ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


御法度御法度
TABOO

御法度

上映時間:100分
初公開年月:1999/12/18
ジャンル:時代劇

幕末の京都。
時代の流れに逆行し、幕府の非常警察として抗争に明け暮れる新撰組に、惣三郎という新人が入隊する。
妖しい魅力を放つ美少年・惣三郎に対し、次第に心を惑わす血気盛んな剣士たち。やがて隊内は、嫉妬や羨望を交えた不穏な空気に包まれるが・・・。(allcinemaより)




評価:65点

えらく年を取った新撰組だな、という印象がまず浮かぶw
史実では近藤も土方も30代前半の若さだったような
存在感のある俳優が若手にいない、という事なんだろうけども
あとは隊の服がだせえwww
誰だデザインしたの!

殺陣が見事だと噂に聞いたんだけれども
魅せる殺陣ではなく、実戦に近いリアルな殺陣だった
個人的には魅せる殺陣が好きなのですが、噂通り結構良かったと思う
なによりみんな「らしく」見えるのだから
よっぽど殺陣がいいんだろうなあと

さてこの映画
ゲイ映画だと思いきや、確かにゲイ映画でした
ところが、視聴者に判断させるシーンが多いことから、実はサスペンスなのかもしれません
ゲイ映画だと思って距離を置いていたので驚きです

犯人は誰だった・・・?
仕掛けた人は誰だ・・・?

そこに浮かぶのは、さほど物語の軸として活躍しないものの
存在感をアピールする沖田総司(武田真治)の姿です

まずはじめに序盤のシーン
沖田総司が新撰組入隊試験で剣術の相手になって登場しています
対加納(松田龍平)の時は打ち負かした沖田
対田代(浅野忠信)の時は押された沖田
土方歳三(ビートたけし)が「加納と田代、どちらが強いと思う?」と問う
沖田は「加納さんです」と答えた
このシーンがのちのち各シーンで匂わすのです

六番隊組長の井上源三郎という
剣術はあまり得意ではない最年長(といってもまだ40歳前後だったとか)がいるのですが
沖田が加納に「井上さん(坂上二郎)に稽古をつけてもらえばいい」と勧める
何故・・・?
加納は強いと評価したじゃないか、と
そこからひょんな事件に繋がり、沖田の存在がチラつく

土方が加納と田代の剣術稽古を見る
加納のほうが強いと沖田は言ったが、加納対田代の稽古は田代が圧倒的
「この二人はできてる」と判断した土方
のち、二人を稽古してみた土方は、やはり加納が腕は上だと思ったようで
沖田は登場しなくても匂う

そして沖田の長い登場シーンとなる「雨月物語」の引用
この物語は実は衆道なのではないか、と沖田は土方に言う
衆道には興味が無いと沖田は言うけれども
雨月物語を衆道ではないかと解釈する時点で怪しいものだ
つまり、沖田は衆道に多少たりとも興味があった・・・?

そこで加納と田代が登場
加納の衆道相手だった湯沢を殺した罰として、加納が田代を斬るのだ
影で土方と沖田はそれを見守る
ところが田代は「何の事だ?」と言う
二人きりだと思っている田代が、加納に嘘をついたとも思えない

湯沢を殺したのは誰?
加納自身が湯沢を殺した?
これが一番濃厚

加納と寝た男は、田代と湯沢
湯沢は誰かに殺さた
新撰組でも重宝されていたスパイ活動の山崎烝(トミーズ雅)も加納に揺らいで必死に制御していた
そんな山崎を誰かが襲い、田代の小刀を落とす
そこから、恋愛感情のもつれから湯沢を殺したのは田代だと結論
私闘を御法度としている新撰組は田代を処罰すべく
加納が田代を斬ることになる

簡単に推理をすれば、加納自身がやったのではないかという結論になるし
実際そうだろうと思っていた
ところが、沖田を無駄に感じる演出と雨月物語の引用から
沖田じゃないのか、という可能性がどうも拭えない

田代を殺したあと、その場を去った加納
その加納を1人おいかける沖田
遠くで聞こえる誰かの叫び声

残った土方は何を思ったのか、美しく咲く桜の木を切り落とし
映画は終わる


史実から、沖田は切り殺されないので
叫び声は加納だと思われる
ではなぜ沖田は加納を殺したのか?
もう、答えは1つしかない気がする
犯人は加納ではない
犯人は・・・

男が男を惑わし、隊内を不穏にさせる加納の存在が許せない
しかし雨月物語の解釈から沖田も衆道の気があるはずで
表面では「衆道は理解できない」と公言している事から沖田は加納に惹かれている自分が許せなかったのではないか?
だから諸悪の根源である加納を斬った

それに気付いた土方は
自分自身にも衆道の気が加納に対しもっていたために
加納を斬った同じように、桜の木を斬ったのではないか?

答えはない
答えは視聴者それぞれが感じる分だけある、そんな映画


ゲイ映画ではあるけれども
それ以上にサスペンス要素の高い映画なのではないかと思う
ゲイ映画だと思って今まで拒否していただけに、この意外な内容には驚きました
それにしても坂本龍一の音楽いいっすね

外国版の予告の方がよく出来ていたので。
それにしても御法度はTABOOになるんだね
変な感じw

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。