ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぼくのエリ 200歳の少女ぼくのエリ 200歳の少女
怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋





ぼくのエリ 200歳の少女(2008)
LAT DEN RATTE KOMMA IN
LET THE RIGHT ONE IN


メディア:映画
上映時間:115分
製作国:スウェーデン
公開情報:劇場公開(ショウゲート)
初公開年月:2010/07/10
ジャンル:ホラー/ロマンス/サスペンス

ストックホルム郊外の小さな町。
集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー。
同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想してはじっと堪え忍ぶ日々。
そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と出会う。
彼女は、オスカーの家の隣に父親と引越してきたばかりの少女エリ。
やがて、同じ12歳だという彼女と毎晩のように言葉を交わすようになり、自分よりも大人びた彼女に次第に心惹かれていくオスカー。
その頃、町ではおぞましい殺人事件をはじめ奇妙な出来事が立て続けに起こり、住民の間に不安が広がっていた。
そんな中、エリが少女の姿のまま200年も生きているヴァンパイアだという衝撃の事実を知ってしまうオスカーだったが…。(allcinemaより)






ぼくのエリ 200歳の少女ぼくのエリ 200歳の少女
うち的評価80点


評判が良いとは知っていたんですがつい観るのを忘れていた
リメイク版の「モールス」(キックアスのクロエちゃん出演)が今年の夏に公開されるという事もあって、やっと視ることが出来た


世界観が独特
雪が降り積もっていて静かで、なんか暗い
音響演出も無く無音
それだけで寂しく、ちょっと怖い
時代背景は、テレビの映像から判断して今よりも10~20年程古いようだ
そこに金髪の、いや銀髪かってくらいの肌が真っ白でまつげまで金髪の美少年オスカーがいるんだけど
母子家庭でいじめられっ子
オスカーは毎晩のように、ナイフを持っていじめられっ子に言われたことを連想して口ずさむ
それが暗い世界観をより引き立てている

この映画の面白い所は
説明が一切無いこと
視聴者が理解する上で必要なことはすべて映像で演出されている
そのため、ぼんやり観て見逃してしまうと、理解ができず発見がその分減るので要注意


オスカー×エリ
ある日の晩、父親と少女が引っ越してくる
引越し早々、父親は窓ガラスにダンボールを貼り付けて、家の中が見えないようにしている
オスカーは家の前の公園で、今日もナイフを持って木相手にいじめられっ子に言われたことをリピートし
そしてナイフを木に突き刺す
それを後ろで見ていた黒髪で色白の少女エリ
「友だちにはならない」とエリは言うものの、夜になると2人は公園で会うようになる
オスカーはエリに言う「臭いよ」

その日の夜、エリの父親と思われる男は外で殺人を犯し、血を回収しようとするけれど失敗
失敗したことをエリが責める
役立たず、自分でやればいいのか、と
次の夜、エリは自分で血を摂取し殺人を犯す
それを知った父親と思われる男はエリに怒り、死体を隠すために出掛ける

血を摂取したためだろうか
「もう臭わないでしょ?」とエリはオスカーに言うのだった
⇛血が足りないと腐敗臭がする設定?


家にいるときは、2人の会話は壁で使ってモールス信号を利用して会話を楽しむ
2人はどんどん仲良くなっていく
いじめられっ子のオスカーは、エリに「やられたらやり返せ」と言われ
自分を鍛えるために、スポーツジムに通うようになる
前向きなオスカーに笑みが出始める
オスカーはエリにお菓子を与え
エリは1度断ったが、オスカーの残念そうな顔を見て食べてみることにする
だけど、エリはもどしてしまう
⇛血以外のものは受け付けない設定?
トワイライトと同じですね


エリはオスカーに問う
「私のこと好き?」
「うん」
「女の子じゃなくても?」
「多分ね」
⇛女の子じゃなくてバンパイアだもんね、とほとんどの視聴者は解釈するハズ、だけど…!


ある日の野外活動の際、いじめっ子に反撃
いじめっ子は血まみれになる
ついに反撃したオスカーは興奮し、母親に怒られても気にしていない様子
この嬉しさをエリに伝えたい気持ちでいっぱいになり
エリの目の前で自分の手をナイフで切り、「血盟」だと握手を求める
しかし、エリは我慢できなくなり
地面にしたたる血を舐め、オスカーに「私を見ないで、帰って!」と怒鳴る
オスカーはその時、エリがヴァンパイアなのだと理解したのだった
「いつから12歳なの?」
「長い間12歳なの」



