ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


13人の刺客13人の刺客
命を、燃やせ。

十三人の刺客
上映時間:141分
初公開年月:2010/09/25
ジャンル:時代劇/アクション/サスペンス

江戸時代末期。将軍・家慶の弟で明石藩主・松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりは目に余った。
斉韶は近く、老中への就任も決まっている男。幕府の存亡に危機感を募らせる老中・土井利位は、かねてより良く知る御目付・島田新左衛門に斉韶暗殺の密命を下す。
さっそく、甥の新六郎をはじめ十一人の腕に覚えある男たちを集めた新左衛門は、後に加わる山の民・木賀小弥太を含む総勢十三人の暗殺部隊を組織、入念な計画を練り上げていく。
しかし、斉韶の腹心・鬼頭半兵衛もまたその動きを抜け目なく察知し、大切な殿を守り抜くべく周到な準備を進めていた…。(allcinemaより)




70点

この映画は、無気力になってしまった人間たちの物語なのかも?

200年以上に及ぶ戦のない安定した徳川政権により、侍が侍ではなくなってしまった時代
侍が生活の為に刀を売り
町人が侍を馬鹿にして刀を商売道具にする
侍であることのジレンマ
主人公である島田新左衛門(役所広司)も、その甥新六郎(山田孝之)含む12人は
今の時代には決して経験することはない「命を賭けて戦う」事に魅了されたのだと思う
新六郎(山田孝之)がいつ帰ってくるのか問う嫁に「早ければひと月、遅ければ…次の盆には帰ってくる」と言う台詞なんか覚悟が見え隠れしていて、なんてかっこいい台詞だ!
13人目の山の民(伊勢谷友介)はギャグ要員だったので、命を賭けて戦う事に魅了された人数に含めないけど、個人的には嫌いじゃないな!
ただ、男前すぎるのが残念
こういうキャラは小さくてある程度不細工で、味のある演技をする俳優がいい気がする

藩主側の斉韶(稲垣吾郎)も、鬼頭半兵衛(市川正親)も命を賭ける事に魅了された人物
斉韶を演じた稲垣吾郎の演技は吾郎ちゃんにピッタリ
表情を変えることなく残酷なキチガイ御殿様
ジャニタレ俳優は草なぎ君しか認めませんが、吾郎ちゃんの殿様、いいですよ
主人公である島田新左衛門(役所広司)と藩主側の鬼頭半兵衛(市川正親)
生き方が違う侍なんですね
倒す方と倒される方、両方とも侍としてカッコイイ
二人の対決のシーンがなんとも言えず

カッコイイといえば
一番メッタ斬りしていた九十郎演じる伊原剛志
地面の至る所に刀が刺さっているんだけれども、それを見事に使いこなした刀さばき
そして最年長だと思われる松方弘樹の存在感はさすが!
テレビではただのエロじじいですが、やはり東映の大スター!
貫禄はこの映画ナンバー1
若手俳優の派手なアクションは全くないですが、魅せる殺陣はお見事の一言
映画である以上、観客に魅せる演技が一番です
ああいう動きは、若手ではなかなか出せない「静と動」です

それと忘れてはいけないのが谷村美月ちゃん!
「神様のパズル」ではチラチラみせすぎた巨乳とひどい台詞まわししか印象がないけど
今回はまたぶっとんだ役に挑戦しています
両手両足を斬られ舌も抜かれキチガイ吾郎ちゃん(殿さま)の慰み者にされた女性の役ですが、剃り眉とお歯黒、そしてまっ裸(当然CGです)で血の涙を流して口で筆を噛んで“みなごろし”と一筆
台詞もなく出演時間は5分もないですが、存在感場バッチリ!
(と思っていたのですがこれは美月ちゃんではなかったらしいです
吹石一恵が2役だったので、美月ちゃんも2役だと思い込んでました、ヤダー恥ずかしい)

そしてそして
40分だか50分だかの長時間にわたるバトルシーン!
飽きる事はないです、壮絶
ただ、藩主側にだって剣の使い手がいたっていいじゃないか、と思ったり
文字どおりの“みなごろし”でした


新六郎(山田孝之)は、山の民(伊勢谷友介)に「これは侍の戦いだから帰れ」と言った
山の民(伊勢谷友介)は戦闘中「侍は威張りやがって!」と次々に石で野性的に侍を殺した
新六郎(山田孝之)は「海賊にでもなって異国の女でも抱く」と旅立った
これから起こる動乱幕末の気配を感じつつ

ラストのアレはなんか拍子抜けしたようななんともかんとも・・・
できれば新六郎が家にこっそり戻ったような戻らないようなそんな曖昧なシーンであって欲しかった
あんな台詞吐いたんだからさ!


こんな素敵な台詞を貰っておきながら
認知くん
認知くん(山田孝之)、これはないわw

13人の刺客 1963
1963年の十三人の刺客を観たくてDVD店通ってるんですが
いつ行っても貸し出し中!
。・゚・(ノД`)・゚・。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





70点。私も同感です。

13人対300人
信オンの合戦だと間違いなく門前封鎖の状況ですね。

140分と長めですが、飽きも無く楽しめますね。
いい映画は見ていてお尻が痛くならない。

ただちょっと気になったのはオープニングで
これは広島、長崎に原爆が落ちた100年前の話
という感じの字幕があったのですが、
あれ、必要だったのかと。

あと忘れてはいけない谷村美月ですが、
みなごろしの女性ではなく、
上松陣屋で襲われた牧野千世です。
(松本幸四郎演じる牧野靭負の息子の嫁)
【2010/10/19 19:47】 URL | 素浪人[ 編集]

まままままままじで!
吹石一恵が2役していたので、谷村美月ちゃんも2役だと思い込んでました!
美月ちゃんだと思っていたのですが思い込みでしたか
恥ずかしいっ
一応修正しておきました!
ありがとうありがとう

原爆が落ちた100年前の話、ですが
スタッフ(プロデューサー)にジェレミートーマスの名前がある事から、外国にもウケるように仕上げていたのでしょうね
何故か公式ソングはイーグルスだし
善悪がしっかり分かれている点
でも、「初めて生きた心地がした」という殿様の台詞でキチガイの気持ちも多少理解できそうな演出もあったりと日本らしさも残しつつ
残忍さと派手さもあって外国でもウケそうな気がします

刀振り回して侍が忠誠やらと摩訶不思議な発想をしているこの時代は
第二次世界大戦の終焉までたった100年しか経っていないのか、とさぞかしびっくりする事でしょう
日本人からすれば、不謹慎にも思えるのですが
外国の人からすればわかりやすいモノサシなのかもしれません

桜田門外ノ変が16日から公開されましたが観に行かれますか?
僕は悩んでしまうっ
ポイント貯まってタダ券あるし・・・ううーむ
【2010/10/19 22:06】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。