ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


嘘の瞬間
虚構の崩壊



建設現場で大規模な崩落事故が起こり、作業員が3人瓦礫の中に埋もれてしまう。
救出に協力するライトマンは生き埋めになった作業員の1人、ブラントの表情から彼が事故原因に関係していると直感。
さらに分析を続けた結果、彼がALSの末期だったと分かる。
これが事故原因だと考えられたが、この建設現場にはまだ隠された秘密があった。
一方、イーライとトーレスはIT会社社長から婚約者ナディアの愛が本物か確かめて欲しいとの依頼を受ける。
イーライは金目当てだと決めてかかり、事実彼女は出会う前から彼が富豪だということを知っていたことが分かる。
それをそのまま報告するイーライ。
だがトーレスは、同時に彼女の愛も真実だと社長に告げ、ある映像を見せるのだった。Lie to me(fox公式)




建設現場
建設工事現場で崩落事故
責任のなすりつけ合いが起きて滅茶苦茶な救助活動現場にカルは派遣された
24時間以内に救出しないと助かる確率は急激に下る

生き埋めになった3人の内の1名がALS末期だったことが判明した
妻のために保険金を残そうと、事故にみせかけて自殺するつもりだったのだが
ガスバーナーを落とした際に爆発が起き、崩落事故が起きたのだった
当然彼にとって予想外の事だった
何故爆発を引き起こしたのか?

それを知る者が現場監督だった
誰かが賄賂をよこし、その金を使ってその土地に問題があるかどうかの監査を省略し、建設工事を急いだと言う
建設工事を急ぐメリットは何なのか?

とにかく、この土地が安全という保証は無くなった
以前この土地はゴミ捨て場だった事から、メタンガスが眠っている可能性があるのだ
作業員を助けることが更に困難に
もう丸1日作業員は生き埋めになっており、限界だった
救出作業をしていた責任者は、メタンガスがあろうがドリルを使って救助活動を続けると言う

「8倍だ
アメリカで消防士が死ぬ割合は他の主要諸国の8倍も多い
アメリカ人はヒーローコンプレックスなんだ」
「知るか!」

そしてついにドリルから引火し大爆発が起きる
作業員3人の内、2名は助かった
ALS末期だったブラントは2人に道を譲り爆発に巻き込まれたのだ

工事を急ぐメリットは何だったのか?
「街に仕事をと思っていた」
物語の序盤、市長は言っていた
この街は不景気で雇用の確保が急務だったのだ



リア&イーライは、婚約者の愛が本物なのか金目当てなのか判定する依頼を受ける
アメリカは金持ちが離婚すると慰謝料すごいもんね
今の日本で言うとダル&サエコ?
羨ましいったらありゃしないわっ
そら信じられなくなるよねw
こんな私用の仕事は受けないと一度断ったものの、小切手の金額がよっぽどすごかったようで…
いったいいくらだったんだろうw



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。