ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


闇の列車、光の旅闇の列車、光の旅
この出会いが私を強くした。






闇の列車、光の旅(2009)
SIN NOMBRE
WITHOUT NAME


メディア:映画
上映時間:96分
製作国:メキシコ/アメリカ
公開情報:劇場公開(日活)
初公開年月:2010/06/19
ジャンル:ドラマ/サスペンス/ロマンス

少しでも良い生活を求めてアメリカを目指す中南米の不法移民を巡る過酷な現実を背景に、
移民を乗せた列車で運命的に出会った一組の若い男女が、苦難の旅路の中で心を通わせていく切なくも美しい姿をリアルな眼差しで描き出していく衝撃の社会派ヒューマン・ドラマ。
監督はこれが長編デビューとなる日系アメリカ人のケイリー・ジョージ・フクナガ。
実際に列車の屋根で移民たちと一緒に危険な旅を経験するなど入念なリサーチを基に本作に挑んだとのこと。

ホンジュラスに暮らす少女サイラ。
父親は、彼女が幼いときにアメリカへと渡った不法移民。
ある日、その父親が強制送還され戻ってきた。
そして、今度はサイラも連れて再びアメリカを目指す。
父親の新しい家族と一緒に暮らすという提案に気乗りはしないものの、父と叔父と共にメキシコへ向かい、
そこからアメリカ行きの貨物列車の屋根に乗り込むサイラ。
そんな無防備な移民たちを待ち構えていたのがリルマゴ率いるメキシコのギャング団。
疑問を感じながらも彼らと行動を共にしていた少年カスペルだったが、リルマゴがサイラをレイプしようとするのを見て、ついにリルマゴを殺してしまう。
裏切り者として組織から追われる身となってしまったカスペル。
サイラは助けてくれた彼に恩義を感じ、その後を追ってしまうが…。(allcinemaより)




闇の列車、光の旅闇の列車、光の旅
うち的評価60点

評判が良かった作品だったのですが、個人的にはちょっと過大評価かなーって感じがします
SIN NOMBRE(WITHOUT NAME)
原題は「名も無き人」
それを邦題では「闇の列車、光の旅」となっている
つまり、暗い闇の様な場所から光を求め命がけで移民しようとする意味が込められてるのだと思うのだけれど
今回の邦題は悪くはないとは思うけど
でもなんでいつも邦題って自作しちゃうんだろう
んで、高確率で邦題にムカつく結果になる
うちが秀逸だと思うのは特攻野郎Aチーム、あれはセンス抜群だと思う!

この映画では3人の子供たちがキーワード
1人は父親がアメリカで不法入国・滞在して新しい家族を作っていて、強制送還を食らって再開した娘で
父親が再度アメリカに不法入国するため、それに同行する
1人はギャングの一員で、愛する人がボスによって殺されたためにボスを殺害、逃亡する男
1人はギャングになりたての、ギャングに自分の居場所を、そして自分を認めてもらおうと必死な、まだ善悪の区別ができないくらい若い少年

にらめっこ
結末が最初から読めてしまう設定です
ただ、この映画で良いのは
それぞれ登場人物の感情があまり演出されていないところだと思う
恋人が死んだとき、父親が死んだ時に多少あったけれど、それでも感傷的な演出と言えるほどではなかった
人を殺す時、殴る時はほぼ無表情
演技がヘタなのか、そういう演出なのかはわからんw
寄り添う2人
でも
その日その日を、ただ生き抜いている姿がより強く伝わってくる
喜怒哀楽というのは実はとても贅沢なものなのかもとふと思わせる




少年の未来
アメリカに入国を果たした娘が
安心したのか電話先で初めて笑顔を見せるのがとても印象的
そして
少年はギャングの仲間にも認められ、ギャングの証である刺青を彫る
誰かが死んでも、次がいる
この少年は、殺害したあの先輩がとった行動を理解できる歳を迎える事ができるだろうか
恋を知ることができるだろうか

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。