知らない方は是非観て欲しい作品
あまり美少女だとか美男子が登場してどうこうってアニメは好きではないのでリストにありませんw




アニメは疎い方なんですが
このももへの手紙を監督された沖浦啓之さん
「人狼 JIN-ROH」もかなり評価が高いようなので、是非借りたいと思います

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。