ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジェイン・オースティン 秘められた恋ジェイン・オースティン 秘められた恋
イギリスの女流作家、ジェイン・オースティンの生涯に一度の恋を描いたロマンティック・ラブストーリー








ジェイン・オースティン 秘められた恋(2007)
BECOMING JANE


上映時間:120分
初公開年月:2009/10/31
ジャンル:ロマンス/歴史劇/伝記

1795年、イギリス。貧しい家に生まれた女性ジェイン・オースティンは20歳の結婚適齢期。
両親は娘を裕福な家に嫁がせようと懸命だった。
ところが、独立心旺盛で当時の女性としては格段に進歩的な考えを持っていたジェインにとっては、財産や家柄ではなく愛こそが結婚の絶対条件だった。
両親がせっかく段取りした地元の名士レディ・グレシャムの甥ウィスリー氏との結婚話にも首を縦に振ろうとしないジェイン。
そんな時、彼女は若いアイルランド人のトム・ルフロイと出会う。
ロンドンで法律を学ぶ彼は、貧しいけれども知的で洗練された青年だった。
最初は衝突を繰り返す2人だったが、少しずつお互いを理解し、そして惹かれ合っていくのだったが…。(allcinemaより)




ジェイン・オースティン 秘められた恋ジェイン・オースティン 秘められた恋
うち的評価65点


高慢と偏見の作者である、ジェイン・オースティンの生涯を描いた作品
結構面白いと思ったのは、高慢と偏見色が大きいってこと
自分が経験した話を基本的に作品にしているというのが、ジェインの特色らしいので当然かもしれませんが
映画的にもそれをわざと匂わせてると思われる

ジェインは、田舎で貧しい牧師の家庭で育ったけれど教養はあり、文学を好んだ
まるでそれは、高慢と偏見のヒロイン、エリザベスを重ねてしまう
そして、そのジェインと恋仲になる男性トム・ルフロイ
お金持ちで、遊び人で…でも実は超イイヤツ
この男性は…そうだな、高慢と偏見のダーシーとウィッカムの特徴をあわせもった人物のよう
この二人の出会いは印象が悪くて最悪、これも「高慢と偏見」臭がしますw
次第に二人の距離が縮まり恋仲になるんだけれど、その描写が薄くて残念
いつのまに二人は恋仲になってんだよって感じ
まあ、とにかくこの二人は結婚を考えるわけだけど、トムの伯父の反対にあって1度挫折
でも二人は駆け落ちを試みるわけです

そう、駆け落ち
ジェインが書いた「高慢と偏見」では、末娘リディアが駆け落ちをします
家族全員がこの世の終わりかのような落胆ぶりが描かれています
嫁入り前の女が、男と出て行くという行為はふしだらな事らしく、つまりは売春婦と同レベル
そんな行為をする家族、つまり姉妹までも同等レベルとみなされる傾向があるらしい
つまり、末娘の「駆け落ち」行為は、嫁入り前の姉妹たちにとって将来の「良い嫁ぎ先」の可能性をゼロにする、とんでもない行為ということだった
この時代の一般的な女性は親の財産を継げないので、将来結婚できないとお先真っ暗なのです
だから結婚というのは人生が懸った大事というわけ

その「駆け落ち」を、作者であるジェインがやっていた
嫁入り前の姉がいるにも関わらず、自分の愛する人と一緒になることを選んだ
高慢と偏見の主人公、エリザベスだけでなく、+末娘リディアももう一人の自分の姿だったなんて!
いやまあ、本当に駆け落ちしたかどうかは実際の所わかりません
この映画の「高慢と偏見」を匂わせる演出かもしれません

でも結果的にジェインは駆け落ちを諦め、生涯独身でした
ジェインの姉も、婚約者が戦地先で病死してから生涯独身
兄が裕福な家庭の養子だかに行っていたため、独身でも援助を受けることが出来、
そんな中で小説を書き英国で成功をおさめたものの、若くして病に冒され生涯を閉じます
そして彼女の描く作品は、すべてハッピーエンドなのでした
そういったジェインの生涯を知ると、作品全てハッピーエンドの理由を考え少し切ない気持ちになります…




とにかく、「高慢と偏見」を知っている人が観ると
とても楽しい作品であることは間違いないでしょう!

アン・ハサウェイ
さてその主人公ジェインを演じたのが、アン・ハサウェイ
イギリス女性を、アメリカ人女優が演じたわけですが、英語がわからない日本人にとっては
イギリス訛りがどーたら言われてもサッパリわかりませんw
アン・ハサウェイ可愛いよ可愛い
ジェイン・オースティン
ジェイン・オースティンの肖像ですが、これを見るとアラヤダ美人さんね!!
さすがその後に6歳年下の裕福な青年から結婚申し込まれて振るだけの事はある
この時代の女性が生きていくには、結婚するしかないわけで恋愛感情は二の次
たとえ小説が評価高かったとしても贅沢な暮らしはしていなかったようだし
なのにお金持ちの男性を振るってことは、よっぽど何かしらの思いがあったからなのかなあ


ジェームズ・マカヴォイ
恋仲役トムを演じたジェームズ・マカヴォイ
うちの中ではタムナスさんw(ナルニア国物語)
男前だよねえ、この人!
最近の彼はXメンで若かりしプロフェッサーXやってますね


まあ、イギリスの時代劇は大好きですw
ロマンチックだよね!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。