ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
見たら、
逃げられない。





ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館(2012)
THE WOMAN IN BLACK


メディア:映画
上映時間:95分
製作国:イギリス/カナダ/スウェーデン
公開情報:劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)
初公開年月:2012/12/01
ジャンル:ミステリー/ホラー
映倫:G


英国の女流作家スーザン・ヒルのベストセラー『黒衣の女 ある亡霊の物語』を
「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ主演で映画化したゴシック・ホラー。
遺産整理の仕事で片田舎の古い館を訪れた若い弁護士が、おそろしい怪現象に見舞われていくさまを、
新旧のタッチを織り交ぜた恐怖演出で描き出す。
監督は「バイオレンス・レイク」のジェームズ・ワトキンス。

ロンドンに暮らす若い弁護士アーサー・キップスは、妻に先立たれた悲しみから未だ立ち直れずにいた。
そんな中、事務所から新たな仕事を命じられた彼は、ひとり息子をロンドンに残し、田舎町クライシン・ギフォードへと向かう。
目的の館は、霧深い沼地に浮かぶ島の中に建っていた。
しかも島に繋がる道は満潮になると水没し、館は完全に孤立してしまう。
彼はそこで他界したアリス・ドラブロウ夫人の遺品整理に取りかかる。
そして図らずもドラブロウ家にまつわる忌まわしき過去に触れてしまい、館に取り憑くおそろしくも哀しい呪いの正体と対峙していくことになるアーサーだったが…。(allcinemaより)




ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
うち的評価50点

Jホラーっぽさを感じた
忍び寄る恐怖っていうの?
まあ、うちは基本的にホラーは観ないのですが、大人に成長したハリポタ・ラドクリフ君を観たいがために挑戦
「子持ち役だなんて大きくなったわね・・・」とポロリしちゃう!
マルフォイフォーイ!

人間が一番恐ろしい生き物で、それが背景にあって呪いが生まれる
その背景がなんか弱い
そうなのだ
ホラーなんだけど怖くなかった
おいちゃんホラー嫌いなのに怖くなかった!(致命的!)


ホラー
椅子が揺れたり
人形が動いたり
暗闇の中からいきなり顔が現れたり
もうそういう当たり前な演出って怖くないんだよね・・・
あーそろそろ来るなって読めてきちゃうんだよ!!
んで、心構えするやない?
心構えしたけどギャーってなってそれがホラーの醍醐味なわけやない!?
ところがこの映画
心構えしたのに出て来るホラーはいきなり出て来る顔か
やっぱりいきなり出て来る顔
顔以外は人影がつったってる、近寄ってくる
中途半端やねええええん!!w
ありきたりな演出ばかりで
驚くよりも「どっかで観たな」「えー・・・」って萎えちゃってる自分が
ホラー映画なのにホラーを楽しめてない自分が!!
だめー!
そんなのだめー!w


ハリポタラドクリフ君
いやなんていうの
オカルトは信じていない弁護士って設定とはいえ
ラドクリフ君落ち着き過ぎってのも恐怖を感じない原因の1つなんだよなw
調査もアッサリ仕様で進めるし
屋敷きに棲む、呪いの黒装束の女は結局許さないってヲチ
ラストはちょっと掴みにくいんだけど
ラドクリフ親子は結局死んでしまうけど、結果天国の妻と出会える事が出来て光の中へ消えて行く
ある意味ハッピーエンド
それを黒装束の女がみつめ、モニターにむかって叫ぶ
まるで、観客が次のターゲットかのように
わー
ヲチまでどっかでみたようなー


続編が決まったとかそんな噂を聞いた
mjd...


そういえば3猿があった
イギリスにも3猿みたいなのあるんだ?
仏教特有のものかと思ってたわ



この前ハリポタ全シリーズ見たんだけど
最初の1,2は面白かったのに大人に成長していくにつれつまらなくて苦痛だった
感想書く気にもならなかったよ(´Д⊂

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。