ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


のぼうの城
豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。








天下統一を目前にした豊臣秀吉は、最後の敵となった北条勢への総攻撃に乗り出す。
包囲された小田原城を残し、支城が次々と陥落していく中、周囲を湖に囲まれ“浮き城”の異名を持つ“忍城”にも危機が迫る。
ところが、小田原城の援軍に向かった城主・成田氏長に代わって城を任された従弟の長親は、
のんびり屋で何を考えているか分からず、武将としての器も到底あるようには見えなかった。
しかしなぜか領民からは慕われ、“でくのぼう”が由来の“のぼう様”という嘲笑と親しみが入り交じるアダ名で呼ばれていた。
そんな長親に対し、秀吉の命を受けた石田三成が総勢2万の大軍を率いて開城を迫ってきた。
忍城に残る500の軍勢では太刀打ちできるわけもなく、長親に秘かな想いを寄せる城主の娘・甲斐姫や、長親の幼なじみで歴戦の猛者・丹波はじめ、誰もが開城を受け入れるものと思っていたが…。(allcinemaより)




単純明快で楽しかった
日本人が好きそうな設定です
弱者に強く、強者にへつらうヤツの鼻を明かせてやるぜって話好きじゃない?w

ただ注意したいのは
2万対500人という数字を出してきているので勘違いしちゃう人がいると思いますが
多勢に無勢の大どんでん返し!みたいなカタルシスはない
宣伝文句に「天才か!?でくのぼうか!?」とあったけど
ミラクルヤンみたいな戦術の魔術師がいるわけでもありません
ただあるのは、農民や家臣に慕われた草食系武将長親と、草食系武将長親を慕う農民や家臣
侍の数は500でも、農民も合わせると3000人
侍と農民が力を合わせて、長親の戦に「付き合ってやる」戦なのです


のぼうの城を観ていて思い出すのが、黒澤明監督の「七人の侍」のラスト
勘兵衛が言うんですよ
「今度も負け戦だったな、勝ったのは儂たちじゃない、あの百姓たちだ」
侍がどれだけ強くても
土台を支えてるのは農民なんですね
水攻めをして勝敗に拘る侍には、水攻めをすることで畑や田圃を失う農民の痛みや不満は届かない
水攻めをするための土台を作るのは誰?
侍じゃない
金で雇われた農民が大半なのです
そしてその農民は、当然その領地付近に住む
つまり、のぼう長親の人柄を知る農民たち
金で雇われただけなので忠誠心があるわけもない
のぼう長親は、自分の命を賭けて「そこ」を突くのだ
そう
長親に緻密な計算がされた策略があるわけではないんです
でも心が動かされるんです
たとえ負け戦でも心が動かされてしまう
好きでしょ、そういうの!

でも、だからといって人間ドラマの演出が濃いわけではなく、むしろ薄いので
その辺で視聴者に伝わりにくく不満を持つ可能性はありそうです


それにしても水攻めの映像、ひどかったなあw
もっとリアリティのある映像にできなかったのだろうか
東日本大震災の津波の事もあって、その配慮により公開が延期されたらしいとは聞いていたけど
まさかそれであんなゴミみたいな映像にしたんじゃあるまいなw

その他、戦闘シーンはなかなか見応えがあります
侍の型のある戦いだけではなく、農民たちの生きるか死ぬかの滅茶苦茶な戦いもあって
合戦って実際こんなんだよねーと観れました

あと、敵側の石田三成達も実は爽やか青年ってのがいいw
三成(上地雄輔)の夢見る一直線なブキッチョさと
それを懸命にサポートする大谷(山田孝之)
結局引き分けによって開城するんだけれど
両軍共、気持ちの良いラストでした
やっぱ自分、ハッピーエンドが大好きさ!

正直、上地雄輔大嫌いなんだけど三成似合ってたと思ったよ
山田孝之はいい役者になったよなあ

ってキャストの話になってきたので主演の野村萬斎の感想でも
草食系の武将長親の、馬に格好悪くよじのぼる姿がなんとも可愛いらしい
家臣に「ハーイ」農民に「みんなごめーん」とか言っちゃったり
そうそう、敵武将を威嚇する「シャーッ!」もお忘れなく
田楽踊りの見せ場といい、野村萬斎しか考えられない主役だと思いますね!