夜、エリの父親らしき男が再び狩りに出掛ける準備をしている
もしもの事があったら、これがあるからと液体を見せる
エリは「使ってほしくない」と言う
男は言った
「今夜はあの少年と会わないで欲しい」
エリは男のほほに手をあてて、それを承諾する

しかし、男の狩りは失敗に終わった
ニュースでその事件はいち早く報道され、硫酸を浴びたために身元不明だと言っている
エリは病院に駆けつけ、5,6階はありそうな窓から男と接触
顔半分しかない男は、エリを愛おしそうに見つめ
エリは承諾したかのように男の血を吸い、男はそのまま窓から落下する
その帰り道
エリはそのままオスカーの部屋の窓に向かう
「入っていいって言って」
オスカーは寝ぼけながら「入っていいよ」
エリは血まみれの服を脱ぎ
裸になってオスカーのベッドに入り込む
付き合って
「僕とつきあってくれる?」
「女の子じゃないし、付き合うって何?」
戸惑うエリだったけれど、承諾するのだった

母子家庭で、いじめられっ子のオスカーは孤独を感じていたけれど
同時に、エリもずっと孤独だった
唯一のエリの理解者は死んでしまったのだ



オスカーはその日、父親の家にいた
父親に会う週だったのだろう
母親といる時のオスカーとは違って、なんだかはしゃいでいる
と、その時家に男が訪問してくる
サンダル姿には雪が積もっていて寒そうに凍えている
父親はオスカーとのゲームを中断して、ウォッカで訪問者を迎える
訪問者はぎこちなく微笑む
「やあ、ここは本当に居心地がいいんだよ」
意味不明の台詞
不自然な空気
ぎこちない表情
そこでハッとする
こんな雪の中、サンダルなんかで訪問するか?と
最初から家にいたんだ
だから居心地がいいとかイキナリ言い出したんだな
⇛父ちゃんはゲイ。母子家庭の理由。
居心地の悪そうなオスカー>居場所が無くなったと思ったのではないか




エリの部屋にいるオスカー
そこには不思議なものがあった
「原発が買えちゃうくらい貴重なものよ」と言っていたたまご型の物体
それが何なのか未だに全くわかっていないけれど
原発が買えるとなると、1基で約5000億円になるので大袈裟だと思うが、確かに高級そう
そしてそのたまごの中にはいっていた、たくさんの指輪

オスカーはお小遣い稼ぎにお手伝いをしていた
お金ならあると、エリはオスカーに渡す
人殺しをして得た金だと思ったオスカーはエリを責め、部屋を出る
エリはオスカーを追いかけ
オスカーの家の前まで行くが、ドアの前で足を止める
「入っていいって言って」
オスカーは黙ったまま、仕草でそれに答える
「入っていいって言って!」
入っていいと、仕草で答えたはずだったオスカーは
「一体それが何だって言うんだ!」と怒る
「勝手に入ればいいじゃないか」

エリは黙って部屋に入る
何歩か進んだあとで、エリの体から血がにじみだし
目から鼻から頭から血が滴り落ちる
オスカーは焦って「入っていいよ!」と叫び、エリの出血は収まる
「私を受け入れて」
「私はそうしないと生きていけないの」
「私になって考えてみて」
⇛部屋に入るにはその家の住民の許可がいるようだ
ヴァンパイアダイアリーズみたいね



血だらけになったエリに着替えを用意するオスカー
別の部屋で着替えをするエリ
それを好奇心で覗いてしまうオスカー
映像には、エリの下半身が映し出されるが、当然モザイクがかかっている
オスカーはそれを見てパッと視界を戻す
そして母親が帰宅したため、エリは窓から退散する

なぜ、下半身を映しだしたのか?
女体を映し出すのであれば、下半身だけじゃなくて全身でいいじゃないか
12歳の少女だから、胸は無いことくらいわかっている
なぜ、下半身だけなのか




昼間
エリの正体を見破った男が、エリの家に侵入する
その男は、エリによって妻(愛人?)がヴァンパイアに感染し、太陽の光を浴びて焼死していた
エリは日差しが届かないよう、風呂場で寝ている
その危機をオスカーが助け、男はエリによって殺されるのだけれど
血まみれのエリは「もうここにはいられない」とオスカーに別れを告げ、キスをするのだった
血の味のするキスだったに違いない
オスカーはその時、何を思ったんだろう

エリは、人間の血を吸って生きている
人間も、動物や植物を食べて生きている
それの何が違うのだろうか
「好きでやってるんじゃない」
「私になって考えてみて」


エリが去って、オスカーはスポーツジムに通う気が起きなかった
しかし、同級生からの誘いもあって通ってみることにしたが
それはいじめっ子の罠だった
確実に死ぬレベルのいじめだったが、オスカーはエリによって救出
周囲はいじめっ子の血だらけの死体が3体と、すすり泣く少年1人がいるだけ
オスカー水泳
なかなかグロい



