ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンカーン弁護士リンカーン弁護士
なぜ、はめられたのか?

それは、過去の殺人事件から
始まった――。

御フィルは高級車(リンカーン)。
腕は一級。離婚歴アリ、
子持ちのちょいワル弁護士。





リンカーン弁護士(2011)
THE LINCOLN LAWYER


メディア:映画
上映時間:119分
製作国:アメリカ
公開情報:劇場公開(日活)
初公開年月:2012/07/14
ジャンル:サスペンス/ドラマ/ミステリー

高級車リンカーン・コンチネンタルの後部座席を事務所代わりにLAを忙しく駆け回り、
司法取引を最大限に利用して軽い刑で収める得意戦略で依頼人の利益を守るやり手弁護士、ミック・ハラー。
ある時、資産家の御曹司ルイスの弁護というおいしい話が舞い込む。
事件はルイスが女性を殴打し重傷を負わせたとされるもので、いつものように司法取引をまとめるだけで高額の報酬が舞い込むはずだった。
ところが頑なに無実を訴えるルイスは司法取引を拒否し、ミックの戦略に狂いが生じ始める。
さらにルイスが、4年前にミックの担当した殺人事件の真犯人としても浮上し、次第に自分自身が追い込まれてしまうミックだったが…。(allcinemaより)





リンカーン弁護士
うち的評価75点


「リンカーン/秘密の書」が同時期にあったんで
リンカーン流行ってんのか?って思ったらリンカーン大統領全く関係なかったw
なんて紛らわしい!

しかしこの映画、結構面白かった
主人公が過去に担当した、女性が殺された事件
容疑者(依頼人)マルティネスは本当は無罪だったんだけど、弁護担当した主人公はマルティネスの無罪を信じてやれず、
罪を認め死刑を免れるという、最善の道の選択を導いた
そして現在、女性が殺される事件を担当
過去に担当したマルティネスの女性暴行事件と類似していることに気付く
容疑者(依頼人)はルイス
そして過去のあの事件の真犯人はルイスであり、マルティネスは無罪だったことが判明した
しかし「秘匿特権」というものがあり、それを告発することはできない

秘匿特権・・・日本の守秘義務の強化版みたいなもので、秘密を全て明かしてもらう事で弁護がやりやすくなり勝てる確率が高くなるけど
秘密を全部話す以上、それは証拠として絶対に守られ、破れば弁護士免許を剥奪
つまり、ルイスが「僕真犯人なんだよねw」ってぶっちゃけても告発できないって事…でいいのかな?多分

主人公はただルイスを弁護し、依頼人のために無罪にするしかなかった
そして冤罪マルティネスは今も牢屋の中

元妻の検事「私たちが犯罪者を捕まえても、弁護士が無罪にして犯罪者を街に放つ」

主人公はチョイ悪弁護士という設定だけど、自分なりの正義はもってて葛藤している
容疑者の証言を信じれるか?
信じなかったために無罪の人間を塀の中に入れてしまうかもしれない
信じたために罪人を街へ放つかもしれない
法に従うことが善ではない
法を熟知した者が悪であっても勝利する
悪に勝つためには悪を利用しないといけない
善と悪なんて簡単に線引できるもんじゃない


弁護士映画なので当然派手なアクションなどは全くありませんが
法廷での駆け引きが見応えアリ!

マシュー
主演のマシュー・マコノヒー
歳食った感は拭えないけど、いい男だなw
この人の作品最近観た
10日間で男を上手にフル方法 」で自分のちんこを「プリンセス・ソフィア」って呼ばれて勃たなくなった役やってたんだけどw
あの映画はくっそおもろかった


ボーンス
女刑事にミカエラ・コンリン
ボーンズのアンジェラ・モンテネグロ!

リベンジ
女娼婦にマルガリータ・レヴィエヴァ
リベンジのアマンダ・クラーク(偽名)/エミリー・ソーン(本名)
リベンジ2がGyaoで放送中で毎週楽しみに観てるんだけど、この前死んじゃった。・゚・(ノД`)・゚・。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。