ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


告白

告白が、あなたの命につきささる。

告白
上映時間:106分
初公開年月:2010/06/05
ジャンル:サスペンス/ドラマ/学園
映倫 R15+

とある中学校の終業日。
1年B組の担任・森口悠子は、ある告白を始める。数ヵ月前、シングルマザーの森口が学校に連れてきていた一人娘の愛美がプールで死亡した事件は、警察が断定した事故などではなく、このクラスの生徒、犯人Aと犯人Bによる殺人だったと。
そして、少年法に守られた彼らを警察に委ねるのではなく、自分の手で処罰すると宣言するのだった。
その後、森口は学校を辞め、事情を知らない熱血教師のウェルテルこと寺田良輝が新担任としてクラスにやってくる。
そんな中、以前と変らぬ様子の犯人Aはクラスでイジメの標的となり、一方の犯人Bはひきこもりとなってしまうのだが…。(allcinemaより)


評価:85点
これは絶対観たほうが良い!!

中島哲也監督といえば
最近では「パコと魔法の絵本」「嫌われ松子の一生」でしょうか
私が初めてこの映画監督を知ったのは「下妻物語」です
本当にどれも面白くて観る価値がある作品です

ですが、今回の「告白」
今までとガラリと変わって笑える場面が1つもありません
何て表現すればいいんだろう
過激であるようで静かで淡々としていて
それでいて恐怖
何が怖いのか?
そうだ、自分の中学時代もこんな「危うさ」は確かにあった・・・
人を殺す危うさではなくて
思春期を迎えた年齢の子供たちが集団でいる事で「何か」が「危うく」なるあの空気
多感で好奇心旺盛で臆病で大胆で不安定で無責任で滑稽なこの思春期を見事に再現していた
その「危うさ」が「怖い」んだ

ネタバレになる事は書きたくない
それくらい、これは本当にすんごい映画だった

松たか子の代表的な映画になることは間違いない
まずは序盤の松たか子の台詞の多さ!
「渡る世間」の橋田壽賀子脚本を超えていた
あの序盤シーンだけでお見事
松たか子演じる主人公は後悔しない
レストランで子供に飴玉を貰った帰り道
唸るような声で泣き崩れた彼女だったけれど「ばかばかしい」と立ち上がる
まだ覚悟しきれず残っていた良心や同情といったものを
この瞬間、一切切り捨てたんじゃないだろうか
だからこそ、彼女は最後にあの衝撃的なラストを飾った
そして見事に言い返してやった
「なーんてね」

邦画は台詞が聞き取り難い事が多いですが
松たか子といい木村佳乃といい
声が通って聞き取りやすいのでそんな心配は一切いりません
救いようの無い話ですが
だからといって何故だか鬱で終わるわけでもない
邦画は映画館で観ない人も
是非観た方が良いとお薦めします

洋画邦画含めて
今年ナンバー1の映画になりました
必見!







おまけ

ダウンタウンがMCしている
HEY!HEY!HEY!に松たか子が出演した時の話

ガキなんですよ
口悪う!!
ガキんちょ
訂正されて言った言葉が
ガキんちょでしょ

観てはいけないものを観たような
そんな気分に・・・
普通なら子供の事を「ガキ」とか素で言わないと思うんですよ
悪さする子供とか鬱陶しい子供がいた場合にしか使わないと思うんですよ
素で使うとかよっぽど・・・
でもいいよ!
松たか子は立派な実力派女優なんだから!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画





「告白」は原作もすごく面白いです。
【2010/06/21 02:43】 URL | 仏僧[ 編集]

これは映画館で見れないかもしれないけど、レンタルが開始されたら一番に借りるかもしれない

【2010/06/21 09:35】 URL | 武田家蔵前衆[ 編集]

私も「下妻物語」大好きですよ~!
当時、口コミで評判を知って映画館に観に行きました!
「告白」良いという話しか耳にしないのでミニイキタイデス…!
【2010/06/21 20:13】 URL | タダモノ[ 編集]

原作は昨年の本屋大賞ですね。
もちろん原作もいいのですが、原作まだ読んでいない方は
映画みてから原作読んだほうがいいかもかも。
【2010/06/22 00:10】 URL | 素浪人[ 編集]

>仏僧さん
原作面白いらしいね!
映画観る前に原作は読んではいけない、というのが経験上あるのでまだ読んでませんが
レビュー読んでると原作に結構忠実なんだとか?
今いっぱい観たい映画があるので
ついそっちを優先してしまう僕がいるうううう!
今日は3億円事件の「初恋」を観て
しかも火曜日なのでテレビドラマが絶対零度とジェネラルのダブル!
ああ、忘れないうちに感想書かなくちゃ!

>武田家蔵前衆さん
ほんと、是非是非観てほしい!
今年はあと半年あるけど
今のところ、うちが観た今年の映画ナンバー1!

>タダモノさん
下妻衝撃だったーーー!
あの序盤にあるジャージ論がまた衝撃でw
あの頃はまだ邦画をナメていて
映画館で観るものじゃない!って思ってたバカな子だったよ僕ってば・・・
DVDで観て衝撃受けて、それから邦画も映画館で観るようになりましたね!
その映画が、また有名な「キサラギ」です
映画デートなど企画があるのなら、イチオシは「告白」1本!!

>素浪人さん
映画レビューにあった人数人も同じ事書いてました!
映画を先に観た方がよいと!
なのでそれに従いましたが、本当に驚いた
今のところ、僕が一番オススメする映画です
ちょっとエヴァっぽい?
まあぼくエヴァまともに観てないんだけどなんとなくw
【2010/06/23 00:10】 URL | sakur`a`[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 さくら日和, All rights reserved.
C)2003 KOEI Co.,Ltd.All rights reserved.
このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は
『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに
株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。