オスカーは電車に乗っていた
足元には大きな荷物
トン・トン・トン
荷物から聞こえる音に、オスカーは音で答える
モールス信号だ
そして映画は終わる






エリアップ
ああそうか
あの液体かぶって死んだ父親と思われていた男はオスカーの未来の姿だ
「今夜はあの少年と会わないで欲しい」という言葉は、かつて恋愛感情を持っていた証拠だ
その時にも抱いていたのかもしれない
エリのために殺人を犯すその時に、違う男といてほしくないという嫉妬
自分は中年になってしまったけれど
エリは歳を取らないのだから
もしかして薄々気付いていたのかもしれませんね
エリがオスカーと接触しだしたことには狙いがあると
自分の老いた姿に、そろそろ交代の時期が迫っていると感知していたのかもしれません
次のターゲットが、あの少年オスカーなのだと


この少年少女の純粋そうな恋愛が
ヴァンパイアと人間という間柄という危うさ
そしていじめっ子の存在がリアルでね
いじめのニュースで「死ぬとは思わなかった」とかって台詞載ってますよね
大人になってしまった私からすれば「普通わかるやろ」と罪を認めないための嘘だとバッサリなんですが
実際子供からすれば、「死ぬとは思わなかった」は本心なのかもしれません
それがよく表現されていた映画だと思う
観ていてそれが危なっかしくて不安定で、それがより一層オスカーとエリの関係を繊細に見せ
いつ壊れてしまうのかとソワソワさせる


オスカーはエリに対して恋愛感情を持っていたのだと思う
エリの着替えを覗いたオスカー
下半身だけを映した不自然な演出は、日本ではモザイクがかかっていて
監督が伝えたかった事を妨害しているんですが
本当はエリの下半身には、去勢された傷跡があった
「女の子じゃない」と何度も言っていたエリ
視聴者はヴァンパイアだからだと解釈してしまうんだけれど、違うんですね
「女の子じゃなくて男の子」だという、言葉そのままの意味だった
モザイク
なんでこんな重要なシーンにモザイクかけるんだと問いたい
かけるならせめて傷がある事がわかる程度にしろよと!

邦題「ぼくのエリ 200歳の少女」
実際の映画のタイトルは「LAT DEN RATTE KOMMA IN」(私を受け入れて)
この邦題のタイトルをつけたヤツちょっと首吊ってこいや…!!


そんなわけで、とりあえずエリは200歳前後なんだろう
その時代、ヨーロッパで去勢というと
ヨーロッパでは宦官はとっくに廃止されているはずなので、ヨーロッパらしく音楽、つまり歌(製作国スウェーデン)
歌声は全く披露されていないけれど、エリは多分カストラート
カストラートという映画を高校の頃、夜中放送していたのを思い出します
機会があったら観てみよう



オスカーが、エリの傷が去勢した傷かどうか気付いたのかはわからない
自分が12歳の頃を考えると、全く思いつかないと思う
下半身に傷があったとかしか
歳を取っていったらきっと気付くはず
でもその時には既に手遅れ、エリの魅力に取り憑かれていて気にもしてないのだと思われる
あの、父親と間違った中年の男のように
まあ、オスカーの父ちゃんゲイみたいだし偏見もたないまま成長しそうやし心配することはないか


エリが持っていたあの大量の指輪は
今までそうやって一緒に過ごした大人たちの形見ではないだろうか
エリにとって、人間の血を吸わないと死んでしまうと同じくらい
12歳という子供の体では1人で生きていけない
せめて体が大人だったら違ったのかもしれないのだけれど…
そういえば
トワイライトではヴァンパイアになった時の年齢が精神年齢で
歳を取らない上に精神的にも成長することはない設定だけれど
この映画でもその傾向があったようにみえた
エリは200年近く生きていたとおもわれるけれど、精神年齢は子供のままのような気がする
とはいえ、子供2人でどうやって生きていくつもりなのかはわからんw
小さな恋のメロディっぽい、そんな少年少女の淡い初恋物語だと思いたいけれど
多分、違うんだろうなと
オスカーにとって初恋だったのかもしれないけれど
エリにとっては、自分が生きていくための手段でしかない
オスカーも、あの指輪コレクションの1つにしかすぎない




儚くて切ない
そんな小さな恋のヴァンパイアって感じでした

現在の2人
ちなみに現在の2人だそうです
大きくなって(´Д⊂ヽ

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。