ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベニスに死す
美と旅情の大ロマンが 壮麗な水の都にきらめく!
大作曲家の心をとらえた ギリシャ彫刻のような美少年… その愛と死を華麗に描く一大交響詩!

ベニスに死す
MORTE A VENEZIA


上映時間:131分
初公開年月:1971/10/
ジャンル:ドラマ

掛け値なしに美しい映画だ。
T・マンの原作ではギリシア神にも喩えられる少年タジオが現実にもいたせいだ。
そのB・アンドレセンの美少年には主人公ならずとも、ヘテロの男性をも“その気”にさせる妖しさがあり、彼に出会えたことを“奇跡”と呼んだヴィスコンティの驚喜はよく分かる。
彼とそして、全篇に流れる感傷的なマーラーの五番の第四楽章のお蔭で、この作品は耽美の極みに観る者を浸らせる。
理想の美を少年に見出した作曲家アッセンバッハは、浜に続く回廊を少年を求めてさまよう。
疫病に罹ってもなお、死化粧をその顔に施させ、ヴェニスの町を徘徊し、やがて疲れた体を海辺のデッキチェアに横たえる。
波光がきらめく。満足の笑みを浮かべつつ涙し、化粧は醜く落ちていく……。痛切な幕切れは同時にひたすら甘美だ。(allcinemaより)




評価:70点

何この美少年!!!!
写真だけは何度か見たことがあったけど実際映画観ると神々しいにもほどがある美しさ
ビョルン・アンドレセン
ビョルン・アンドレセン
一番綺麗な子はネバーエンディングストーリーのアトレイユの子かと思ってたけど上には上がいたもんだ
よくもまあこんな綺麗な子を見つけたなーと
台詞とか全くない役で
ただひたすらに親父に見つめられる少年で
多分、自分の美しさを理解してるとみた
親父を挑発するような目線も・・・
いや、これは親父から見た少年の目線が演出されているだけかもしれん
とはいえ、これは決してゲイ映画ではない
妻も子供もいる(子供は死亡した模様)かつ地位もある音楽家の親父が
美しい少年を見て以来脳裏から離れないという話
疫病が町を襲っていることを初期段階から把握していたのにも関わらず
親父は美しい少年をみつめていたいがために町から離れず
そのまま死んでしまう、そんな話
何が面白いんだと思うかもしれないけど、これが結構いける
美しい少年がとにかく本気で美しいのだ
母親も美しいところがまたたまらんし
美しい少年の知人も、やけにこの美しい少年に絡むあたり視聴者の妄想が働くんですよ
この少年も多分この美しさにやられたんだな、と
突然「HAHAHAHAHAHA」とひたすら笑いながら歌う道化師?だかのシーンなんか気味が悪くて異様な感じ
疫病がじわじわ町を襲い掛かる不気味さをこの「HAHAHA」で演出してるんだなーと思ったり
映画の序盤にいた、白い化粧をした不気味な親父がいて
主役の親父はそれを少し気味悪がってみていた様子だったけれども
美しい少年に魅入られてから、自分の病気がちの姿や年老いた姿を隠すかのように
序盤で見た不気味な親父のように、白い化粧をする自分
なんとも哀しいなあ
そう、これは美少女だったらダメだった
美少年だからいいんだよね
ショタで美少年とかどんだけ・・・!
ヴェニスに死す
そんな美少年だった今のアンドレセン
年取ってもやっぱ男前だった

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。