そんでもって佐藤浩市の安定感は異常w
甲斐姫演じた榮倉奈々は…まあいいんじゃないでしょうか、個人的に可愛かったと思いますw
顔ちっせえ!って何度思ったことかw

そして
エンドクレジットの映像がいいです
戦場になった場所を現在の映像で流すんですが、その映像を見ながらここで戦ってたのかとしんみり


とりあえず
映画の出来としては65点…かな?w
ちょっと低めで評価しましたが、映画自体は面白かったです
多少グロいシーンもありますが、単純明快で家族向けの映画に仕上がっているので安心して見ることができます
歴史好きの、多少こだわりのある方は期待しないで観ると丁度良いと思います
ナイトシアターで1000円で観ればいいのに
わざわざ前売り1400円で観ましたけれど、十分価値のある映画だと思いました
それに大盛況で、満席でした
最前列で観てた人勇者過ぎだろw
公開したばかりのこの時期に観に行かれる方は、前もって予約なり余裕もって行くなりしたほうが吉




では最後に
・認知君(山田孝之)の生ケツぷりっぷりやないかい!!
・エンドクレジットで流れた「ナレーション:安住紳一郎」表示で劇場どよめき(俺含)
・主題歌のエレカシ「ズレてる方がいい」を着メロに設定した
・2時間半もあるんでトイレは絶対行っておけ!←必須
以上の4点です

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





なるほど、俺も宣伝に騙されてたなw
僕らの7日間戦争みたいな展開でもあるのかと思ったねw
でも面白いって評価だし観に行くとでもするかw
【2012/11/05 00:28】 URL | 真田[ 編集]

大分前に小説呼んで、作者の他の小説も結構読破したなぁ。
まあ、DVDでたらレンタルだな^w^
【2012/11/05 15:13】 URL | 池沼カミシュ[ 編集]

>真田っち
僕らのって歳ばれるで!!
ちょっと軽く観たくなってきたww
のぼうは安心して観れるからオヌヌメ!!

>池沼カミシュさん
なんとなにげに読書家アピールだとお
図書館通いたいけど最寄りの図書館が遠すぎるので断念
図書館通うあたいって知的っぽい
そんな雰囲気に酔ってみたい
のぼうDVDとか下手したら借りるの1年後やで!!
【2012/11/06 21:56】 URL | sakur`a`[ 編集]

水攻めが、この物語の大事なとこなのに、
水攻めシーンが残念って。。。

芦田プロが出てるのが非常に減点だが
いい俳優がたくさん出てるしレイトショーでみてくるかな

【2012/11/08 20:43】 URL | 素浪人[ 編集]

合成満開でした
わざとじゃないかってくらいの・・・

芦田プロ可愛かったよ
さすが女優といったところw
最初「あれ、こんなちっさかったっけ?」て思ってみてたんだけど
震災配慮で公開遅らせてたんだよね、納得w
俳優陣がいいよね、あざとくなくて
映画館で是非みるべき!
見たら素浪人さんの感想聞きたいw

これを機会に、うちも前みたいに映画館通うかなぁw
やっぱ映画館で映画見るって超贅沢気分で良いんだよね
【2012/11/08 22:46】 URL | sakur`a`[ 編集]

レイトショーでみてきました
公開から2週間たったので混雑もしていなく
見るのにはちょうどいいくらいの人でした

水攻めがひどいとありましたが、
予想よりは迫力ありました
ただ、sakur`a`さんおっしゃるとおり
合成満開で確かにわざとやってるようにもみえましたね
昭和の合成かよって思いましたw
あまりにリアルすぎると津波を思い起こしてしまうための配慮なのかな~

合戦序盤の各守り口での攻防が
原作読んでるとちょっと物足りない感じはしました

・正木丹波守が敵鉄砲隊の有効射程を見切るシーンがない
(突っ込んだがたまたま弾が当たらなかったようなかんじになっていた)
・騎馬鉄砲が1騎馬で2挺携帯し連射するのがない
・下忍口で酒巻靱負率いる老兵部隊が
 石田勢を誘い込み串刺しにして撃退するのがない
(酒巻勢は内容変更され遊軍扱いで火攻めしてた)
・柴崎和泉守が大谷勢の鉄砲隊を水攻めで押し流すのがない
(力任せだけのキャラになってしまっていた)

などなど、細かいとこでいろいろ突っ込みたくなる点もありましたが
原作知らなきゃ問題ないかな
全体的にいい感じになっていたと思います
sakur`a`さんの65点というのも納得です

正直いうと、DVDでいいかなと思ってましたが
sakur`a`さんに押されて見に行ってしまいました
久しぶりの映画館でしたが結構満足できました

あと、この秋、気になるのは「悪の教典」なんですが、
グロそうなんだよな~
合戦やらドンパチアクションで人が死ぬシーンは全然大丈夫なのに
ホラー映画は苦手で全然ダメなんですよね
【2012/11/17 01:52】 URL | 素浪人[ 編集]

おうおうとうとう観たんやね
映画館で観るのもいいでしょw

水攻めは配慮っぽいよね
もっとマシに出来るはずだもの
それにしても原作の話結構はしょってるみたいやね
まあそれでも良くまとまってたと思うよね
原作読もうと思って図書館行ったら予約で読めるのは2ヶ月先だったよww

悪の教典はのぼう観る前のCMで流れてた!
バトルロワイヤルみたいだなーって思ったけどネットで紹介読むとサスペンスって…サスペンスぅ!?
てか山田孝之出過ぎ!!
林遣都たんぺろぺろ
【2012/11/18 21:34】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。